ザオプションで勝つためのチャート分析方法について

バイナリーオプションで勝つためには、エントリータイミングが非常に重要です。

適切なエントリーのタイミングを図るには相場分析が非常に重要になります。相場をしっかり読むことができれば、バイナリーオプションの勝率は格段に上がるでしょう。

しかし、相場分析といわれても、特にバイナリーオプション初心者の方はどうやってやればいいのか迷うと思います。そこで今回はバイナリーオプション初心者の方にも簡単に行うことができる相場分析方法について紹介します。ザオプションで使えるテクニカル指標を中心に説明しますので参考にしてください。

バイナリーオプションの主な相場分析方法は2つ!

バイナリーオプションの相場分析方法は主に2つあります。

バイナリーオプションの相場分析方法
  • ファンダメンタルズ分析
  • テクニカル分析

それぞれの相場分析方法についてわかりやすく説明します。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、経済の基礎的要素を分析する相場分析方法です。経済の基礎的要素とは、GDPや雇用の状況・再生状況等のことを指します。

経済が好調なのか不調なのかを判断するために必要な経済の基礎要因を分析することによって、今後の為替の動きを予想するのです。

ファンダメンタルズ分析は、短期の相場分析には向きません。なぜなら短期的には、経済の状況とは別の方向に動くことが多々あるからです。ファンダメンタルズ分析が力を発揮するのは、中長期の相場分析になります。

短期的には、経済の状況とは別の方向に動くことがあっても、中長期的な相場は、経済の基礎的要因に合わせて動くことが一般的だからです。

ファンダメンタルズ分析を行う際に重要なのが雇用統計や政策金利などの経済指標になります。経済指標をしっかり分析し、知識として蓄えておけば、中長期的な相場を読む事は実はそんなに難しくありません。

短期で利益を出したい方には向いていない手法ではありますが、中長期的に利益を狙いたい方には、比較的簡単に行うこともできるので、ファンダメンタルズ分析は非常におすすめの手法といえるでしょう。

ただしバイナリーオプションは短期での相場分析が重要なのでファンダメンタルズ分析はあまり役にたたないかもしれませんね。全体の相場環境を把握する程度に利用しましょう。

テクニカル分析

テクニカル分析とは、過去の値動きをチャートで表して、チャートからトレンドやパターンなどを把握し、今後の為替動向を予想するものになります。

ファンダメンタルズ分析に比べるとテクニカル分析はバイナリーオプション初心者の方は、ハードルが高いと思われるかもしれません。確かにテクニカル分析を行うためには、テクニカル指標というものを使う必要があります。

テクニカル指標とは、過去のレートのデータを基にした数値でテクニカル分析に用いる指標のことです。テクニカル指標は、チャート上にラインなどを用いて表示させ、視覚的に把握しやすいものが一般的です。言葉で書くと難しいですが、実際に使ってみるとそんなに難しいものではありません。しかし、多くのバイナリーオプション初心者はテクニカル分析を敬遠します。

なぜなら、言葉が難しいからです。言葉が難しいからといってテクニカル分析を行わずファンダメンタルズ分析ばかり行う事は決して得策ではありません。なぜなら、バイナリーオプションで利益を出している大抵のトレーダーはテクニカル分析を行っているからです。

バイナリーオプションに限らず勝負に勝つためには、使っていいものはフルに使う事が鉄則ですよね?

テクニカル分析で用いられるチャートの節目は損切り・利益確定のめどになりやすく結果的にその水準を超えるかどうかが市場の注目を集めることが多いです。

そういった意味でも、最低限メジャーなテクニカル指標について知っておかないと損をしてしまいます。もちろんテクニカル分析は、100%当たるものではありません。

しかし、テクニカル分析を行うことができればバイナリーオプションの勝率を飛躍的に上げることができるでしょう。

テクニカル分析を行うためのテクニカル指標には様々な種類がありますが、今回はバイナリー初心者の方でも使えるテクニカル指標についていくつか取り上げます。

これから取り上げるものは、バイナリーオプション初心者の方でも使えるものですし、バイナリーオプション上級者の多くの方も使っているものです。

とりあえず、これからあげるものを覚えておけばテクニカル分析で大きく困る事はないでしょう。

テクニカル指標は、2つに分かれる

テクニカル指標は、種類によって2つに分けることができます。

テクニカル指標の種類
  • トレンド系
  • オシレーター系

トレンド系・オシレーター系についてわかりやすく説明しますね。

トレンド系

トレンド系のテクニカル指標とは、マーケット全体なの方向性(トレンド)を見極めることを目的とした順張り型のテクニカル指標のことです。

トレンド系のテクニカル指標には様々な種類がありますが、今回は2つ紹介します。

  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド

代表的なトレンド系のテクニカル指標についてわかりやすく説明しますね。どちらもザオプションでは利用できますので安心してくださいね。

 

移動平均線

移動平均線という指標は、最も単純でメジャーなテクニカル指標になります。為替の値動きは頻繁に変動しますので、為替の値動きをいたずらに追っていくだけでは大きな流れが掴みにくいですよね?

そのため、ある一定期間、例えば数日間の価格の平均値を結びそれを線として描くことにより、為替の動きは上昇トレンドなのか下落トレンドなのかを示すのが移動平均線です。

移動平均線には、通常、終値を使います。5日の移動平均であれば当日の終値から数えて5日分の終値を合計5で割れば当日の5日平均値になります。この平均値を毎日求め、線として結べば移動平均線になります。

 

では、この移動平均線はどのように使うのでしょうか?移動平均線は、トレンドをつかむのに非常に役に立ちます。移動平均線は先ほど説明したローソク足チャートと組み合わせることによってトレンドをつかむことができるのです。

 

  • 上昇トレンド…移動平均線が上向きでかつローソク足チャートが移動平均線より上に推移している時
  • 下降トレンド…移動平均線が下向きでかつローソク足が移動平均線より下に推移している時
  • レンジ相場…移動平均線が横ばいでローソク足チャートも移動平均線の上下を行き来してるような時

このように、移動平均線は、現在のトレンドをつかむのに最適なテクニカル指標といえるでしょう。

しかも、移動平均線は簡単に使うことができますので、バイナリーオプション初心者の方も抵抗なく利用することができるかと思いますよ。また、移動平均線を使うことによって、エントリーするタイミングを掴むこともできます。移動平均線を使う代表的な取引手法は、ゴールデンクロスとデッドクロスです。

ゴールデンクロス・デッドクロスともに短期と中期の二本の移動平均線を用いて2本の位置関係をもとにトレンド転換を分析する手法になります。

ゴールデンクロス

ゴールデンクロスとは、短期の移動平均線が中期の移動平均線を下から上に上抜けたときのことです。ゴールデンクロスが出ると、当面上昇相場は続くとみられますので、絶好のエントリーのタイミングといえるでしょう。

デッドクロス

デッドクロスとは短期の移動平均線が中期の移動平均線を上から下に下抜けたときのことです。デッドクロスも、一度起こると当面下降相場続くといれていますので、売りでエントリーするには絶好のタイミングといえるでしょう。

ゴールデンクロスやデッドクロスは、移動平均線を使うことにより比較的簡単に見つけることができますので、FX初心者の方でも充分見つけることができます。しかし、ゴールデンクロスやデッドクロスは頻繁に出るものではないので、じっくりとチャートを見る必要はあります。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、移動平均線をもとに統計的なアプローチにより相場の反転や保ち合い・放れを判断する指標です。移動平均の上下につけた帯状の範囲内に収まる確率をもとに順張り・逆張り双方に使うことができるテクニカル指標になります。

移動平均線の中心の上下に、1標準偏差(1σ)、2標準偏差(2 σ)のバンドを描くチャートを表すことができます。通常は、中心に20一日移動平均線上下にそれぞれ+2σ、+1σ、− 1σ、− 2σの合計5本の先を表示しています。

  • +1σから− 1σに価格が存在する確率は68.3%
  • +2σから− 2σに価格が存在する確率は95.5%

となります。

これを実際の取引に用いる場合は、上記の確率論をもとに、+2σに価格が来たときにレンジの上限とみなして、売りの注文を出すのです。

逆に− 2σに価格が来たときにレンジの下限とみなし買いを入れます。+2σから− 2σに価格が存在する確率は95.5%なのでかなり高い確率で、取引することができると思いませんか?ボリンジャーバンドは、視覚的にも非常にわかりやすいのでFX初心者の方でも問題なく使うことができるでしょう。

オシレーター系

オシレーター系のテクニカル指標とは、現在のトレンドの強さや過熱感などの変化の大きさや兆しを知るためにあるテクニカル指標です。オシレーター系のテクニカル指標を使えば、トレンドの強さや過熱感などを知ることができます。オシレーター系のテクニカル指標にも様々な種類がありますが、今回はバイナリーオプション初心者の方にも使いやすいRSIについて説明します。

RSIとは?

RSIとは、相対的指数といわれるものです。一定期間における価格の変動幅から相場の「買われすぎ」「売られすぎ」をパーセンテージで表したテクニカル指標になります。RSIで一般的に用いられる期間は、14日が多く他には9日・11日などもあります。

買われすぎ、売られすぎの水準はそれぞれ80%・20%、75%・25%、70%・30%がよく用いられます。ローソク足チャートと並べて見比べると、RSIが買われすぎ売られすぎのラインに近づくにつれ相場が反転しやすくなる傾向にあります。

例えば、30%以下で反転したときに買い、70%以上で反転したときに売りと判断することができます。

このように、RSIは、逆張り的な売買指標として使われるのです。RSIは、表示させると数字が出てくるので簡単に判断することができます。FX初心者の方でも十分使いこなすことができるでしょう。

まとめ

今回は、バイナリーオプションのテクニカル分析について説明しました。テクニカル分析は、ファンダメンタルズ分析に比べるととっつきにくいところがあると思います。

しかし、テクニカル分析を知らずしてバイナリーオプションで勝つことは相当難しいでしょう。なぜならバイナリーオプションで勝っているトレーダーの多くはテクニカル分析を使っているからです。有効な武器を使うことができなければFXに限らずどんなゲームでも勝つことができません。

今回紹介したテクニカル指標は、バイナリーオプション初心者の方でも比較的使いやすいものばかりです。しかも使いやすいばかりではなく、非常に信頼できるテクニカル指標になります。これらのテクニカル指標が利用できるザオプションで大きな利益を狙っていただければ幸いです。

 

関連記事こちらの記事も人気です。