theoptionの日本語対応は許容範囲か?

バイナリーオプションについて調べていると、多くの方が海外バイナリーオプション業者を利用しているものです。
実際に海外バイナリーオプション業者を利用するメリットは多いのですが、やはり言葉の壁があります。
海外バイナリーオプション業者を利用する際には、日本語対応についてしっかりとチェックしておきましょう。
今回は海外バイナリーオプション業者の中でも知名度が高く、ユーザー数の多いtheoptionの日本語対応について、情報をまとめていきたいと思います。

theoptionの基本情報

まずはtheoptionの基本情報から見ていきましょう。
theoptionはトレンドトレーディング取引を安全、公平に取引できるように最善を尽くしている海外バイナリーオプション業者です。
業界一のハイペイアウト率に加え、登録前のフリーデモ体験、資金の分別管理、安心の国内銀行送金、スピーディーな出金と魅力的な条件が揃っています。
theoptionの公式サイトでは会社概要として、以下のような情報が公開されています。

会社名 Arktech Ltd.
所在地 Trust Company Complex, Ajeltake Road, Ajeltake Island, Majuro, MH96960 Republic of Marshall Islands
連絡先 info@theoption.com
事業内容
  • 外国為替およびトレンドトレーディング仲介業務
  • インターネット上で行う外国為替およびトレンドトレーディング取引に関する業務
  • 外国為替およびトレンドトレーディングの売買・媒介業務
  • 外国為替に関する情報提供サービス
ライセンス Alphabrex OÜ : No. FFA000397

theoptionの公式サイトにおける日本語対応

では、さっそくですがtheoptionの日本語対応について見ていきたいと思います。
まずチェックすべきは、公式サイトです。
おそらく「theoption」で検索して、公式サイトにアクセスすると最初から日本語対応になっているかと思います。
もし日本語対応になっていない場合には公式サイトの下のほうにあるタブを操作して、日本語を選択してください。
Theoptionについては公式サイトの仕様がわかりにくいといって声も見受けられるのですが、公式サイトの日本語対応に関してはほぼ完璧だと思います。
サイトの仕様については特別に不便というわけではないですし、こればかりは慣れるしかありません。

theoptionのサポートにおける日本語対応

次は、theoptionのサポートにおける日本語対応についてです。
theoptionではサポートも日本語対応となっていますので、日本語で問い合わせをすれば日本語で返事をもらうことができます。
Theoptionでは、以下のようにいくつかの問い合わせ方法が用意されています。

問い合わせフォーム 公式サイトの問い合わせフォームから必要な情報を入力し、送信

※問い合わせフォームからの送信自体は24時間対応

メール support@theoption.comへメールを送信

※メールの送信自体は24時間対応

チャット 公式サイトのチャットのアイコンから問い合わせ

それぞれの使い方についても詳しく見ておきましょう。

問い合わせフォーム

theoptionの公式サイトから問い合わせフォームのページに移動し、情報を入力していきます。

氏名 名前を入力
メールアドレス メールアドレスを入力
内容 問い合わせ内容をできるだけ詳しく入力

情報の入力が完了したら「送信」のボタンをクリックしましょう。
あとはtheoptionからの返事を待つだけです。

メール

メールでの問い合わせの場合、「support@theoption.com」へメールを送信すればいいのですが、実はメールでの問い合わせの場合、もう少し細かい分類があります。
具体的には以下の通りです。

一般的なお問合せ info@theoption.com
取引に関するお問合せ support@theoption.com
書類に関するお問合せ compliance@theoption.com
決済に関するお問合せ accounts@theoption.com

一応、問い合わせ内容に合わせて問い合わせ先のメールアドレスを変更するようにしましょう。
どの宛先であっても、基本的にわかりやすい件名と本文を心がけるようにしてください。

チャット

パソコンからのアクセスの場合、theoptionの公式サイトの右下のほうにチャットアイコンが表示されているかと思います。
営業時間は平日の16時から23時までとなっており、営業時間であれば通常の返信までの目安時間まで表示されています。
「メッセージを送信」をクリックし、問い合わせ内容を入力していきましょう。
データの添付などもできますので、必要に応じて添付をおこなってください。
あとは、theoptionからの返事を待つだけです。

theoptionの利用にあたって注意しておきたいこと

Theoptionの日本語対応についてお話ししてきましたが、公式サイトにしてもサポートにしてもtheoptionの日本語対応はほぼ完璧と言っていいでしょう。
ただし、そんなtheoptionであっても利用にあたっては注意しておきたいことがあります。
それがルール違反による口座凍結です。
Theoptionの公式サイトには、以下のような記載があります。

口座が凍結されているようです。なぜですか?

以下の事由に一つでも該当すると判断された場合、口座が強制的に解約/閉鎖されます。トレーダー様ご本人に故意がなかった場合でも以下のいずれかに該当すると判断された場合には意思に関係なく当社のマネージメントポリシーにより今後取引頂けなくなる場合がございます。口座閉鎖対象となった場合のご出金では残高(入金額以内)若しくは入金額から決済手数料(最低1500円~最高10%)を差し引いた額を返金する形となります。利益分は出金をすることはできません。尚、お取引目的ではないと見受けられるようなクレジットカード乱用などの事例が確認され、システムやサービスの乱用と判断された場合、500円~最高10%の決済手数料を請求する権利を有します。

  • マーケットの動きに対してレートの遅延やフロントランニングを狙ったと見受けられる不自然な取引
  • システムの乱用を狙った構成の自動売買取引ツールを購入の上お取引された場合
  • 取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合やクレジットカードの乱用と判断された場合
  • 本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合、また必要書類の提出を拒否した場合
  • 重複口座が確認された場合(全ての口座を解約することがあります)※グループ取引含む
  • 第三者に成りすまして別名義の取引口座が確認された場合、また同一IPアドレスもしくは単一のデバイスから複数の取引口座へのログインが確認された場合
  • マーケットプライスの上下の予測に基づいていない不自然な手法での取引を行ったと判断された場合
  • 第三者カード(家族名義含む)を利用された場合
  • お取引目的ではないと見受けられる口座利用を行ったとみなす場合

せっかく日本語対応がほぼ完璧なtheoptionで口座を開設しても、口座凍結になってしまうとすべてがおしまいです。
ルール違反にならないように、またそれを疑われないように利用していきましょう。

関連記事こちらの記事も人気です。