バイナリーオプション入門!初心者が知っておくべきこと

投資に興味を持つようになり、バイナリーオプションを始めようかと考えている方も多いでしょう。
投資の中でも比較的始めやすいバイナリーオプションではありますが、やはり投資である以上、事前にある程度は知識を身につけておいたほうがいいでしょう。
今回はバイナリーオプション入門ということで、特に初心者の方が知っておくべき基本についてお話ししていきたいと思います。

そもそもバイナリーオプションとは?

バイナリーオプションというのは、一定の時間が経過したときにレートが上がっているのか、下がっているのかを予想する投資になります。
その予想が当たれば利益を得られますし、予想が外れれば使った金額が没収となります。
上がるか、下がるかという2つの選択肢からどちらかひとつを選ぶだけなので、投資としてはハードルが低い部分もあります。
正直なところ、直感だけでトレードをおこなっていくこともできるのですが、それではせっかくのバイナリーオプションを活かせないままになってしまいます。
ギャンブルや単なるゲームとしてバイナリーオプションをおこなっていくのではなく、あくまでも投資としてバイナリーオプションをおこなっていくことが大切です。

バイナリーオプション入門:バイナリーオプションの始め方

では、さっそくですがバイナリーオプション入門ということでバイナリーオプションの始め方を見ていきましょう。

バイナリーオプション業者を選ぶ

バイナリーオプションを始めるために、まずはバイナリーオプション業者を選んでいきます。
バイナリーオプション業者の選択肢は豊富なのですが、そのすべてが優良業者というわけではありません。
それにバイナリーオプション業者との相性もありますので、自分にとって最適なバイナリーオプション業者を見つけていきましょう。
バイナリーオプション業者には大きく2つの分類があります。
それが海外バイナリーオプション業者と国内バイナリーオプション業者です。
海外バイナリーオプション業者と国内バイナリーオプション業者の違いはざっくりと以下のような感じになります。

海外バイナリーオプション業者
  • 規制がないため、よりシンプルな取引が可能
  • 口座開設から取引までがスピーディー
  • 国内バイナリーオプション業者よりも取引条件が恵まれている
国内バイナリーオプション業者
  • 規制があるため、シンプルではあるものの海外バイナリーオプション業者での取引よりはハードルが上がる
  • 口座開設から取引までやや時間がかかる
  • 海外バイナリーオプション業者よりも税金面が恵まれている

どちらが一概に良いとは言えないので、自分にとってどちらが取引しやすいのか、納得して利用できるのはどちらなのかを考えた上で、吟味していきましょう。
もちろん、実際に両方を使ってみて、その上で判断していくというのもひとつのやり方です。

デモ口座を使ってみる

バイナリーオプション業者によっては、リアル口座を開設する前にデモ口座だけが使えるところもあります。
リアル口座を開設する前に、まずはデモ口座を使ってみましょう。
デモ口座では仮想資金を使っていくことになりますが、基本的に資金が仮想のものであること以外はリアルなトレードと同じ環境になります。
そのバイナリーオプション業者が提供している実際の取引プラットフォームで実際の相場を相手にしながらデモトレードをおこなっていくことになりますので、デモ口座の利用は思っている以上に大きな経験値となります。
デモ口座を使ってみて、しっくり来たところでリアル口座を開設していくことをおすすめします。

実際に口座を開設する

利用するバイナリーオプション業者を決めたら、実際に口座を開設していきましょう。
バイナリーオプション業者で口座を開設し、取引をおこなっていくためには個人情報の入力や本人確認書類の提出などが必要になります。
国内バイナリーオプション業者であれば口座開設や取引開始までに1週間くらいかかる可能性がありますが、海外バイナリーオプション業者であれば早ければその日のうちに口座開設をし、取引をスタートできるはずです。

バイナリーオプション入門:バイナリーオプションのやり方

続いては、バイナリーオプション入門ということでバイナリーオプションのやり方を見ていきましょう。

口座へ入金する

バイナリーオプション業者の中には口座を開設するだけでボーナスをプレゼントしてくれるところもありますが、基本的にバイナリーオプション取引をおこなっていくためには口座への入金が必要になります。
そこまで大きな金額を入金する必要はありませんが、それぞれのバイナリーオプション業者が設けている最低入金額を超える金額を入金してください。

取引時間や通貨ペアを選択する

バイナリーオプションの取引時間や通貨ペアを選んでいきます。
取引時間や海外バイナリーオプション業者と国内バイナリーオプション業者で異なりますので、注意しておきましょう。
通貨ペアに関しては、比較的相場動向を予想しやすい「USD/JPY」「EUR/JPY」「EUR/USD」などがおすすめです。

取引金額を決めて、エントリーする

取引金額については最初のうちは最低取引金額で始めるようにしましょう。
いきなり大きな金額を使わないほうがいいです。
少額から経験を積み重ねていけるというのも、バイナリーオプションならではの魅力です。
取引金額を決めたらエントリーしていくのですが、エントリーには明確な根拠が必要になります。
「なぜこのタイミングでエントリーするのか」を自分自身できちんと説明できるようなエントリーを心がけるようにしましょう。
判定時刻の価格がエントリー価格よりも上がると思う場合にはhigh、下がると思う場合にはLowを選び、あとは結果を待つだけです。

バイナリーオプション入門:初心者が心がけるべきこと

最後に、バイナリーオプション入門ということで初心者の方が心がけるべきことについてもお話ししておきましょう。

根拠のないエントリーをしない

先でも触れましたが、根拠のないエントリーは絶対にしないようにしましょう。
バイナリーオプション取引は直感や運といったものでエントリーすることもできますが、それは何も考えずに済むという点で楽な反面、勝率が下がってしまうやり方でもあります。
投資としてバイナリーオプションをおこなっていくのであれば、エントリーには絶対に根拠が必要です。
ゲーム感覚で根拠のないエントリーをしたいのであれば、デモ口座のデモトレードだけで我慢しておきましょう。
リアルマネーを使って根拠のないエントリーをしても、大切な資金を溶かしてしまうだけです。

毎回の取引の記録を残し、分析する

シンプルなことなのですが、バイナリーオプション取引においては毎回の取引を記録し、それを分析するようにしましょう。
いつどのようなエントリーをしたのか、そのエントリーにはどのような根拠があったのか、その結果がどうなったのか……こういった毎回の取引を振り返ることによって、勝てるときの傾向や負けるときの傾向といったものが見えてくるようになります。
負けるときの傾向がわかれば、その要素を排除していくだけでも勝率は高まっていきます。
もちろん、毎回取引の記録を残して、それを分析するのは面倒に思えるかもしれません。
ただ、それをやるかやらないかによってバイナリーオプションの結果というのは大きく変わってくるのです。

関連記事こちらの記事も人気です。