バイナリーオプションの「ペイアウト率」とは?利益の仕組み

バイナリーオプションで利益を出すには、いかにペイアウト率の高い取引で勝てるかがポイントとなります。しかし、バイナリーオプション初心者であれば「そもそもペイアウト率って何?」「どの業者を選ぶのが得?」と悩む方も多いでしょう。

この記事では、バイナリーオプションの利益に直結するペイアウト率について、利益が出る仕組みや国内外業者における違いを解説します。さらに、ペイアウト率に基づく利益の計算事例も掲載しています。バイナリーオプションで利益アップをねらいたい方は、ぜひ参考にしてください。

バイナリーオプションの仕組み

そもそもバイナリーオプションとは、外国為替レートの通貨ペアが一定時間後に指定値よりも高くなるか低くなるかを予測する投資です。選択肢は「上がる」「下がる」かの二者択一であり、初心者でも比較的簡単に取り組める投資の一つといえます。

また、予測が当たれば報酬が獲得でき、外れたら支払った金額を損失するのが取引の特徴です。為替レートの値動きを読み取るスキルが必要ですが、きちんとした勉強と経験を重ねれば勝率アップが図れます。

バイナリーオプションの取引には、以下の3種類があります。
種類によって取引手法が異なるため、きちんと理解しておきましょう。

取引の種類 判定方法
ラダー取引 目標レートよりも「上がる・下がる」で判定。

一番メジャーな取引方法。

レンジ取引 判定時刻に目標レートの範囲内へ入っているかを判定。

値動きが少ない相場に適した取引方法。

ワンタッチ取引 判定時刻までに目標レートへ到達したかを判定。

海外業者のみで行われる取引方法。

取引が一番シンプルで初心者にもわかりやすいのは「ラダー取引」です。国内外を問わず、どのバイナリーオプションにも適用されている方法となっています。

バイナリーオプションの「ペイアウト率」とは何か

ここからは、本題の「ペイアウト率」について解説していきます。

ペイアウト率とは、日本語で「払い戻し」を意味します。バイナリーオプションでは、外国為替レートの値動きを的中させれば、報酬としてペイアウト倍率に基づいた払い戻しを受けることが可能です。

たとえば、1回の取引で1,000円分のチケットを購入した場合、以下のペイアウトが受けられます。

ペイアウト率 払い戻し金額 利益
1.5倍 1,500円 500円
1.8倍 1,800円 800円
2.0倍 2,000円 1,000円

ちなみに、予測が外れた際は、ペイアウト率に関わらずチケットの購入金額が損失されます。したがって、ペイアウト率が高い取引ほど、勝てば高額報酬を得られるということです。

よってバイナリーオプションで収入を得るには、ペイアウト率をチェックするのも大切なポイントとなります。

国内と海外の業者には違いがある

バイナリーオプションを始めるには、業者の見極めも欠かせません。
以下は、国内業者と海外業者の違いを一覧にまとめたものです。

  国内業者 海外業者
出金拒否の有無 なし あり
ペイアウト倍率 1倍〜20倍(変動制) 1.6倍〜2.4倍(固定制)
取引時間 24時間 24時間
取引回数 12回以下 無制限
取引期間 最短2分(2時間毎に判定) 最短30秒~
通貨ペア数 5〜8通貨 10通貨
税率 20.315% 5%〜45%(総合課税)

この表からは、国内と海外のバイナリーオプション業者でペイアウト率が大きく異なる点が見て取れます。
どのように違うのか、国内外における業者をそれぞれ例に挙げて解説していきます。

国内バイナリーオプションのペイアウト率

国内バイナリーオプション業者のなかでも有名な「GMOクリック証券」の場合、ペイアウト率は以下のようになっています。

ラダー取引 20.0倍
レンジ取引 12.0倍

このように、バイナリーオプション国内業者では0.8倍~20.0倍まで幅広いペイアウト率を取り扱っています。ただし、取引は2時間に1回しか判定されず、1日12回の取引が限度となります。

国内バイナリーオプション業者の場合は取引できる回数が少ない分、ペイアウト率が高いトレードを選んで1回あたりの利益を大きくするのが良いといえます。とはいえ、 ペイアウト率が高いトレードは、難易度が高いのが事実。初心者が勝率を上げるには、あまり高すぎないペイアウト率を選ぶのが無難かもしれません。

海外バイナリーオプションのペイアウト率

海外バイナリーオプションの業者のなかでは、メジャーな「ハイローオーストラリア」を参考にしてみます。ハイローオーストラリアでは、以下のペイアウト率で取引が可能です。

ラダー取引 1.85倍~2.20倍

海外バイナリーオプションの場合、ペイアウト倍率は1.6倍~2.4倍程度に設定されており、なかでも1.8倍~1.9倍での取引が一般的です。予測が的中すれば報酬が約2倍、外れたら没収というシンプルな仕組みなため、初心者でも利益の仕組みがわかりやすくなっています。

また、海外バイナリーオプション業者では最短30秒で判定時刻を迎えるのも特徴です。やろうと思えば1日に何百回もの取引が可能なため、1日の回数が限られる国内バイナリーオプションに比較すると、報酬に大きな差が出ると考えらえます。

シミュレーション:海外業者の利益を計算してみよう

ここからは、実際に得られる利益がどの程度になるのかを、さまざまな視点でシミュレーションしてみます。
海外バイナリーオプションにおける取引を想定しながら、計算してみましょう。

 

シミュレーション1. 1,000円取引の場合

まずは、以下の条件でシミュレーションしてみましょう。

 

シミュレーション
  • ペイアウト率・・・1.8倍
  • チケット購入額・・・1,000円

予測が的中した場合と外れた場合、それぞれの利益を計算してみます。

当たり・・・1,000円 × 1.8倍 = 1,800円の払い戻し (利益800円)
外れ・・・1,000円 × 0倍 = 0円 (利益なし/1,000円の損失)

このように、1,000円で取引すると利益も少なめですが、負けた場合でも大きな損失になりません。初心者であれば、この程度からスタートするのが安心です。

シミュレーション2. 2,000円取引の場合

次に、ペイアウト率は変わらず掛け金を上げた場合もシミュレーションしてみます。

 

シミュレーション
  • ペイアウト率・・・1.8倍
  • チケット購入額・・・2,000円

この場合も、予測が的中した場合と外れた場合、それぞれを計算してみましょう。

当たり・・・2,000円 × 1.8倍 = 3,600円の払い戻し (利益1,600円)
外れ・・・2,000円 × 0倍 = 0円 (利益なし/2,000円の損失)

このように、同じペイアウト率でも取引金額が2倍になれば、利益も倍になります。払い戻し金額だけに注目すると、高額報酬を得られた気分になる方もいるかもしれません。ただし、負けたときの損失も2倍と考えれば、慎重な取引が必要といえます。

シミュレーション3. ペイアウト率を上げた取引の場合

最後に、ペイアウト率が少し高い取引だと利益がどのようになるのかシミュレーションしてみます。

 

シミュレーション
  • ペイアウト率・・・2.0倍
  • チケット購入額・・・2,000円

それぞれの損益は以下のようになります。

当たり・・・2,000円 × 2.0倍 = 4,000円の払い戻し (利益2,000円)
外れ・・・2,000円 × 0倍 = 0円 (利益なし/2,000円の損失)

このように、ペイアウト率が上がれば1回の取引でかなり高額の報酬を得られます。

しかし、ペイアウト率が高いトレードは判定時間が30秒の短時間取引がメインです。初心者には難易度が高く、場合によっては予測が連続で外れて損失ばかりがふくらむ可能性も否めません。もしどうしてもチャレンジしたいと思う場合は、リスクをともなう点を十分理解したうえで自己責任のもとでチャレンジしてみましょう。

バイナリーオプションで利益を上げるにはペイアウトが重要

バイナリーオプションで利益を求めるなら、当然ペイアウト率の高い設定で取引するのが良いです。
ただし「ペイアウト率が高い=予測が難しい」という点を忘れてはいけません。
それでも挑戦する場合には、自身のスキルに自信があり、値動きが落ち着いているときだけと決めておくのも一つです。

もし、勝率の高いトレードを実現させたいなら、ペイアウト率を少し下げて安定した取引を行うのがおすすめです。いずれにしても、デモ口座で経験を積んだのちに、少額トレードからスタートさせて少しずつ利益を出せるようにしていきましょう。

関連記事こちらの記事も人気です。