バイナリーオプションには攻略法がある!勝てる取引の方法

バイナリーオプションのルールは非常にシンプルで、投資初心者でも取引しやすい特徴があります。しかし、適当に取引していたのではギャンブルと同じで一向に勝利につながりません。投資者のなかには「継続して勝ちたい」「利益を上げたい」と思い、試行錯誤している方も多いのではないでしょうか。

この記事では、バイナリーオプションの勝率を上げる攻略法を紹介します。初心者でも実践できる方法を掲載しています。バイナリーオプションの勝ち方が知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

バイナリーオプションの攻略に欠かせない用語

バイナリーオプションを攻略したいと思ったとき、いきなり難しい手法をあれこれ試すのはおすすめといえません。まずは最低限の用語を覚え、バイナリーオプションの仕組みを理解することが重要です。

ここでは、バイナリーオプションの取引に欠かせない5つの用語を解説します。

1.チケット

「チケット」は、バイナリーオプションにおける購入数量の単位です。業者ごとに呼び方が異なり、他にも「枚、ロット」と表現されるケースがあります。 これらは呼び方が異なるだけで、指しているものと意味は同じです。「チケット1枚を1,000円で購入」「1ロット1,000円」といった使い方があります。

2.ペイアウト

「ペイアウト」とは、取引の予測が当たった際に支払われる金額です。業者によっては「ペイアウト率」と表現されることもあります。

ペイアウトには固定制と変動制があり、固定制であればチケット1枚に対して支払われる金額が決まっています。一方で、変動制の場合はエントリーした金額の1.85倍~2.3倍などの金額が支払われるのが特徴です。

どちらがおすすめというのは特にありませんが、固定制は国内業者、変動制は海外業者のバイナリーオプションで適用される傾向にあります。

3.満期日時

「満期日時」とは、予測した取引結果が判定される日時です。バイナリーオプションは、満期日時のレートが目標レート(権利行使価格)より上がるか下がるか予測するため、頻出用語と覚えておきましょう。

4.目標レート

「目標レート」とは、取引の満期日時における判定基準値を指します。「権利行使価格」とも呼ばれ、バイナリーオプションではこの基準値よりもレートが上回るか下回るかを予測するのが基本です。

5.取引の種類

バイナリーオプションの取引には3つの種類があり、それぞれ判定方法が異なります。

取引の種類 判定方法
ラダー取引 目標レートよりも「高い・低い」で判定。

バイナリーオプションで最もメジャーな取引方法。

レンジ取引 判定時刻に目標レートの範囲内に入っているかどうかで判定。

値動きが少ない相場向き。

ワンタッチ取引 判定時刻までに目標レートへ到達したかで判定。

海外バイナリーオプションのみで行われる取引方法。

一番シンプルでわかりやすいのはラダー取引です。国内外どちらのバイナリーオプションにも適用されており、初心者におすすめの方法といえます。

これら5つの用語は、バイナリーオプション取引の基本となるものです。特に初心者であれば、きちんと理解したうえで取引に臨めるようにしましょう。

バイナリーオプションには勝ち方がある

バイナリーオプションで勝つには、以下に挙げる5つの攻略法を実践してトレードのコツを掴むのがおすすめです。

 

5つの攻略法
  • デモンストレーションで練習する
  • 取引は少額から始める
  • エントリーのやめ時を決めておく
  • 取引を振り返り改善する
  • 安定してきたら取引回数を増やす

デモンストレーションで練習する

バイナリーオプションを攻略するには、デモトレードを使った練習を行いましょう。 デモトレードは本番さながらの取引ができるサービスで、チケットの購入にはバーチャルマネーを利用します。自身の資金を使わなくても本番と同じ画面で取引ができるため、慣れるまではデモンストレーション口座で練習するのがおすすめです。

しかし、練習だからといって何も考えずにただトレードを繰り返すのでは意味がありません。相場分析をしたりツールを利用したりしながら、根拠のあるトレードができるよう心がけるのが大切です。

取引は少額から始める

デモンストレーションで取引の流れが掴めたら、本番で取引してみましょう。大切なのは、最初は少額でトレードすることです。

バイナリーオプションは業者によって取引の最低額が異なりますが、海外バイナリーオプションであれば1,000円から可能です。少額トレードのメリットは、たとえ取引で負けても損失が少ない点にあります。

デモンストレーション口座で取引のコツを掴んだとはいえ、本番となればまた違った緊張感があるものです。少額でも投資という点は変わらないので、地道に経験値を上げるのがよいといえます。

エントリーのやめ時を決めておく

バイナリーオプションでは、エントリーのやめ時を決めて取引するのが大切です。「10,000円分の利益が出たら、それ以上は取引しない」「5,000円の損失が出たら、今日はもう止めておく」など、引き際を決めると資金の使いすぎを防げます。

また、せっかく勝ち続けていても一度の負けが引き金となり、意地になって取引をしてしまうケースも考えられます。結果的に損失が膨らんでしまうことにも繋がりかねません。

どんなに勉強や経験を重ねても、投資で永遠に勝ち続けるのはほぼ不可能です。1,000円でも利益が出れば、1カ月で2万円程度の利益になります。重要なのは損しないことなので、やめ時を見極めてコツコツ取り組むのが大切です。

取引を振り返り改善する

ある程度トレードを重ねたら、自身の取引を振り返って改善する機会を設けましょう。なぜなら、振り返る機会がなければ悪いトレードに気付くことなく、同じ失敗をしてしまう可能性があるからです。

振り返り方の一例には、取引する時間帯があります。たとえば、昼間のトレードが勝率40%程度で夜間が60%程度だった場合、単純に昼のトレードをやめれば勝率が60%になるといえます。最初は単純な振り返りでも構いません。徐々にエントリーの根拠や通貨ペアの値動きといった高度な振り返りを行い、トレードの精度を上げていきましょう。

安定してきたら取引回数を増やす

ここまでのことを繰り返し、安定して勝てるようになれば、はじめて取引1回あたりの投資金額を増やします。とはいえ、1,000円だったのを2,000円程度に上げるに留めましょう。

一見少なく感じますが、仮に今までの利益が5,000円だったとすれば、今後の利益は10,000円になると予想できます。勝ったときの利益が2倍になると思えば、十分な投資金額といえるでしょう。

トレードルールを構築してバイナリーオプションを攻略しよう

バイナリーオプションは、安定したトレードルールをつくるのが攻略する秘訣です。自身の攻略法が構築できれば、徐々に投資金を上げることで利益を増やしていけます。

そのためには、デモ口座で回数を重ねたり、やめ時をきちんと押さえたりすることも大切です。インターネットの情報で攻略法を探したりサインツールに頼ったりするのではなく、最低限の知識を踏まえたうえで自身のトレードルールを構築できるよう、日々勉強と練習に打ち込みましょう。

関連記事こちらの記事も人気です。