バイナリーオプションの口座開設に条件はある?

バイナリーオプションを始めるためには、口座開設が必要になります。そのため、面倒に感じる人も多いでしょう。実際にはネットから申し込めば完了するものも多いため、それほど大変ではありません。

今回は、バイナリーオプション業者での口座開設方法について見ていきたいと思います。

バイナリーオプションについての基礎知識

まずは、バイナリーオプションの基礎知識を解説します。
バイナリーオプションの基本ルールとしては、通貨の為替レートが一定時間経過後に「今よりも高いか低いか」を予測します。予測が当たれば、支払った金額と報酬を獲得でき、外れた場合は、支払った金額のみを損失します。取引を行うには為替レートの値動きを分析したり予測したりするスキルが必要ですが、取引自体は「高い・低い」の二者択一なため比較的簡単に取引が可能です。初心者でも挑戦できる投資の一つとなっています。

バイナリーオプションの5ステップ

バイナリーオプション取引は、以下のように取引スタートから支払い完了まで次のような5ステップで進んでいきます。

STEP1. 通貨ペア選択

 

バイナリーオプション値動きしているあらゆる通貨の中から取引する通貨ペアを選択します。ここで選ぶことができる通貨ペアは「米ドル/円」「ユーロ/円」「ポンド/円」などさまざまです。取り扱い通貨ペアはバイナリーオプション業者によっても異なります。どの通貨ペアを選ぶべきか悩んでしまうといった場合には、クロス円の中でも流通量が多くなじみの深い「米ドル/円(USD/JPY)」を選択すると安心です。

STEP2. 一定時間後の為替レートを選択

 

次に先ほど選択した通貨ペアが一定時間経過したあとに「上がる」のか「下がる」のかを予想します。取引を素早く終了させたい場合には、判定時間を1分や5分で設定すると良いでしょう。しかし、ゆったり時間をかけたい場合には、30分や1時間といった時間も選択可能です。

STEP3. チケット購入

通貨ペアを決めて値動きの予測を行ったら「上がる」か「下がる」かのチケット購入を行います。自由に金額設定は可能です。チケット購入をもって取引スタートとなります。

 

STEP4. 取引結果確定

チケット購入してから判定時刻が経過すると取引結果が出ます。ここで「上がる」「下がる」の値動きが当たったかどうかが自動判定されます。

 

STEP5. 支払い

一連の取引の中で値動きの予測が当たればチケット購入金額に加えて報酬を受け取ることができます。一方、外れた場合には報酬はなく、チケットの購入金額を失ったうえ取引終了となります。

以上のように非常に簡単なながれで淡々とすすんで行きます。バイナリーオプションは判定時間までの間に途中で取引をやめることもできる柔軟な投資となっています。

バイナリーオプションのメリット

バイナリーオプションは非常にシンプルな取引形態ですので、非常に多くのメリットがあります。
そんなバイナリーオプションのメリットには、たとえば以下の3つがあります。

 

メリット
  • ルールが簡単で分かりやすい
  • 少額で取引できる
  • 途中でやめることもできる

細かく見ていきましょう。

ルールが単純明快で分かりやすい

バイナリーオプションは、取引ルールが非常に簡単でわかりやすいことがメリットです。目標レートより「上がる」か「下がる」かを二択で予測するだけなので、FXや株式投資と比べると非常に簡単なルールとなっています。そのため金融投資の初心者であっても比較的取り組みやすいのがバイナリーオプションの特徴となっています。細かく言うと3つの取引方法がありますが、基本的には二者択一であることには変わりありません。

少額で取引できる

バイナリーオプションは少額から取引が行えます。いきなり大金をかけた取引を行うと、リターンも大きいですがそれ以上にリスクも伴います。しかしバイナリーオプションであれば、少額から取引可能で1,000円程度から取引が可能です。もちろん大きな額もかけられますが、たとえば、海外のバイナリーオプションのハイローオーストラリアでは最大の掛け金が20万円と制限されていますので、FXのような過剰な投資ができなくなっている点が重要なポイントです。

途中でやめることもできる

バイナリーオプションではチケットを購入して取引に参加しますが、このチケット、判定時刻に到達する前に売却することも可能です。それによって利益を確定させたり、損失を軽減することもできます。もし最初に想定した予想から大きく外れそうな場合には、そのように事前に売却してみることができる点もバイナリーオプションのメリットとなります。

バイナリーオプションの口座開設

さて、そんなバイナリーオプションの口座開設はどのように行っていくのか基本的な流れから見ていきましょう。

STEP1. バイナリーオプション業者を選ぶ

さて、バイナリーオプションをスタートさせる前には、バイナリーオプションのサービスを提供している業者を選ぶ必要があります。業者選びは、今後の取引を占うほどの重要な作業のひとつです。

以下は業者選定の際に参考にしたい条件やポイントとなります。

 

選定のポイント
  • バイナリーオプション運営業者がどこの管轄にあるか?
  • 自己資金がどのように管理されるのか?
  • 出金に問題はないか?
  • 取引コスト(口座手数料、為替手数料、証拠金など)はどれくらいになるのか?
  • 取引可能な銘柄はどれくらいあるのか?
  • 自分の投資スタイルに合っているか?

STEP2. 申し込みフォームへの入力

業者を選定したら、次に申し込みを行っていきます。申し込みについては「口座開設申し込みフォーム」から申し込みを行っていきます。業者によって多少流れが異なるケースもありますが、概ね同じような流れだと思ってください。申し込みフォームに入力したら、取引口座にログインし、注意事項などを確認します。フォームへの入力の際には本人確認書類の提出をネット上から行う場合がありますので、必要なものは準備しておきましょう(業者によって必要なものがことなりますので、確認するようにしておきましょう)。国内のバイナリーオプション業者の場合には知識確認テストを実施されることがあります。簡単な投資経験や投資に関する質問がここでは行われます。

STEP3. 口座開設完了

口座開設の準備が一通り終わったら口座に入金を行います。最低入金額以上のお金を入金して、取引を開始していきましょう。

もし審査に落ちた場合には

バイナリーオプションの口座開設審査に落ちたとしたら、当然何かしらの原因があります。たとえば、

書類不備
→このケースが一番多い。写真が不鮮明、必要書類の有効期限が過ぎてしまっている
年齢が未成年で審査に落ちてしまった
金融資産が基準を満たしていなかった
投資経験がない
現住所がない
年齢が80歳以上

など、業者が設定している基準を満たしていなければ口座開設ができません。ただし、別の業者に同条件で出した場合には口座開設ができたというケースもありますので、あきらめずに申請しましょう。

バイナリーオプションはFXより口座開設が大変だという話を聞きますが、それは本当のようです。口座開設がうまくいっても、その後の取引に支障がないように業者選びだけはしっかりと行いましょう。

関連記事こちらの記事も人気です。