バイナリーオプションに向いている人の特徴とは?

投資には向き不向きがあるという話をよく見聞きするかと思います。
実際に、向いている人のほうがやはり投資での結果は出やすいでしょう。
では、投資における選択肢のひとつであるバイナリーオプションに向いている人というのはどのような人なのでしょうか?
今回は改めて、バイナリーオプションに向いている人の特徴についてお話ししていきたいと思います。

バイナリーオプションに向いている人に共通する3つの特徴

バイナリーオプションに向いている人には、ある共通する特徴があります。
具体的にどのような特徴があるのか見ていきましょう。

ルールが守れる

バイナリーオプションに向いている人の特徴としては、まずルールが守れるという部分が挙げられます。
「ルールを守るのは当然のことでは?」と思っている方もいるでしょうが、バイナリーオプションのような投資で自分の決めたルールを守り続けるのは思っている以上にハードルが高いのです。
食事制限などのダイエットをイメージするとわかりやすいかもしれません。
「ダイエット期間中は甘いものは食べない」というルールを作っても、誘惑に負けてついつい甘いものを食べてしまうというケースはよくあるものです。
自分で決めたルールだからこそ、「今は調子がいいから」「今日だけだからセーフ」といった自分なりの理由付けをして例外を作り、ルールを破ってしまうのです。
自分で決めたルールが守れないことで負けている方というのはとても多いので、ルールを守れるというのはバイナリーオプションにおける大きな強みにもなってきます。
ちなみに、バイナリーオプションにおけるルールというのは大きく以下の2つのタイプに分類されます。

資金管理に関するルール
  • 生活費以外の余剰資金で取引をおこなう
  • 取引に使っていいのは総資金の〇%まで
  • バイナリーオプションのために生活費には手を出さない
  • バイナリーオプションのために借金をしない
取引に関するルール
  • 1日の取引は〇回まで
  • 〇回続けて負けたら取引をやめる
  • 運や直感でのエントリーは絶対にせずに、根拠のあるエントリーだけをおこなう

どれもシンプルなことではあるのですが、改めてこういったルールを設けることでバイナリーオプションでの負けを回避できるようになります。

長期的な視点が持てる

長期的な視点が持てるというのも、バイナリーオプションに向いている人の特徴と言えます。
長期的な視点というのは口で言うのは簡単ですが、実践するのは思っている以上に難しいものです。
実際に、普段の生活の中でも短期的な視点でばかり考えてしまうという方も多いはずです。
現代人が短期的な視点になってしまうのはある意味では仕方のないことかもしれません。
インターネットで注文をすれば翌日には荷物が届く時代ですし、インターネットで検索すればほしい情報はすぐに手に入ります。
音楽もサビしか聞かず、ドラマも映画も倍速で見るような方が多いわけですから、長いスパンで物事を見るということ自体にもう馴染みがないのかもしれません。
ただ、どれだけ時代が変わっていこうとバイナリーオプションを含めて投資で長期的な視点が求められることは変わりありません。
「今日大丈夫でも明日はダメかもしれない」「今週は大丈夫でも来週はダメかもしれない」「今月は大丈夫でも来月はダメかもしれない」「今年は大丈夫でも来年はダメかもしれない」……こういう長期的な視点を持つことによって、今だけに囚われずに次に向けての準備もできるようになりますし、何よりも気持ちにも余裕が出てくるようになります。
もともとバイナリーオプションは何度も何度も取引を繰り返し、その中で利益を積み重ねていくタイプの投資になります。
一朝一夕でどうこうなるものではありませんので、すぐに結果を求めてしまうせっかちなタイプよりは地道にコツコツゆったりと構えられるタイプのほうが向いているのです。

学び続けることができる

バイナリーオプションが向いている人の特徴としては、学び続けることができるといった部分も挙げられます。
バイナリーオプションは一定の時間が経過したときにレートが上がっているのか、それとも下がっているのかを予想する投資です。
上がるのか、下がるのかという2つの選択肢からどちらかを選び、その予想が当たるのか、外れるのかを待つだけです。
最初から2択になっている投資なので、理論上は何もしなくとも50%の勝率になります。
実際に、運任せのトレードや直観でのトレードをおこなっている方もいます。
ただ、運任せのトレードや直観でのトレードをしているとバイナリーオプションを投資として活かせません。
せっかくのバイナリーオプションがギャンブルやゲームになってしまいます。
バイナリーオプションを投資として続けていくためには、勉強が絶対的に必要となります。
基礎知識はもちろんですが、テクニカル分析などある程度は専門的な勉強もしなければいけませんし、その勉強を続けていかなければいけません。
というのも、今通用している手法が先々でも通用するかどうかはわからないからです。
為替相場というのはさまざまなものの影響を受けていますし、刻々と変化しているものです。
一度学んで終わりではなく、学んだことをずっとアップデートし続けなければいけません。
勉強することや勉強をし続けることが苦にならない方はもちろん、知識欲がある方はまさにバイナリーオプションに向いていると言えるでしょう。

バイナリーオプションに向いていない人の特徴は?

先ではバイナリーオプションに向いている人の特徴を挙げましたが、今度は逆にバイナリーオプションに向いていない人、向かない人の特徴を考えてみましょう。
バイナリーオプションに向いていない人の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

 

向いていない人の特徴
  • 自分で決めたルールを守れない
  • すぐに結果がほしいと思っている
  • 勉強や取引の分析をしたくない
  • 失敗したときに責任転嫁しがち
  • 簡単に稼ぎたいと思っている

ただ、バイナリーオプションに向いていないからといってバイナリーオプションを諦める必要はありません。
今、バイナリーオプションに向いていない人であってもバイナリーオプションに向いている人になれるよう努力をしていけばいいのです。

バイナリーオプションに向いている人を目指すには?

バイナリーオプションに向いている人になれるよう努力をしていけばいいという話をしましたが、具体的にバイナリーオプションに向いている人を目指すにはどうしたらいいのでしょうか?
まず、実践していきたいのがバイナリーオプションへの認識の改革です。
バイナリーオプションに向いていない人というのは、そもそもバイナリーオプションに対する認識が間違っている可能性が高いです。
バイナリーオプションはギャンブルでもゲームでもなく、あくまでも投資なのです。
リターンを得られる可能性もあれば、当然、そこにはリスクもあるのです。
そのリスクをできるだけ小さくしていくことが、バイナリーオプションでの結果につながってきます。
バイナリーオプションが投資であるという正しい認識を持てるようになれば、それだけでも心構えは違ってくるはずです。
その上でバイナリーオプション取引の経験を重ねていき、1回1回の取引の記録を残し、分析していけばいいのです。
その積み重ねがバイナリーオプションに向いている人の思考や行動を形作っていきます。

関連記事こちらの記事も人気です。