バイナリーオプションは儲かる噂は本当か?

FXや株と同様に金融投資の一つとして人気のあるバイナリーオプション。さまざまな金融投資が「実際は儲からないんじゃないか?」と思われている中、バイナリーオプションに関しても、儲かるか儲からないか半信半疑でなかなかスタートできないという方も多いようです。

今回は、バイナリーオプションをすれば儲かるのか?儲からない人はどうして儲からないのか、その理由について見ていきたいと思います。

バイナリーオプションとは?

おさらいのようになってしまいますが、改めてバイナリーオプションについて説明しておきましょう。

「バイナリーオプション」は通貨の為替レートが一定時間後に「指定値よりも上がるか下がるか」を予測する取引です。予測が当たれば、支払い金額に加えて一定の報酬を獲得でき、外れたら支払った金額を損失する仕組みとなります。
株やFXと大きく異なる点は、株やFXのほうがかなり金融商品に関するスキルが必要であることからハードルが高く難しく思う方が多い一方で、バイナリーオプションは、選択肢が「上がる」「下がる」の二者択一であることから、簡単にできると思われている点にあることが、根本的に異なっています。

とはいえ、バイナリーオプションは投資の方法が簡単というだけで、実際には金融に関する知識を持ち得ている方が勝率は高くなりますので、まったく勉強もせずにバイナリーオプションに手を出すことはするべきではありません。

バイナリーオプションで儲けるのは難しい?

一説にはバイナリーオプションによって勝てる人の割合は25%と言われています。これは1/4という人数ですから、半分以上の方が利益を出すことができていないということになります。なぜ25%ということがわかるかというと、これは日本のバイナリーオプション取引業者の場合損失を出したトレーダーの口座がどれくらいなのかの統計を出しているために把握できることです。海外のバイナリーオプション業者の情報は含まれていないので、海外のバイナリーオプションを含めると数値が変わってくるかもしれませんが、統計学的には大きく変わることはないと思われます。

バイナリーオプションは株やFXと異なり、元金がマイナスになるタイプの投資ではありません。つまり持ち金に対して、勝てばペイアウトがなされますが、負ければ掛け金がゼロになります。よって、利益を出すということは理論的には勝ち続けれなければならなくなります。

しかし、そんな投資は世の中にはありません。必ず勝ったり負けたりを繰り返すことになります。

では、バイナリーオプションで勝てる人は何をしているのか?というと、買った利益の全部を次の投資に回すのではなく、利益の一部は次の投資には回さず保持しておくということをやっている訳です。つまり徹底した資金管理を行うことによって負けないための戦略を実践しているのです。

バイナリーオプションで負ける人は何をしている?

バイナリーオプションで負ける人の特徴には、資金管理ができてない以外にも、以下のような傾向があるようです。

 

負ける人の特徴
  • バイナリーオプションをそもそも勉強していない(知らない)
  • 取引時間を決定していない
  • なぜ負けたのかを分析して次のトレードに活かしていない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

バイナリーオプションをそもそも勉強していない(知らない)

バイナリーオプションは投資の一つです。決してギャンブルでありません。それにも関わらず、ギャンブル的な投資だと思われている側面があり、そのことがバイナリーオプションを勉強もせず始めてしまうことで、負けてしまうということにつながっているケースがあるのです。つまり二者択一のトレードは、見る人によっては「カジノ」や「博打」のように感じ、運要素が強く見え隠れしてくるため、「自分でも勝てるかもしれない」と思ってしまいがちになる点がデメリットとなります。

取引時間を決定していない

バイナリーオプションは為替レートを見ながら、上がるか下がるかを予想する投資であるとお伝えしましたが、為替相場の値動きは時間によっても変わります。動きのある時間帯や、動きがほとんどない時間帯もあります。そのため、気が向いたからバイナリーオプションを行おう、と気軽に行うものではない点に注意する必要があります。

なぜ負けたのかを分析して次のトレードに活かしていない

これはすべての投資において言えることですが、負けた際に「なぜ負けたのか?」についてきちんと分析し、次からの勝率アップに活かすための振り返りをしなければ、勝てるものも勝てません。負ける際には必ず負けただけの理由があります。その理由を理解して次回に活かすようにする努力は必要です。バイナリーオプションで勝っている人の中には、分析ノートを付けて、日々の振り返りを行っている人も多いと聞きます。儲けるために、記録を付けることは非常に有効的ですので、ぜひとも実践するようにしたいところです。

バイナリーオプションで儲けるためには

バイナリーオプションで儲けを出すためには、上記で述べた負けている人の特徴や傾向を見た上で、同じ行動を取らないことに他なりません。ここでいう負けるというのは都度都度のトレードでの勝ち負けを言っているのではなく、長い目で見た時に買っているというものを言います。つまり、1か月バイナリーオプションを行ったとした場合、当然負ける日もあるでしょう。しかし、1か月後に利益が出ているのではあれば、日々の負けはそれほど気にすることなく、トレードをさらに勝率を高めるために邁進すればよいだけです。しかし、1か月経って利益が出るどころかマイナスになっているとしたら、それは何か負ける要因を実践しているに他なりませんので、その負ける要因を排除する行動に出る必要があります。

たとえば、ペイアウト率が高い取引を行えば、ペイアウトが低いものよりも勝てる確率は減ります。であれば、勝てない時期が続く際には、ペイアウトが低いものの勝率が高くなり取引を選択するのが賢明です。

また、負けた続く際に、これまでの負け分を取り戻そうと、投資金額を増やすというのも得策ではありません。バイナリーオプションに限らず、金融商品の取引においては、心理的要素も大きく影響します。負けている時こそ冷静さを失わないように、しっかりと自己管理を行うようにする必要があります。

国内業者と海外業者で勝率に違いはある?

よく、国内のバイナリーオプション業者のほうが海外のバイナリーオプション業者より安全で儲かるのでは?ということをいう人もいるのですが、正直なところあまり違いはないでしょう。規制に関してそれぞれ違いがあるといった程度です。海外のバイナリーオプション業者の中には、日本の金融庁登録をしていない業者も多数ありますので、射幸性をあおるような表現で取引を促すようなところもあります。なかでも詐欺まがいの怪しい業者もあるため、知名度の低いところや、ペイアウト率が異様に高いことを謳っている業者は、絶対に儲かることはありませんので、決して利用しないようにしましょう。

関連記事こちらの記事も人気です。