バイナリーオプションで目指せる年収はどれくらい?

今バイナリーオプションのような投資に興味を持っている方というのは、やはり収入を少しでも増やしていきたいという思いがあるのかと思います。
収入として目安のひとつになってくるのが年収です。
バイナリーオプションでどれくらいの年収であれば現実的に目指していくことができるのでしょうか?
今回はバイナリーオプションで目指せる年収についてお話ししていきたいと思います。

バイナリーオプションで億単位の年収は現実的ではない

バイナリーオプションについて調べていると、バイナリーオプションで結果を出した方が情報を発信しているケースも多く見受けられます。
中にはバイナリーオプションで億単位の年収を得ているらしき人物もいるようなのですが、正直なところ、バイナリーオプションで億単位の年収というのは現実的ではありません。
そもそもその話が本当なのかどうか、こちら側では確かめようがありません。
実際に、過去にはTwitterアカウントでセレブな生活を自慢していたユーザーが実はセレブでも何でもなかったというようなケースもありました。
仮にバイナリーオプションで億単位の年収を得ているという話が本当だったとしたら、もともと本人に圧倒的な資金力があったということになります。
というのも、バイナリーオプションのペイアウト倍率は高く設定されている場合であっても2.0倍くらいだからです。
バイナリーオプションで勝って増えた分を純粋に足してトレードしていった場合、単純計算でもすさまじい回数を連続して勝たなければいけません。
実現できるかどうかは別として、バイナリーオプションで億単位の年収を得ていくのであれば、「1回でかなりの金額を投入できるだけの圧倒的な資金力」と「圧倒的に高い勝率」という2つの要素を持ち合わせておく必要があります。
つまり、「生活が苦しいからバイナリーオプションで収入を増やしていきたい」「将来が不安だからバイナリーオプションで老後の資金を蓄えていきたい」といった目的でバイナリーオプションを始める初心者の方にとっては、バイナリーオプションで億単位の年収を得るのはまったく現実的ではないのです。
むしろ、先々の生活も含めて困らないくらい資金的に余裕のあるバイナリーオプションの上級者くらいでないとバイナリーオプションでの億単位の年収は目指せません。
限られた資金の中で一発逆転を狙うのであれば、バイナリーオプション以外の投資のほうがまだ可能性はあります。

バイナリーオプションで目指せる現実的な年収は?

先でもお話しましたように、バイナリーオプションで億単位の年収というのは現実的ではありません。
では、現実的にどれくらいの年収であれば目指していけるのでしょうか?
例えばの話ですが、以下のような条件であれば年収で240万円くらいは可能かもしれません。

掛け金 10,000
ペイアウト率 1.85
勝率 60%
1日のトレード回数 6回から7

バイナリーオプションで目指せる年収ということでお話ししてきましたが、そもそもバイナリーオプションは年収ベースで考えるべきではありません。
というのも、年収として考えた場合、「それだけのお金が確実に入ってくるもの」という風に捉えてしまうからです。
バイナリーオプションはあくまでも投資なので、確実に利益が入ってくるとは限りません。
それこそ世界情勢に左右される部分もありますので、思い通りにいかないことも多々あるでしょう。
もちろん、バイナリーオプションではFXなどのように投資した金額の何倍、何十倍、何百倍というマイナスを背負うことはありません。
あくまでも損失は掛け金だけに限られます。
リスクが限定されている点はとても安心できるのですが、同時にバイナリーオプションはペイアウト倍率という形で最大利益も限定されているのです。
つまり、負けた分を取り返すといったことが思うようにできないわけです。
だからこそ、バイナリーオプションで「負けた分を取り返さないと!」という風に考えてしまうとどんどん泥沼にはまっていくことになります。

バイナリーオプションで考えるべきは年収よりも勝率

バイナリーオプションで考えるべきは年収よりも勝率です。
いくらという金額よりも、1回1回のトレードでの勝率を高めることが大切です。
勝率を高めることがバイナリーオプションで利益を積み重ねていくことにつながります。
では、バイナリーオプションで勝率を高めるためにはどうしたらいいのでしょうか?
バイナリーオプションで勝率を高めるためにできることは主に3つです。

デモ口座を活用する

まずはバイナリーオプション業者のデモ口座を活用していきましょう。
デモ口座では仮想資金を使ったデモトレードができるようになっています。
通常、デモトレードというとそのバイナリーオプション業者の使い勝手を確かめたり、バイナリーオプション取引そのものに慣れるために使ったりするものですが、実は取引の検証にも役立つのです。
例えば、「こういう戦略でやってみたらどうだろうか?」と考えたときにリアルトレードではなく、デモトレードでおこなっておけばノーリスクで取引の検証ができるわけです。
資金が仮想である以外、基本的にデモトレードもリアルトレードと同じ環境で取引ができます。
実際に、バイナリーオプションで結果を出している方の多くがデモ口座でデモトレードをおこなっています。
リアルマネーを使わない分、緊張感に欠ける部分もあるかもしれませんが、それでも取引の検証ができるのは十分すぎるくらいです。

自分に合ったテクニカル分析を見つける

バイナリーオプションではテクニカル分析は避けられないのですが、テクニカル分析に関してはとにかく自分に合ったものを見つけるようにしましょう。
無理にテクニカル分析を幅広く勉強しようとすると、おそらくモチベーションが持たないかと思います。
自分に合ったテクニカル分析を見つけ、その上で勝率55%以上を目指していきましょう。
勝率55%以上をまずは1か月間キープし、それをその後も継続できるようにしていきます。

トレードの記録を残し、振り返る

バイナリーオプションで勝率を高めるためには、トレードの記録を残し、それを振り返る、つまり分析していくことも効果的です。
いつどのようなエントリーをしたのか、そのエントリーにどのような根拠があったのか、結果がどうだったのか……こういったトレードの記録を残しておくことで、自分のトレードをより客観的に振り返っていくことができます。
シンプルなことではあるのですが、トレードの記録を残し、それを眺めているだけでも自分の行動パターンや思考パターンといったものが浮き出てきます。
また、負けるときには必ずそこに負ける何かしらの要素があるはずですので、それを見つけ出し、徹底的に排除していきましょう。
負ける要素をなくしていけば、必然的に勝てる要素ばかりになっていくわけですから、バイナリーオプションでの勝率は上がっていくはずです。

関連記事こちらの記事も人気です。