バイナリーオプションで大損しない取引方法

バイナリーオプションは株やFXと比べるとあまり大損しない金融取引と言われています。しかし中には、ギャンブルトレードを行って大損してしまう人もいるかもしれません。どうしたらバイナリーオプションで大損しないか?それについて詳しく知ることで、勝率を高めていくことは可能です。

今回は、バイナリーオプションで大損しないための取引方法について見ていきたいと思います。

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションは、通貨ペアの為替レートが一定時間経過した後、指定レートより上か下かを予想する取引のことです。バイナリーオプション取引ですが、以下のように取引スタートから支払い完了までは次のような5ステップで進んでいきます。

STEP1.通貨ペア選択

バイナリーオプション値動きしているあらゆる通貨の中から取引する通貨ペアを選択します。ここで選ぶことができる通貨ペアは「米ドル/円」「ユーロ/円」「ポンド/円」などさまざまです。取り扱い通貨ペアはバイナリーオプション業者によっても異なります。どの通貨ペアを選ぶべきか悩んでしまうといった場合には、クロス円の中でも流通量が多くなじみの深い「米ドル/円(USD/JPY)」を選択すると安心です。

STEP2.一定時間後の為替レートを選択

次に先ほど選択した通貨ペアが一定時間経過したあとに「上がる」のか「下がる」のかを予想します。取引を素早く終了させたい場合には、判定時間を1分や5分で設定すると良いでしょう。しかし、ゆったり時間をかけたい場合には、30分や1時間といった時間も選択可能です。

STEP3.チケット購入

通貨ペアを決めて値動きの予測を行ったら「上がる」か「下がる」かのチケット購入を行います。自由に金額設定は可能です。チケット購入をもって取引スタートとなります。

STEP4.取引結果確定

チケット購入してから判定時刻が経過すると取引結果が出ます。ここで「上がる」「下がる」の値動きが当たったかどうかが自動判定されます。

STEP5.支払い

一連の取引の中で値動きの予測が当たればチケット購入金額に加えて報酬を受け取ることができます。一方、外れた場合には報酬はなく、チケットの購入金額を失ったうえ取引終了となります。

取引の種類

さて、バイナリーオプションの取引には3つの種類があり、それぞれ判定方法が異なります。

取引の種類 判定方法
ラダー取引 目標レートよりも「高いか低いか」で判定

バイナリーオプションで最もメジャーな取引方法。

レンジ取引 判定時刻に目標レートの範囲内に入っているかどうかで判定

値動きが少ない相場向き

ワンタッチ取引 判定時刻までに目標レートへ到達したかで判定

海外バイナリーオプションのみで行われる取引方法

一番シンプルでわかりやすいのはラダー取引です。国内外どちらのバイナリーオプションにも適用されており、初心者におすすめの方法といえます。ハイローという名で知られている取引です。

バイナリーオプションに大損しない方法

バイナリーオプションで大損しないためには、以下に挙げる5つを実践してギャンブルトレードでなく安定したトレードを実践することがおすすめです。

● エントリーのやめ時を決める
● デモンストレーションで練習する
● 取引は少額から始める
● 取引を振り返り改善する
● 安定してきたら取引回数を増やす

エントリーのやめ時を決める

バイナリーオプションでは、エントリーのやめ時を決めて取引するのがポイントです。たとえば、「10,000円分の利益が出たら、それ以上は取引しない」「5,000円の損失が出たら、今日はもう止めておく」など、引き際を決めることで資金の使いすぎを防ぎ大損をしなくすることができます。せっかく勝ち続けていても、たった一度の負けが引き金となり、意地になって取引をしてしまうケースも考えられます。もちろん、戦略によっては一度負けたぐらいではびくともしないようなものもありますが、結果的に損失が膨らんでしまうことにも繋がりかねません。
投資に関しては永遠に勝ち続けるのはほぼ不可能です。

1連勝 50%
2連勝 25%
3連勝 12.5%
4連勝 6.25%
5連勝 3.13%
6連勝 1.56%
7連勝 0.78%
8連勝 0.39%

上記の表を見ていただいてもわかるように、連勝することは非常に難しいです。たとえば3連勝する確率ですら1/2しか勝てないバイナリーオプションではわずか12.5%となります。その勝率を少しでも高めるためには、投資経験を積み重ねながら投資理論を学んでいく、それにつきます。

1,000円でも利益が出れば、1カ月で2万円程度の利益になります。重要なのは大損しないことなので、やめ時を見極めてコツコツ取り組むのが大切です。

デモンストレーションで練習する

バイナリーオプションを攻略するには、デモ取引を活用してバイナリーオプション取引の練習をしっかり行いましょう。 デモ取引とは本番さながらの取引ができるサービスで、チケットの購入にはバーチャルマネー(仮想資金)を利用します。一切自身の資金を使わなくても本番と同じ画面で取引できるため、バイナリーオプション取引に慣れるまではデモ口座で練習するのがおすすめです。とはいえ、何も考えずにただトレードを繰り返しても意味がありませんので、実践を踏まえて相場分析をしたりツールを利用したりしながら、根拠あるトレードができるように心掛けましょう。

取引は少額から始める

デモ取引で流れが掴めたら本番環境で取引してみると良いでしょう。最初は少額でトレードすることが良いです。バイナリーオプションは業者によって取引の最低額が異なりますが、海外のバイナリーオプションであれば1,000円から可能です。少額トレードのメリットは、たとえ取引で負けても損失が少ない点にあります。

デモンストレーション口座で取引のコツを掴んだとはいえ、本番となればまた違った緊張感があるものです。少額でも投資には変わらないため、地道に経験を積んでいくのが良いでしょう。

バイナリーオプション取引を振り返り改善する

ある程度トレードを重ねたら、ご自身の取引を振り返って改善する機会を設けると良いでしょう。振り返る機会がなければトレードの失敗に気付くことなく、同じ失敗をしてしまう可能性があるからです。

振り返り方の一例には、取引する時間帯があります。たとえば、昼間のトレードが勝率40%程度で夜間が60%程度だった場合、単純に昼のトレードをやめれば勝率が60%になるといえます。最初は単純な振り返りでも構いません。徐々にエントリーの根拠や通貨ペアの値動きといった高度な振り返りを行い、トレードの精度を上げていきましょう。

安定してきたら取引回数を増やす

バイナリーオプションで安定して勝てるようになってから取引1回あたりの投資金額を増やしましょう。とはいえ、たとえば1,000円だったのを2,000円程度に上げるレベルに留めます。一見少なく感じますが、勝ったときの利益が2倍になると思えば、十分な投資金額です。大損しないためには、利益は一気には増えていきませんが、掛け金を多くしないということも重要です。戦略をしっかりと持って大損しないバイナリーオプション取引で利益を獲得していきましょう。

関連記事こちらの記事も人気です。