Zentrader(ゼントレーダー)は転売可能?

海外バイナリーオプションの「Zentrader(ゼントレーダー)」は、2018年より日本で展開する海外バイナリーオプションです。そんな海外のバイナリーオプション「Zentrader(ゼントレーダー)」では、転売という取引が行えるのですが、どのようなものなのでしょう?

今回はZentrader(ゼントレーダー)の転売について詳しくみていきたいと思います。

ZENTRADER(ゼントレーダー)の特徴

Zentrader(ゼントレーダー)は、2018年に日本でのサービスを開始した海外バイナリーオプションを運営するオンライン証券会社。設立以後、日本人トレーダーに対する利便性を強化しつつサービス拡大を行ってきました。会社名は「ZT Markets Limited, SVG IBC」で、同社によってZentrader(ゼントレーダー)は所有・運営されています。本社所在地は、セントビンセント・グレナディーン、キングスタウンジェームズ・ストリートファースト・セントビンセント銀行ビルの1階にあります。また、金融登録番号ですが、セントビンセント及びグレナディーン諸島の金融庁認証の、「Registrar of International Business Companies」における登録番号25071 IBC2018がそれにあたります。

Zentrader(ゼントレーダー)の取引形態

Zentrader(ゼントレーダー)には取引の形態が2種類用意されています。

クラシック

ゼントレーダークラシックでは、FXをはじめとして商品先物貴金属、貴金属、有価証券、株価指数の変動によって利益を得ることができます。このトレードは、設定期間によって判定されます。ゼントレーダークラシックでは、開始時間と終了時間が設定されています。商品によって160~190%のペイアウトを望むことが可能です。そのため、設定期間の柔軟性・便利さを好む短期トレーダーに適しています。

取引銘柄 外国為替、コモディティ、個別株、株価指数
ペイアウト率 最大1.9倍
取引時間 15分、30分、1時間、2時間、4時間

オンデマンド

ゼントレーダーオンデマンドは、トレーダーは30秒~5分間といった短期取引です。お好みの取引時間を選択することが可能となります。ゼントレーダークラシックとは異なり、取引実行後にタイマーがすぐにカウントをスタートさせます。オンデマンドは、商品によって180%~195%のペイアウトが望めます。短期に複数取引を実行するトレーダーにはオンデマンド取引が適しています。

取引銘柄 外国為替
ペイアウト率 最大1.95倍
取引時間 30秒、1分、3分、5分

Zentrader(ゼントレーダー)のバイナリーオプションにおける基本情報

プラットフォームの名称 ゼントレーダーオンライン取引
取引方法 クラシック/オンデマンド
取引環境 ウェブブラウザ版/Androidアプリ/PC版取引ツール(Windows/Mac
取引銘柄 外国為替/コモディティ/仮想通貨/個別株/株価指
取引可能時間 24時間365
レート配信元 FXCM社
基本通貨 米ドル/日本円/インドネシアルピア
最低取引額 5ドル/500/50,000ルピア
最大取引額 1,000ドル/10万円/10,000,000ルピア
取引限度額(1オプション) 10,000ドル/100万円/100,000,000ルピア
一度に購入可能な上限額(口座ごと) 25,000ドル/250万円/250,000,000ルピア

※ 最大取引額、1オプションごとの取引限度額、一度に購入可能な上限額(口座毎)は市況によります。また週末の取引時間中は下がる場合があります。

Zentrader(ゼントレーダー)の取引プラットフォーム

Zentrader(ゼントレーダー)はパソコンだけでなくタブレット・スマートフォンでも取引が可能です。ただし、アプリに関しては、iOS端末はありません。

ウェブブラウザ版

いつでも手軽に使えるダウンロード不要のウェブブラウザ版です。パソコン(Win/Mac)、タブレット、スマホ(Android/iOS)に対応しておりホームページから簡単にログインできます。

PC版取引ツール

フル機能のPC版取引ツールを今すぐダウンロード!WindowsとMacどちらにも対応しています。

Androidアプリ

Zentrader(ゼントレーダー)Androidアプリは、リアルタイムで市場の動きを確認し時間・場所を選ばず瞬時に取引可能です。

Zentrader(ゼントレーダー)の転売

まず、転売とは何なのか、簡単に説明しておきましょう。
「転売」とは、判定時刻を待たずに、保有するポジションを途中決済して利確・損切りを行うこの出来る機能を言います。Zentrader(ゼントレーダー)では転売によって、エントリーを行った後、判定時刻が来る前に「利益」もしくは「損失」を確定させることができます。相場状況によって利用できるタイミングは来たり来なかったりすることはあるものの、転売によって確実に利益を得られる(損失を押さえられる)ことがこの転売の最大の魅力です。そのため相場が思った通りになった、反対に相場の先行きが不安になった場合に、転売を検討することで、利益を確実に、損失を最小限に抑える事ができるようになります。

ただし転売のデメリットとして、判定時刻までポジションを保持するわけではないことから、通常の満期取引よりも、ペイアウト率は低くなってしまうことがマイナスポイント。多くの利益を得られるはずが少なくなってしまうわけです。

バイナリーオプションの転売タイミング

この転売ですが、いつまでできるのかというと、Zentrader(ゼントレーダー)の場合には締め切りの2分前まで途中売却が可能となっています。

バイナリーオプションの転売で勝利するためには

バイナリーオプションにおける転売は、利益を出しやすい取引方法の一つ。しかし、必ず勝てるという投資はもちろん世の中に存在しません。しっかりとした投資戦略を持って転売を行うことで転売による勝率を上げることはできます。通常、転売で利益を出すことができるのは、

  • 損切が出来る人
  • 場当たり的な取引を行わない人

といったように強い意志を持って取引を行っている人。バイナリーオプションで負けが多い人の特徴としては「どこかで必ず良い方向に反転するはず」といった気持ちを持ち続けるのではなく、スパッと損切りができる人にならなければ、バイナリーオプションに限らず、株やFXでも利益を出すことは難しいでしょう。

「転売は口座凍結される」という噂は本当か?

Zentrader(ゼントレーダー)で転売をしていると口座凍結されるという噂がネットなどに出回っているという話をよく聞きますが、実際には転売をすることでZentrader(ゼントレーダー)において口座凍結されるされることはありません。バイナリーオプションにおいて口座凍結される対象となるのは、スキャルピングやアービトラージ、自動売買、複数口座開設といったものです。ZENTRADER(ゼントレーダー)では、転売を行うことは認められた行為ですので安心してください。

関連記事こちらの記事も人気です。