バイナリーオプション取引には元手はいくら必要か?

バイナリーオプションは、株式投資やFXと同様な金融投資の一つです。そんなバイナリーオプションに興味を持ったという方、どれくらいの元手があればバイナリーオプションではOKなのでしょうか?

今回はバイナリーオプション取引に元手はいくらぐらい必要となるのかについて見ていきたいと思います。

バイナリーオプションについての基礎知識

まずは、バイナリーオプションの基礎知識を解説します。取引のルールや流れをしっかり理解しておきましょう。
バイナリーオプションの基本ルールとして、世界における通貨の為替レートが一定時間経過後に「今よりも高いか低いか」を予測します。予測が当たれば、支払った金額と報酬を獲得でき、外れた場合は、支払った金額のみを損失します。

取引を行うには為替レートの値動きを分析したり予測したりするスキルが必要ですが、取引自体は「高い・低い」の二者択一なため比較的簡単に取引が可能です。初心者でも挑戦できる投資の一つといえます。

バイナリーオプションの5ステップ

バイナリーオプション取引は、以下のように取引スタートから支払い完了までは次のような5ステップで進んでいきます。

STEP1. 通貨ペア選択

バイナリーオプション値動きしているあらゆる通貨の中から取引する通貨ペアを選択します。ここで選ぶことができる通貨ペアは「米ドル/円」「ユーロ/円」「ポンド/円」などさまざまです。取り扱い通貨ペアはバイナリーオプション業者によっても異なります。どの通貨ペアを選ぶべきか悩んでしまうといった場合には、クロス円の中でも流通量が多くなじみの深い「米ドル/円(USD/JPY)」を選択すると安心です。

STEP2. 一定時間後の為替レートを選択

次に先ほど選択した通貨ペアが一定時間経過したあとに「上がる」のか「下がる」のかを予想します。取引を素早く終了させたい場合には、判定時間を1分や5分で設定すると良いでしょう。しかし、ゆったり時間をかけたい場合には、30分や1時間といった時間も選択可能です。

STEP3. チケット購入

通貨ペアを決めて値動きの予測を行ったら「上がる」か「下がる」かのチケット購入を行います。自由に金額設定は可能です。チケット購入をもって取引スタートとなります。

STEP4. 取引結果確定

チケット購入してから判定時刻が経過すると取引結果が出ます。ここで「上がる」「下がる」の値動きが当たったかどうかが自動判定されます。

STEP5. 支払い

一連の取引の中で値動きの予測が当たればチケット購入金額に加えて報酬を受け取ることができます。一方、外れた場合には報酬はなく、チケットの購入金額を失ったうえ取引終了となります。

バイナリーオプション取引の種類

イナリーオプションの取引には大きく3つの種類があり、それぞれ判定方法が異なります。

取引の種類 判定方法
ラダー取引 目標レートよりも「高いか低いか」で判定

バイナリーオプションで最もメジャーな取引方法

レンジ取引 判定時刻に目標レートの範囲内に入っているかどうかで判定

値動きが少ない相場向き

ワンタッチ取引 判定時刻までに目標レートへ到達したかで判定

海外バイナリーオプションのみで行われる取引方法

一番シンプルでわかりやすいのはラダー取引で、国内・海外どちらのバイナリーオプションにも適用されており、初心者におすすめの方法です。

元手はいくらでもいいが多ければ多いほど選択肢は増える

いきなり結論をいうと、バイナリーオプションに使う元手はいくらでも問題ありません。ただし、元手がどれくらい用意できるかによってバイナリーオプションにおける選択肢は増えていきます。その結果、稼げる確率は高くなるでしょうし、負けたとしても資金が枯渇するまでの時間が稼げることでしょう。それに元手はいくらあっても取るべき戦略によって、残せる利益は大きく変わってきます。たとえば、勝利して得た利益をそのまま次の投資に全額使うのか、一部を残すのかによっても違ってきます。つまり、元手+戦略によってもバイナリーオプションで勝てる負けるかが変わるもです。

元手は余剰資金で作ること

一度の取引での元手が多いほど利益は大きくなるものの、その一方で同じくらいのリスクもあります。生活資金を投入するといった無謀な投資はやめて、無理の無い範囲にしておく事をしっかりと覚えておきましょう。

元手別投資方法

ここからは、元手別による投資方法について紹介していきたいと思います。

元手0円の場合

元手が0円という人はまず、元手資金を溜めるところからスタートしなければなりません。だからといって借金をしてまでバイナリーオプションをするという人はあまりいないでしょうし、そのような投資がうまく行くはずがありません。まずは自分で決めた投資金額に達するまで資金を溜めることです。

なかには、そんなことしていたら熱が冷めてしまうという人もいるかもしれません。そんな方の場合には、「口座開設ボーナス」を提供しているバイナリーオプション業者を探してみましょう。元手が無くても口座開設をするだけで軍資金をゲットできるところも無くはありません。海外バイナリーオプション業者theoptionは口座開設するだけで特別ボーナス1,000円を提供していることもあります。たかが1,000円と言っても何もせず、口座開設をするだけで取引資金をもらえるのですから利用しない手はありません。

元手1万円~10万円の場合

一般的なバイナリーオプション初心者の方は1万円程度から始めるのが、無理がなくて良いでしょう。投資資金が少ないため、大きな勝負はできませんが、まずはバイナリーオプションがどのような取引なのか、デモ取引でない実際のお金が動く状態で、メンタルはどのように変化するのかを確かめながら、実戦経験を積んでいきましょう。

元手10万円~30万円の場合

それよりも多めの投資資金をねん出できる方の場合には10万円~30万程度で取引を行ってみるのがよいでしょう。この場合、掛け金をすこし増やしてみる、ツールの導入や勉強のための投資(書籍購入、投資セミナーへの参加など)にお金を使い、すこしでも勝率を高めることをしても良いかもしれません。

元手30万円~の場合

30万円以上の投資資金を掛けられるのであれば、かなり余裕を持った取引が行えます。先ほど紹介したツールの導入などでは高額な有用ツールを手にすることができるかもしれません。ただし、高額な取引ツールには詐欺ツールも多いと言われていますので、くれぐれも詐欺に引っ掛からないように気を付ける必要があります。

バイナリーオプションで失敗しないために

バイナリーオプションは先の見えない非常に不安定な投資です。株やFXでも同様ですが、そんななか勝ち続けるには知識も必要ですが、元手となる資本も必要となります。もし元手資本がないのであれば知恵を使わなければなりません。一方で元手があればできる選択肢は広がります。特にバイナリーオプションは情報戦です。正確な情報を得られる、購入できる人が勝利することができる投資です。そのためには、0円からスタートするのも良いですが、元手をしっかり稼いでゆったりとした心構えでバイナリーオプションに臨めるようにしましょう。

関連記事こちらの記事も人気です。