Zentrader(ゼントレーダー)のデモ口座について徹底解説

Zentrader(ゼントレーダー)は、ΖΤ-Μαrkets-Limitedが運営するセントビンセントグレナディーン諸島に本社を置く海外バイナリーオプションです。2018年に設立されてまだ月日は経っていないですが、シンプルな画面と操作性の高いオンライン取引プラットフォームを提供しています。サイト自体は日本語化されているものの、日本語のレベルはあまり高くはありません。

そんな、Zentrader(ゼントレーダー)にて口座を開設しようと思った場合に、「いきなり始めるのはちょっと…」と感じる人もいることでしょう。そんな時にはデモ口座の利用からのスタートが最適です。

今回は、Zentrader(ゼントレーダー)のデモ取引(クイックデモ)について見ていくことにしましょう。

Zentrader(ゼントレーダー)の取引形態

Zentrader(ゼントレーダー)には取引の形態が2種類あります。

クラシック

ゼントレーダークラシックでは、FXをはじめとして商品先物貴金属、貴金属、有価証券、株価指数の変動によって利益を得ることができます。このトレードは、設定期間によって判定されます。ゼントレーダークラシックでは、開始時間と終了時間が設定されています。商品によって160~190%のペイアウトを望むことが可能です。そのため、設定期間の柔軟性・便利さを好む短期トレーダーに適しています。

取引銘柄 外国為替、コモディティ、個別株、株価指数
ペイアウト率 最大1.9倍
取引時間 15分、30分、1時間、2時間、4時間

オンデマンド

ゼントレーダーオンデマンドとは、トレーダーは30秒~5分間といった短期取引です。お好みの取引時間を選択することが可能となります。ゼントレーダークラシックとは異なり、取引実行後にタイマーがすぐにカウントをスタートさせます。オンデマンドは、商品によって180%~195%のペイアウトが望めます。短期に複数取引を実行するトレーダーにはオンデマンド取引が適しています。

取引銘柄 外国為替
ペイアウト率 最大1.95倍
取引時間 30秒、1分、3分、5分

Zentrader(ゼントレーダー)のバイナリーオプションにおける基本情報

プラットフォームの名称 ゼントレーダーオンライン取引
取引方法 クラシック/オンデマンド
取引環境 ウェブブラウザ版/Androidアプリ/PC版取引ツール(Windows/Mac
取引銘柄 外国為替/コモディティ/仮想通貨/個別株/株価指
取引可能時間 24時間365
レート配信元 FXCM社
基本通貨 米ドル/日本円/インドネシアルピア
最低取引額 5ドル/500/50,000ルピア
最大取引額 1,000ドル/10万円/10,000,000ルピア
取引限度額(1オプション) 10,000ドル/100万円/100,000,000ルピア
一度に購入可能な上限額(口座ごと) 25,000ドル/250万円/250,000,000ルピア

※ 最大取引額、1オプションごとの取引限度額、一度に購入可能な上限額(口座毎)は市況によります。また週末の取引時間中は下がる場合があります。

Zentrader(ゼントレーダー)の取引プラットフォーム

Zentrader(ゼントレーダー)はパソコンだけでなくタブレット・スマートフォンでも取引が可能です。ただし、アプリに関しては、iOS端末はありません。

ウェブブラウザ版

いつでも手軽に使えるダウンロード不要のウェブブラウザ版です。パソコン(Win/Mac)、タブレット、スマホ(Android/iOS)に対応しておりホームページから簡単にログインできます。

PC版取引ツール

フル機能のPC版取引ツールを今すぐダウンロード!WindowsとMacどちらにも対応しています。

Androidアプリ

Zentrader(ゼントレーダー)Androidアプリは、リアルタイムで市場の動きを確認し時間・場所を選ばず瞬時に取引可能です。

Zentrader(ゼントレーダー)のデモ口座

Zentrader(ゼントレーダー)は、仮想資金を使って取引を無料で体験できます。デモ口座開設フォームに名前とメールアドレスを入力するだけで簡単に始めることができ、面倒な手続きは一切不要です。

 

Zentrader(ゼントレーダー)デモ口座の特徴
  • 100万円の仮想資金の提供
  • すぐに利用可能
  • 投資情報をリアルタイムで表示

Zentrader(ゼントレーダー)でデモ取引を利用するメリット・デメリット

では、Zentrader(ゼントレーダー)の基本情報を見てきたところで、デモ取引(クイックデモ)を利用するメリットとデメリットについて見ていきましょう。

取引に慣れることができる

デモ口座を利用するメリットには、Zentrader(ゼントレーダー)の取引画面に慣れることができるという点があります。取引画面がどのようなものかは、通常は口座開設を行って実際に取引を行う状態でないと見れないことも多いです。

特に上記で紹介してきたように、バイナリーオプションは複雑な仕様となっており、字面だけで理解するのは難しく、実際に触ってみてどのような使い勝手かを試してみる必要があります。しかし、デモ取引を行うことで本物の資金を入金しなくても取引画面を確認して、操作感を試すことが可能となります。

多くの投資家のために用意されたデモ口座の取引シミュレーターはバイナリーオプション初心者だけのものではありません。経験豊富な投資家も取引手法の見直しであったり、新しいアイデアを試すためにデモ口座を使用しているようです。しかしデモでの取引がうまくいかず大負けしても一切損失を被ることはありません。

Zentrader(ゼントレーダー)のデモ口座は、証券だけでなく「インデックス」「通貨ペア」「株式」「コモディティ」「仮想通貨」といったさまざまな商品を取引することができます。

一方で、デモ口座のデメリットは以下のようなものがあります。

いくら勝っても利益にならない

デモ取引は、本物のお金を動かす取引ではありません。仮想資金を使用しての取引となるため、どんなに買って利益を出したとしても現実のお金として利用することはできません。そのため、ある程度操作感や画面に慣れたところで、できるだけ早く本物の取引を行うことが重要です。デモ取引で勝つことができれば、ある程度自信もついてリアル取引でも良い成果を出せるかもしれません。しかし、デモ取引で負けても一切自己資金がマイナスになることがないため、「負けてもいいや」ぐらいの感覚で取引を続けるようだと本気になることができずに、本番の取引でもいい加減な気持ちで臨んでしまいます。

リアル取引は現実にお金が増えたり減ったりするような緊張感がある取引の場。デモ口座という生ぬるい環境を主戦場にするのではなく、はやく本番に移行できるようにメンタルもリアル取引に向けていく必要があります。自分のお金を使って10万円の取引を行うのと、仮想口座資金100万円を使った取引の間には大きな溝があることは知っておくべきです。

関連記事こちらの記事も人気です。