theoptionに出金拒否された噂の真相

国が投資を推奨するようになり、投資に興味を持つ方が増えてきました。
そういった中で注目されているのがバイナリーオプションです。
バイナリーオプション取引をおこなっていくためにはバイナリーオプション業者を利用しなければいけないのですが、バイナリーオプション業者を選ぶ際には出金拒否についてもきちんと調べておく必要があります。
今回はバイナリーオプション業者としてよく名前の挙がるtheoptionの出金拒否についてお話ししていきたいと思います。

theoptionは確かに出金拒否の報告がある

theoptionについて調べていると、出金拒否の報告はいくつか見られます。
ただ、出金拒否の情報というのは基本的にどこのバイナリーオプション業者でも出てくるものです。
それにtheoptionの出金拒否については一部のユーザーが繰り返し繰り返し情報を拡散させようとしているようなケースも目立ちます。
もともとバイナリーオプション業者で発生する出金拒否というのはユーザー側が何かしらのルール違反をしてしまった結果として発生しているものが多いです。
出金拒否の報告があるからといって、それを理由にtheoptionを悪徳業者だと決めつけてしまうのは早計です。

theoptionで出金拒否にならないために理解すべきルールとは?

theoptionで出金拒否になった場合、ユーザー側が知らず知らずのうちにルール違反を犯している可能性が高いと考えたほうがいいでしょう。
theoptionで出金拒否にならないためにも、theoptionの基本的なルールをきちんと理解しておきましょう。

出勤前に本人確認書類を提出しておく

theoptionでは本人確認書類が提出されていない状態での出金は受理されません。
基本的にどこのバイナリーオプション業者でも出金前の本人確認書類の提出は必須なので、これはバイナリーオプション業者共通の基本ルールとして理解しておきましょう。
ちなみに、theoptionでは以下のように入金方法や入金額によって提出する本人確認書類が異なってきます。

 

クレジットカードで入金した場合
  • 顔写真付き身分証明書:運転免許証、パスポート、住民基本台帳、マイナンバーカード等の中から1点
  • 現住所確認書類(発行日(6ヶ月以内)・現住所・氏名が明記してある書類):公共料金明細書、携帯電話、カード会社等の請求書、住民票、健康保険証(有効期限、現住所印字のみ有効)等の中から1点
  • 入金時に利用されるクレジットカード表面の画像(カード番号前から12桁は隠して提出)
    決済承認契約書

 

bitwalletで入金した場合
  • 顔写真付き身分証明書:運転免許証、パスポート、住民基本台帳、マイナンバーカード等の中から1点
  • 現住所確認書類(発行日(6ヶ月以内)・現住所・氏名が明記してある書類):公共料金明細書、携帯電話、カード会社等の請求書、住民票、健康保険証(有効期限、現住所印字のみ有効 )等の中から1点
  • 決済承認契約書

 

入金方法に関係なく、合計入金額が20万円以上の場合
  • IDセルフィー

入金方法や入金額に応じて、必要な本人確認書類を間違いなく提出しておくようにしましょう。

本人確認書類を偽造してはいけない

先では本人確認書類の提出について触れましたが、本人確認書類の偽造は絶対におこなってはいけません。
theoptionでの出金拒否以前に、法に触れる行為です。
手元に自分のものがないからといって自分以外の誰かのものを拝借して手を加えるなどといったことは絶対におこなわないでください。

登録者と出金先口座の名義人は一致させておく

これもtheoptionに限らず、すべてのバイナリーオプション業者に言えることなのですが、登録者と出金先口座の名義人は必ず一致させておきましょう。
登録者と出金先口座の名義人が異なると出金拒否となります。
仮に、家族の口座であってもいけません。
登録者と出金先口座の名義人が異なる状態での出金を認めてしまうと、マネーロンダリングの温床となってしまいます
マネーロンダリング防止の観点からも絶対に必要となるルールです。

最低出金額を満たしておく

theoptionでは出金にあたって最低出金額というものを設けています。
theoptionの最低出金額は5000円なので、それを下回る金額を出金しようとしても出金拒否となります。
必ず最低出金額を満たしていることを確認した上で、出金をおこないましょう。

クレジットカードを乱用しない

クレジットカードの乱用もNGです。
自分以外の誰かが名義人になっているクレジットカードの使用はもちろん、有効期限の切れたクレジットカードを使おうとした場合もクレジットカードの乱用と見なされます。
また、一般的な利用からかけ離れた金額や利用回数などもクレジットカードの乱用にあたり、クレジットカードの現金化を疑われてしまいます。
注意しておきましょう。

取引をあまりしないまま出金しようとしない

theoptionに限らず、バイナリーオプション業者というのは基本的に入金額と取引額のバランスを見ているものです。
多額の入金をしているのにほとんど取引をしないまま出金しようとすると、マネーロンダリングを疑われてしまいます。
客観的に見て、不自然だと思われる可能性のあることはしないようにしましょう。

複数の口座を開設しようとしない

theoptionは基本的にひとりにつき開設できるのは、1つの口座までです。
ひとりで複数の口座を開設することは、認められていません。
theoptionでバイナリーオプション取引をおこなっていく中で「もうひとつ口座がほしいな」と思うことはあるかもしれませんが、だからといって裏技的に口座を開設しようとするのは絶対にNGです。
また、注意しておきたいのが同じインターネット環境を利用している同居人がいる場合です。
例えば、家族でそれぞれがひとりずつtheoptionを利用していたとしても、同居していて同じインターネット環境からアクセスしている場合、同一人物による複数の口座開設と見なされる可能性があります。
あまりないケースだとは思いますが、この点も注意しておきましょう。

theoptionで出金拒否になってしまったときの対処法

気を付けて利用していたつもりでも、出金拒否になってしまうことはあるでしょう。
もしtheoptionで出金拒否になってしまったときにはどうすればいいのでしょうか?
基本的にtheoptionで出金拒否になってしまった場合というのは、ユーザー側に原因があるケースがほとんどです。
まずは自分自身でひとつひとつを見直して改善できるところは改善し、それでもわからない場合には問い合わせをしましょう。
theoptionでは以下のように部署ごとにメールアドレスが異なりますので、注意しておいてください。

関連記事こちらの記事も人気です。