バイナリーオプションは副業ではない!副業禁止でも問題なし

投資の中でも特に始めやすいバイナリーオプションは、今人気が高まっています。
ひとまずは副業として始めようかと考えている方も多いでしょうが、中には副業禁止の職場で働いているという方もいるかもしれません。
今回はバイナリーオプションは副業禁止でもOKなのか、また副業としてバイナリーオプションを始めるにあたって知っておきたいことについても触れていきたいと思います。

バイナリーオプションは副業禁止でも問題なくできる!

先に結論から言ってしまうと、バイナリーオプションは副業禁止でも問題なくできます。
例え、今働いている職場で副業が禁止されていたとしても、バイナリーオプションであれば堂々とできます。
なぜかというと、そもそもバイナリーオプションは副業ではないからです。
副業というのは、本業とは別に収入を得るために携わる本業以外の仕事のことを指します。
確かに本業とは別にバイナリーオプションで収入を得ようとしているわけですが、バイナリーオプションは誰かに雇われておこなう仕事ではありません。
あくまでも投資です。
バイナリーオプションは株やFXと同じ金融商品に対する投資と判断されますので、副業が禁止されている職場でもOKです。

バイナリーオプションをしていることが知られてしまうことはある?

副業的にバイナリーオプションをおこなっていたとして、それが職場などに知られてしまうのでは……と不安に感じている方もいるでしょう。
基本的に黙っていれば、バイナリーオプションをしていることが周りに知られてしまうことはないかと思います。
ただ、バイナリーオプションである程度の利益を出していると、それがきっかけとなり、職場などで知られてしまう可能性はゼロではありません。
例えば、住民税が給与の割合に対して多いことがわかった場合などは「本業以外に何かをしているな」と気付かれてしまいます。
要は、税金の申告をしないといけないほど稼いでいる場合のみ注意が必要ということです。
以下に当てはまる方は基本的に安心と考えていいでしょう。

サラリーマンや公務員 バイナリーオプションでの年間収益が20万円未満
フリーターや主婦、学生 バイナリーオプションでの年間収益が38万円以下

これは確定申告が不要なラインでもありますので、これらの金額以上に稼いでいなければそもそも納税の義務もありません。

確定申告が必要になるほどバイナリーオプションで稼いでしまった場合

もし確定申告が必要になるほどバイナリーオプションで稼いでしまった場合にはどうしたらいいのでしょうか?
確定申告が必要になるほどバイナリーオプションで稼いだからといって、職場に知られてしまうとは限りません。
もちろん、バイナリーオプションは副業ではないのでやっていることが知られたところで何か問題になるようなことはないでしょう。
ただ、それでも住民税がどれくらいになっているのかで本業以外の稼ぎが予想されてしまうのは嫌なものです。
ここでポイントになってくるのは、住民税の納付方法です。
確定申告の際に住民税の納付方法を普通徴収にしておくと、住民税からあれこれと予想されることもなくなります。
もともと確定申告の住民税の納付方法には、以下の2つの方法があります。

特別徴収 給与から天引きされる
普通徴収 自分で納付する

確定申告する際には、特別徴収と普通徴収の好きなほうを選べるようになっています。
住民税が給与から天引きされることになると周りが勝手にあれこれと予想をしてしまう可能性がありますので、誰にも知られずにこっそりとバイナリーオプションをおこなっていきたいのであれば普通徴収を選ぶようにしてください。
確定申告書の「住民・事業税に関する項目」で「差し引き/給与から引く(特別徴収)」「自分で納付する(普通徴収)」のどちらかが選べるようになっているはずです。

副業的にバイナリーオプションをおこなうメリットとは?

バイナリーオプションだけで生活をしているいわゆる専業トレーダーの方もいますが、やはりいきなりそこを目指すのはハードルが高すぎます。
だからこそ、多くの方が副業的にバイナリーオプションをおこなっているのです。
では、副業的にバイナリーオプションをおこなうにあたってはどのようなメリットがあるのでしょうか?

少ない資金からでも始められる

バイナリーオプションにはさまざまなメリットがあるのですが、その中でも特に大きいのが「少ない資金からでも始められる」という部分です。
特に、今は「生活を少しでも楽にしたいから」「どうなるかわからない先々のために備えておきたいから」といった理由で投資を始めるケースも多いですし、資金的に余裕のある状態でバイナリーオプションを始められる方はそう多くありません。
そういった中でも、500円や1,000円から投資を始められるというのはとても大きなメリットだと言えるでしょう。
バイナリーオプションに限らず、投資全般に興味を持っている方であればバイナリーオプションは投資の入り口として最適だと言えるでしょう。
もちろん、少ない資金で始められるということはそれだけリターンも小さくなるのですが、その分、リスクも抑えられます。
実際に投資した金額以上のマイナスを背負うことはないので、損失は最初からある程度コントロールされている状態にあると言ってもいいでしょう。
ただし、少ない金額から始められるとは言っても、バイナリーオプションが投資であることには変わりありません。
勉強をしていけばしていくほどにその奥深さに驚くでしょうし、バイナリーオプションを通して自分のものにした知識やスキルといったものは他の投資にも応用していくことができます。
少ない資金からでも始められるバイナリーオプションを第一歩として、投資の世界でレベルアップ、ステップアップしていくことも可能なのです。

隙間時間を有効活用できる

バイナリーオプションは隙間時間を有効活用できる投資でもあります。
隙間時間を活かせるからこそ、今本業を抱えている方でも副業的にバイナリーオプションをおこなっていくことができるわけです。
通勤時間や休憩時間など、ほんの少しの時間があればバイナリーオプションの取引は可能です。
今はゲームにハマってスマートフォンから手が離せなくなっていたり、課金ばかりしていたりする方も多いでしょうが、そのゲームをバイナリーオプションという投資に置き換えることによって時間もお金も有効活用していくことができるはずです。

副業的にバイナリーオプションを始めてみては?

今は本業で十分な収入が得られずに悩んでいる方も多いでしょう。
本業とは別にアルバイトなどをして、本当に副業を始めようと考えている方もいるかもしれません。
もちろん、それも選択肢のひとつではあるのですが、せっかくならこれを機に副業的にバイナリーオプションを始めてみてはどうでしょうか?
バイナリーオプションであれば、誰かに雇われるわけでもなく、休日を別の仕事に費やすでもなく、隙間時間を有効活用してマイペースに投資を始めることができます。
もともとバイナリーオプションは2択から選んで、それが当たるか外れるかというシンプルな投資なので、理論上は勝率50%です。
取引回数を重ねて、分析をしていけば、その勝率もどんどん高めていけるでしょうから、バイナリーオプションは投資と言っても思っている以上に堅実な投資なのです。

関連記事こちらの記事も人気です。