バイナリーオプションの取引ツールにはどんなものがある?

バイナリーオプションの取引では「ツール」の存在があります。このツールを使うことによって、勝率をアップさせたり、取引を楽に展開できたりするものです。とはいえ、ツールを使えば必ず利益が出るのかというとそんなことはありません。中には高額な商品、全く効果のない商品を販売している業者もあるようで、ツールを使用するさいには注意する必要があります。

今回は、バイナリーオプションの取引ツールにはどんなものがあるのか?また詐欺ツールがあるという噂の検証も行っていきたいと思います。

バイナリーオプションについて

バイナリーオプションとは、通貨ペアの為替レートが一定時間経過した後、指定レートより上か下かを予想する取引のことです。予想に当たれば掛けた金額に応じた配当金が受け取れて、外れた場合には最初に支払ったチケット購入代金がなくなる非常にシンプルな取引です。当選でもらえる報酬のことをペイアウトと言います。

国内のバイナリーオプション業者と海外のバイナリーオプション業者それぞれありますが、基本的に海外のバイナリーオプション業者は日本の金融庁登録を行っておらず、日本の法規制の枠からは外れています。そのため、日本国内では制限されていることが海外のバイナリーオプションだと可能だったりします。たとえば、短期取引が可能であったり(国内バイナリーオプションだと判定時間は2時間~となっている) 、一日の取引回数に大きな違いがあったりするなど、海外のバイナリーオプションの方が自由度は高いのが特徴です。ただし、安全性の面からすると国内のバイナリーオプション業者の方が断然安心できます。

バイナリーオプションの3つの種類

バイナリーオプションの取引には3つの種類があり、それぞれ判定方法が異なります。

ラダー取引(ラダーオプション)

バイナリーオプションの中でもっとも一般的な取引方法となるのが「ラダー取引(ラダーオプション)」です。これは単純に、目標レートよりも上がるか下がるかを予測するものであることから「ハイロー」と呼ばれることもあります。

High:目標レート以上と予想した場合に選択
Low:目標レート未満と予想した場合に選択

レンジ取引(レンジオプション)

レンジ取引(レンジオプション)とは、2つの目標レートの幅に収まるか収まらないかを予測する取引方法を言います。一定時間レンジ相場が続くという予想ができる際に最適な取引方法となります。目標レートの内側であれば「IN」を、目標レートの外側であれば「OUT」を選びます。ただし、レンジ相場で取引できる業者はラダー取引ができる業者に比べると少ないといった特徴があります。

ワンタッチ取引(ワンタッチオプション)

ワンタッチオプションとは、設定した時間内に予想が1度でも当たれば利益を獲得できる取引方法を言います。この際に時間を設定するのはバイナリーオプション業者側となっています。目標レートに到達すると予測すれば「タッチ」を、目標レートに到達しないと予測すれば「ノータッチ」を選択します。

これらの3つの取引形態において、取引の仕組み自体は同じですが、一番シンプルでわかりやすいのはラダー取引です。国内外どちらのバイナリーオプションにも適用されており、初心者におすすめの方法といえます。

バイナリーオプションのツールについて

バイナリーオプションにはいくつかツールの種類があります。

 

ツールの種類
  • 取引ツール
  • 自動売買ツール
  • 予想ツール
  • 分析ツール

主にはこの4つに集約されると思われますが、ここからはこれらのツールについての特徴などを見ていきます。

取引ツール

取引ツールは、バイナリーオプション取引を行うのに利用するツールで、これがないとバイナリーオプションが行えません。パソコンにインストールする形のものもありますし、アプリで利用可能なものもありますが、ブラウザで動くものが多い印象です。

自動売買ツール

自動売買ツールとは、その名の通り自動で取引を行ってくれるツールのことです。FXトレードではEA(自動売買ツール)は有名で、FX業者によっては自動売買を認めているところも多いのが特徴です。しかし、バイナリーオプションの場合には、自動売買ツールの使用を禁止している業者が非常に多いです。例えば国内でバイナリーオプションを扱うGMOクリック証券や、海外のバイナリーオプションハイローオーストラリアではきちんと公式サイトにNGである旨が記載されています。

また、自動売買ツールの多くが詐欺ツールだと言われ、高額のツールを購入させられたもののまったく儲からなかったといった例も数多くあります。詐欺被害も横行しており世界中でも問題視されているといった現状があります。
自動売買ツールはバイナリーオプションのツールとしては全く使うに値しないものであることがわかってもらえるかと思います。

予想ツール

予想ツールとは、この先為替がどのように動くかを予想するツールを言います。予想の仕方および表示形態はツールによって異なります。予想ツールの仕組みは、為替相場には一定のサイクルがあるということを前提に、「この動きは以前、こうなったから、このように動いてくだろう」という予測のもとに作られています。ただ、予想ツールですので、予想が外れることは当然あります。あくまで指針として使うものだと考えましょう。

予想ツールで有名なのは、FXプライムby GMOの「ぱっと見テクニカル」や、外為どっとコムの「お天気シグナル」などが人気となっています。

ぱっと見テクニカルは、最大で12年分の過去チャートから、現在のチャートと形が似ているチャートを瞬時に探し、過去の値動きを参考に未来の値動きを予測します。ただし、ファンダメンタルズ分析は考慮されていないのでそこは自分でチェックしましょう。

外為どっとコムの「お天気シグナル」は、通貨ペアと時間足を指定すれば、売買シグナルがチャート上に矢印で表示。時間足やテクニカル分析でシグナルが一覧表示されるので、通貨の状況を鑑みて総合的な判断を下すことができます。

分析ツール

分析ツールは自身の取引の分析を行うのに使われるツールのことを言います。テクニカル分析といったチャート分析に使用するツールが分析ツールです。為替の変動推移を予想するのに使用し、その分析結果を基に取引を行います。取引ツールに分析ツール機能が同梱されていることもあります。ただし、理想は取引ツールと分析ツールは別のものが良いです。取引ツールの分析機能はあまり機能が充実しておらず、それ用に作られた分析ツールの方が安全でしっかりしています。

おすすめの分析ツールとしては「プラチナチャート」があります。バイナリーオプション初心者でも使いやすい操作性や移動平均線、ボリンジャーバンド、RSI、MACD、一目均衡表などの38種類にも上るテクニカル分析ツールが利用できます。また、分析以外にも毎日配信される為替情報が受け取れます。そのため、情報勝者になれること間違いなしです!

関連記事こちらの記事も人気です。