theoptionの出金方法にはどんなものがあるの?

theoptionで口座開設を行いたいと考えている投資家の方にとって、入出金方法はそのバイナリーオプションサービスを使うか使わないかの一つの基準となります。せっかく口座開設したのに、目当ての入出金方法がないため、面倒くさいと感じ、結局使わなくなったということは往々にしてあるようです。

今回は、theoptionの出金方法について、またそれと対になっている入金方法についても見ていきます。

theoptionの基本情報

theoptionとは、マーシャル諸島共和国に拠点を置くArktech Ltd.が運営する海外バイナリーオプション。日本進出は2018年からで、まだ数年ではありますが、すでに知名度もあり日本人投資家も参戦する人気のバイナリーオプションサービスとなっています。theoptionの主な特徴としては、ペイアウト率の高さがあります。バイナリーオプション初心者からプロトレーダーまで簡単に利用できる点から、使いやすさはハイローオーストラリアと並びトップクラスとの評判です。

theoptionの取引形態

そんなtheoptionの取引方法ですが、以下のような手順で行っていきます。

 

手順
  1. 取引オプション(ハイロー/スプレッドハイロー/短期)のいずれかを選択
  2. 取引したい原資産(例:EUR/JPY)を選択
  3. 判定時刻を選択します。HIGH(上)、LOW(下)どちらか予想したほうをクリックで選択します。
  4. 金額を入力し、「購入」ボタンをクリックすれば取引が完了です。

theoptionのプラットフォーム

theoptionは、バイナリーオプション初心者からプロフェッショナルなトレーダーまで、さまざまなレベルのトレーダーに評価の高いプラットフォームが搭載されています。なお、フィードはLightstreamer社経由FXCM社によるライブデータストリーミングが提供されています。

金融ライセンスを保有

theoptionでは、FIUによって金融機関として運営されている金融サービス分野より認可されたライセンス(運営ライセンス番号FFA000397)を保有しています。厳格な社内体制に加え、分別管理による資金管理を徹底することにより、お客様資金の安全と保護を最優先します。

スピーディーな出金対応

theoptionでは、すぐに資金が必要なトレーダーに向けて出金手続きを快適に行えるようにと、業界最少額での出金に対応。円滑な出金手続きや利益の引き出しのスムーズさが重視され、不当な出金拒否やペンディングタイムもなくできる限り迅速対応しています。

theoptionの取引オプション

theoptionの取引オプションは全部で3種類あります。

ハイロー

theoptionのトレンドトレーディング取引の中で最も一般的な取引オプションがハイローです。これは上がるか下がるかを予測し、予測が当たればアセットごとのリターン率(最大95%)が獲得できます。もしはずれた場合には、購入した分が損失となります。

スプレッドハイロー

スプレッドハイローは、スプレッドがあるハイローの取引オプションです。スプレッドとは「買値と売値にある差のこと」をいいますが、その差がある分リターン率が最大100%と高いのが特徴となっています。

短期

短期取引は、取引結果がすぐに出る時間がない時でも取引できるオプション。ハイローと同様に一般的なオプションです。短期オプションのリターン率は80%前後となっています。

theoptionの出金方法

一方の、theoptionの出金方法は現在のところ、「口座開設者本人名義による銀行口座への出金」「bitwallet口座への出金」2つのようです。クレジットカード入金は現在しておりません。

公式サイトには「出金方法はお選びいただけません。複数の方法でご入金されている場合の出金の振り分けは、自動的に振り分けられますのでご了承下さい。」と記載されており、入金段階で複数の方法で入金を行っている場合には、勝手に選ばれてしまいますので注意しましょう。

最低出金額

theoptionの出金においては、以下の最低出金額が決まっています。利益分の最低出金額は3,000円に減額されているので注意しましょう。

出金額の種類 可能額
最低出金額 5,000円から
利益分の最低出金額 3,000円から
入金額までの出金 制限なし

出金手数料について

theoptionでは「口座開設者本人名義による銀行口座への出金」「bitwallet口座への出金」ともに出金手数料は無料です。

なお、全く取引していない、もしくは取引額が入金額に満たない場合、著しく少ない取引回数でキャンペーンを悪用していると判断された場合、決済手数料として最低1,500円からの入金額、または出金額の最高10%が徴収されます。
口座凍結対象となった場合の出金においては、残高もしくは入金額から決済手数料(最低1500円~最高で10%)を差し引いた額の返金となります。

theoptionの入金方法

一方、theoptionの入金方法には、「クレジットカード入金」と「bitwallet(ewallet)即時決済サービス」が利用できます。

クレジットカード入金

theoptionではEprotections社の安全なewallet決済サービスが利用できます。これにより多彩なカード及び国内振込が可能です。最低入金額は5,000円となっています。

カード利用のケース

決済約定率がとても高い環境を実現し、快適にカード決済が行えます。現在のところ「VISA」「MaterCard」「AMEX」での入金が可能となっています。ちなみにbitwallet口座を未開設であっても、初回利用時にはワンタイム決済を利用することで安全なカード決済を無料で行えます。

国内振込のケース

国内の振り込みにおいては、三井住友銀行もしくはみずほ銀行への振込みにて、bitwallet口座へ資金チャージののち、サイト上から取引口座への即時入金手続きが可能となっています。

ステップ1.口座登録

(1) 口座未登録の方はbitwallet口座登録を行います
(2) フォームにお客様の情報を入力して登録手続きを行います。登録の際は必ずtheoptionの登録メールを入力しましょう。
(3) 個人用アカウント開設用リンクが登録メールに届きます。リンクから登録手続きを完了させましょう。

ステップ2.bitwallet口座へ入金

入金手数料:入金額の1%となります(例:5100円の振込でbitwallet口座反映が5049円)。三井住友銀行もしくはみずほ銀行へのお振込みでの入金が可能。振込手続き後、bitwallet口座への反映は当日もしくは翌営業日となります。

(1) メニューの「口座への入金」ページ下方から振込先銀行口座を確認します。
(2) ATM、オンラインバンキング等から振込手続きを行います。振込の際送金元名義(8桁の数字とローマ字の氏名、送金先口座情報の下方にて確認)の記入が必須です。
(3) 口座反映完了時に自動メールが届きます。この時点ではbitwallet口座への入金ステップとなっており、theoptionへの口座反映は未完了となっています。

ステップ3.theoption側のbitwallet口座への送金

(1) theoptionの入金画面より手続きを行います。
(2) 入金金額を入力後、「決定」ボタンをクリック。
(3) bitwalletの画面で「bitwallet口座をお持ちの方」をクリック、手続きを完了すると入金額が口座反映されます。

関連記事こちらの記事も人気です。