バイナリーオプションは丁半博打と同じ?

バイナリーオプションに限ったことではないのですが、投資とギャンブルを混同してしまう方はとても多い傾向にあります。
バイナリーオプションに関しては、丁半博打と同じだと考えている方も少なくありません。
確かに、共通している部分はあるものの、バイナリーオプションと丁半博打というのはまったくの別物です。
今回はバイナリーオプションと丁半博打について知っておくべきその違いをお話ししていきたいと思います。

バイナリーオプションが丁半博打と混同されてしまう理由

もともとバイナリーオプションはあくまでも投資、丁半博打はギャンブルなのでそれぞれまったくの別物です。
ただ、バイナリーオプションは丁半博打だと混同されてしまうことが多いものです。
その理由には、バイナリーオプションと丁半博打にある3つの共通点が深く関係しています。

2つの選択肢からひとつを選ぶ

バイナリーオプションが丁半博打と混同されてしまうのは、「2つの選択肢からひとつを選ぶ」という部分が共通しているからです。
バイナリーオプションは為替相場の現在の価格から「HIGH(上がる)」と「LOW(下がる)」のどちらになるかを予想するものです。
一方の丁半博打はサイコロを2つ振った出目の合計が「丁(偶数)」と「半(奇数)」のどちらになるのかを予想するものです。
丁半博打については、時代劇や古い映画などで見たことがあるという方もいるかと思います。
バイナリーオプションも丁半博打も基本的なやり方が同じだから同じものと考えてしまう方が多いのです。

手数料がかかる

また、バイナリーオプションも丁半博打も手数料がかかります。
バイナリーオプションの場合、基本的には勝ったときだけペイアウト率に応じた手数料が発生します。
丁半博打の場合、1回の勝負ごとに手数料が発生するのが一般的です。

理論上の勝率は50%

そして、バイナリーオプションも丁半博打も2つの選択肢からひとつを選ぶことになりますので予想が当たるか外れるかのどちらかになり、理論上の勝率は50%になります。
ただ、この点に関しては「理論上は」という部分がポイントになってきます。

バイナリーオプションと丁半博打の明確な違いとは?

先ではバイナリーオプションと丁半博打に共通点があり、その共通点がバイナリーオプションと丁半博打を混同してしまう理由に深く関係しているという話をしました。
ただし、共通点がどれだけあったとしても、バイナリーオプションと丁半博打がまったくの別物であることには変わりありません。
続いては、バイナリーオプションと丁半博打における明確な違いについて見ていきたいと思います。

勝敗が決まる直前の動きがわかるかどうか

バイナリーオプションと丁半博打では、勝敗が決まる直前の動きがわかるかどうかという点で違いがあります。
バイナリーオプションであれば、勝敗が決まる直前の値動きを常にチェックすることができます。
一方で、丁半博打では勝敗が決まる直前のサイコロの動きはまったくわかりません。

分析ができるかどうか

また、バイナリーオプションと丁半博打では、分析ができるかどうかという点でも違いがあります。
バイナリーオプションの場合、それまでの値動きをチェックすることができますし、その中で「HIGH(上がる)」と「LOW(下がる)」のどちらになる可能性が高いかを分析していくことができます。
しかしながら、丁半博打の場合、分析ができません。
サイコロがどのように動くのかは完全に運任せなので、直感で予想をするしかないのです。
この点がバイナリーオプションと丁半博打におけるもっとも特徴的かつ大きな違いと言えるでしょう。

キャンセルができるかどうか

バイナリーオプションと丁半博打では、キャンセルができるかどうかという点にも違いがあります。
バイナリーオプションであれば勝敗が決まる前に決済することもできますが、丁半博打であれば一度かけたらそれを途中でキャンセルすることはできません。

バイナリーオプションは値動きを見ることで勝率を高められる

バイナリーオプションと丁半博打の共通点として「理論上の勝率は50%」という部分を挙げましたが、バイナリーオプションは値動きを見ることで勝率を高められます。
バイナリーオプションにおいては、特徴的な値動きの傾向がエントリー方向のヒントになるのです。
そもそも相場価格というのは参加者がどの値でどれくらいの取引をおこなったかによって変わってきますので、相場には参加者の取引結果が反映されているわけです。
そこに浮き出てくる特徴を見逃さないようにしながらエントリーができるようになると、バイナリーオプションの勝率というのはぐっと高まります。
相場に浮き出てくる特徴とそこでのエントリーについて、具体的に2つの例で見ていきましょう。

一方向に値動きが継続している場合のエントリー

参加者の多くが「買い」に回っていると価格が継続的に上昇していきますし、参加者の多くが「売り」に回っていると価格が継続的に下降しています。
このように、一方向に値動きが継続することを「トレンド」と呼びます。
このトレンドが発生しているときには、トレンドにそったエントリーをすることで勝率を高めていくことができます。
やり方はとてもシンプルです。
上昇トレンドであればHIGHエントリー、下降トレンドであればLOWエントリーという風に考えていきましょう。
上昇トレンドは長い時間をかけてじわじわ続き、下降トレンドは短い時間で一気に落ちるという傾向になります。
また、トレンド終了間近になってくるとうまくいかないこともあります。
そのあたりも含めてしっかりと見極めていきましょう。

同じような価格帯で反発する場合のエントリー

相場を眺めていると、同じような価格帯で反発することが結構あります。
それまで継続していた方向と逆の取引が大きく入ったことによって、こういった動きが見られるようになります。
同じような価格帯で反発するようになったら、反発したローソク足同士をラインで結んでみましょう。
そのラインの延長線上に最新価格が来たら、また同じように反発する可能性が高いです。
こういうサインを見逃すことなく、反発した後に進む方向へエントリーしておくと良い結果が出るかもしれません。

根拠のあるエントリーをするためにもテクニカル分析を活用すべき

相場の値動きからエントリーする方向性を決められるようになっただけでは十分とは言えません。
そこからさらに、エントリーポイントを吟味していかなければいけません。
バイナリーオプションでは常に根拠のあるエントリーが求められます。
根拠のない、直感だけのエントリーをしていては、それこそ丁半博打と同じになってしまいます。
バイナリーオプションを丁半博打と同じギャンブルにしないためにも、投資としてのバイナリーオプションをおこなっていくためにも、根拠のあるエントリーを心がけてください。
根拠のあるエントリーのためには、分析が欠かせません。
だからこそ、テクニカル分析を活用していきましょう。
トレンド傾向をつかむためのインジケーターや相場価格が収まる確率の高い範囲を示してくれるインジケーターなど、とにかく使えるツールはバンバン使っていきましょう。
分析という作業を面倒に感じてしまう方もいるかもしれませんが、そこをクリアできるかどうかがバイナリーオプションの勝敗を決めるのです。

関連記事こちらの記事も人気です。