バイナリーオプションは倍プッシュ一攫千金

バイナリーオプションを行う際に、一つの指針として投資戦略を持つことは間違ってはいません。その中のひとつに「マーチンゲール法」という投資手法があることをご存知でしょうか?マーチンゲール法はカジノなどのギャンブルで使われる投資方法のひとつですが、バイナリーオプションに適応できるかどうかよくわからない人もいることでしょう。

今回は、倍プッシュ戦略とも言われる「マーチンゲール法」について見ていくことにしましょう。

マーチンゲール法とは?

マーチンゲール法は、ギャンブルでよく使われる投資手法です。取引に負けた際に、掛け金を倍にするともので、「倍プッシュ」と言われているものです。例を挙げると、1,000円を掛けてもし負けた場合には、次回2,000円を掛けます。さらに負ければ4,000円、8,000円という形で負けた金額のさらに倍の金額を掛けていきます。これがマーチンゲール法の基本ルールとなります。

投資回数 掛け金 負けた金額の合計
1 1,000円 1,000円
2 2,000円 3,000円
3 4,000円 8,000円
4 8,000円 15,000円
5 16,000円 31,000円

このような形で倍プッシュを行うと展開されていきます。
マーチンゲール法は理論上必ず勝てると言われている投資手法なので、安易に手を出してしまう戦略ですが、実際のところはそんなにうまく行くはずがありません。

この表をみていただくと よくわかりますが、負けた金額を取り戻そうと掛け金を倍にしたところでプラスになる金額は最初に掛けた金額1,000円しかプラスにならないのです。にもかかわらず、倍プッシュによって雪だるま式に利益が出るように見える、負けても必ず取り返せるというように見えるのにはからくりがあることをしっかり把握しておかなければなりません。
もし、倍プッシュ戦略で勝つためには、どこかで連勝をしなければなりませんが、それには豊富な資金が必要です。つまり資金力がなければ倍プッシュ戦略は取れないことになります、もし、1ドルを掛けたバイナリーオプションで倍プッシュ戦略を取ったとして、20連敗もしてしまうと5,000万のマイナスです。それを回収しようとすると倍の1億円の資金が必要となります。これでは一般人では到底取り返すことができません。

では、倍プッシュ戦略が悪いのか?というとそうとも言えません。投資金額が少なく失っても痛くないケースでは、連勝回数の見極めは必要ですが倍プッシュ戦略をとっても良いかもしれません。

それに、バイナリーオプションをはじめとした投資はギャンブルではありませんので、相場が読めると実は勝ち続けられる側面も持っています。もちろん運の要素もありますが、きちんと為替相場や株式相場を学んだうえで倍プッシュ戦略を取ったとしたら勝率を上げることは可能です。とはいえ、何十連勝もすることは現実的に不可能ですので、どこでやめるか、何回連勝したらドロップアウトするかを戦略として決めておく必要はあるでしょう。

他にも活用したい投資手法について

マーチンゲール法以外にもバイナリーオプションで活用できると言われるような投資手法はいくつかあります。ここでそのいくつかを紹介しておきましょう。

グッドマン法

グッドマン法とは、勝利した時や連勝している時の利益を手元に少しずつ残しながら攻めていく、ディフェンシブ型の投資方法です。カジノのなどで使われることが多い手法のようで、別名は1235法とも呼ばれています。これは1235の順番に金額を増やしてくためそう呼ばれるようですが、1ドル→2ドル→3ドル→5ドルといった具合にかけていきます。買った場合はそれでいいですが、負けた場合には一度リセットとなり、また1ドルからスタートするわけです。5以上にはならず、連勝を続けると5でかけ続けることとなります。

パーレー法(逆マーチンゲール法)

バーレー法は、逆マーチンゲール法と呼ばれる投資手法です。これは勝った際に掛け金を2倍にするもので、連勝すると大きな利益を出せるものとなっています。グッドマン法よりも掛け金が高いため、勝つと利益が大きくなりますし、連勝するとさらに利益は増大します。しかしながら、負けた瞬間に利益がすべて失われてしまうリスクがあります。投資においては勝ち続けるといったことはありません。必ず負けます。たとえば、2~3連勝であればできるとしても5連勝、10連勝といったことはなかなかできるものではありません。運の要素も強くかかわってきます。そのため、連勝確率を考えながらやめる見極めをする必要があります。

モンテカルロ法

モンテカルロ法とは、最後まで実行できた場合には必ず利益が出る、という考え方に基づいた投資手法です。マーチンゲール法に似てはいますが、3倍のペイアウト率がある取引においては効果があるとも言われています。ただし、バイナリーオプションで現在のところ最も高いペイアウト率はハイローオーストラリアの2.3倍とも言われていますので、その理論からするとモンテカルロ法はバイナリーオプションに向きません。

ダランベール法

ダランベール法とは、ピラミッド法とも言われる投資手法で、負けたら掛け金を1増やし、買ったら掛け金を1減らすといったものです。攻めの投資手法というよりは守りの投資手法ということでグッドマン法に近い考えかもしれません。

これらの投資手法は、カジノなどのギャンブルでよく使われる手法ですので、バイナリーオプションといった金融投資に完全に当てはまらないものもあります。しかし戦略として知っておくことで、困った時に役に立つこともあるかもしれません。ぜひ知識として持っておきましょう。

ダイバージェンス

ダイバージェンスとは「逆行現象」と言われるもので、ローソク足とオシレーター系のインジケーターが実際の相場と逆に向かって動く状態のことを言います。通常はローソク足とインジケーターは連動して動くため、ローソク足が上昇するとインジケーターも上昇します。ただ、まれにローソク足が上昇したのにインジケーターが下降する、ローソク足が下降したのにインジケーターが上昇するといったことが起きることがあり、その状態をダイバージェンスと呼ぶわけです。

ダイバージェンスはトレンド転換の調教を示す指標となっているのですが、必ずしも転換が起きるものではありませんが、ダイバージェンスを見つけると相場を予測することができたりしますので、いつも意識しておくと良いでしょう。

倍プッシュ戦略(マーチンゲール法)に大きな期待はしない事

倍プッシュ戦略は投資をする意気込みとしてはぜひ活用したいものではありますが、倍プッシュを行い続けた場合にどうなるのか?どこまで倍プッシュを行うことができるのかといった自分の中での決めごとをしておいた上で活用することが重要です。倍プッシュを行い続けたとしてもどこかで資金が続かなくなりますので、無理のない範囲での倍プッシュ戦略を実践して利益に結び付けるようにしたいものです。

関連記事こちらの記事も人気です。