theoption(ザオプション)は転売が可能?

海外バイナリーオプションの「theoption(ザオプション)」とは、2018年より日本で展開する海外バイナリーオプションで「Arkteck Ltd.」という企業が運営を行っています。金融ライセンスも所得しており安心安全なバイナリーオプションとして、徐々に日本でもその知名度を高めてきています。

そんな海外のバイナリーオプションtheoption(ザオプション)」では、転売という取引が行えるのですが、どのようなものなのでしょう?

今回はtheoption(ザオプション)の転売について詳しくみていきたいと思います。

theoption(ザオプション)の基本的な特徴

theoption(ザオプション)とは、マーシャル諸島共和国に拠点を置くArktech Ltd.が運営する海外バイナリーオプション。日本進出は2018年からで、まだ数年ではありますが、すでに知名度もあり日本人投資家も参戦する人気のバイナリーオプションサービスとなっています。theoption(ザオプション)の主な特徴としては、ペイアウト率の高さがあります。バイナリーオプション初心者からプロトレーダーまで簡単に利用できる点から、使いやすさはハイローオーストラリアと並びトップクラスとの評判です。

theoption(ザオプション)の最新プラットフォーム

theoption(ザオプション)は、バイナリーオプション初心者からプロフェッショナルなトレーダーまで、さまざまなレベルのトレーダーに評価の高いプラットフォームが搭載されています。なお、フィードはLightstreamer社経由FXCM社によるライブデータストリーミングが提供されています。

金融ライセンスを保有

theoption(ザオプション)では、FIU (Estonian Financial Intelligence Unit)によって金融機関として運営されている金融サービス分野より認可された金融ライセンス(運営ライセンス番号FFA000397)を保有しています。厳格な社内体制に加え、分別管理による資金管理を徹底することにより、お客様資金の安全と保護を最優先します。

スピーディーな出金対応

theoption(ザオプション)では、すぐに資金が必要なトレーダーに向けて出金手続きを快適に行えるようにと、業界最少額での出金に対応。円滑な出金手続きや利益の引き出しのスムーズさが重視され、不当な出金拒否やペンディングタイムもなくできる限り迅速対応しています。

theoption(ザオプション)の取引形態

そんなtheoption(ザオプション)の取引方法ですが、以下のような手順で行っていきます。

 

手順
  1. 取引オプション(ハイロー/スプレッドハイロー/短期)のいずれかを選択
  2. 取引したい原資産(例:EUR/JPY)を選択
  3. 判定時刻を選択します。HIGH(上)、LOW(下)どちらか予想したほうをクリックで選択します。
  4. 金額を入力し、「購入」ボタンをクリックすれば取引が完了です。

theoption(ザオプション)の取引オプション

theoption(ザオプション)の取引オプションは3つ用意されています。

ハイロー

theoption(ザオプション)のトレンドトレーディング取引の中で最も一般的な取引オプションであるハイロー。上がるか下がるかを予測し、予測が当たればアセットごとのリターン率(最大95%)が獲得できます。もし負けた場合には、購入した分が損失となります。

スプレッドハイロー

スプレッドハイローは、スプレッドがあるハイローの取引オプションです。スプレッドとは「買値と売値にある差のこと」をいいますが、その差がある分リターン率が最大100%と高いのが特徴です。

短期

短期取引は、取引結果がすぐに出る時間がない時でも取引できるオプション。ハイローと同様に一般的なオプションです。短期オプションのリターン率は80%前後となっています。

theoption(ザオプション)の転売とは?

まず、転売とは何なのか、簡単に説明しておきましょう。
バイナリーオプションの「転売」とは、判定時刻を待たずに、保有するポジションを途中決済して利確・損切りを行うこの出来ることを言います。theoption(ザオプション)では転売によって、エントリーを行った後、判定時刻が来る前に「利益」もしくは「損失」を確定させることが可能です。転売によって確実に利益を得られる(損失を押さえられる)ことがこの転売の最大の魅力です。

ただし転売のデメリットとして、判定時刻までポジションを保持するわけではないことから、通常の満期取引よりも、ペイアウト率は低くなってしまうことがマイナスポイント。多くの利益を得られるはずが少なくなってしまうわけです。さらに転売を行う際には、ぎりぎりのタイミングだと約定されないケースがありますので、できるだけ余裕を持って転売を行うようにしておき魔手。

バイナリーオプションの転売タイミング

この転売ですが、いつまでできるのかというと、theoption(ザオプション)の場合には判定時間の1分前まで途中売却が可能となっています。よって2分以上の取引であれば転売が行えます。30秒、1分の短期取引では転売はできません。

「転売は口座凍結される」という噂は本当か?

theoption(ザオプション)で転売をしていると口座凍結されるという噂がネットなどに出回っているという話をよく聞きますが、実際には転売をすることでtheoption(ザオプション)において口座凍結されるされることはありません。バイナリーオプションにおいて口座凍結される対象となるのは、スキャルピングやアービトラージ、自動売買、複数口座開設といったものです。theoption(ザオプション)では、転売を行うことは認められた行為ですので安心してください。

バイナリーオプションの転売で勝利するためには?

バイナリーオプションにおける転売は、利益を出しやすい取引方法の一つ。転売は「利確」と「損切り」がFXではなくバイナリーオプションで可能となっているので、FXを行っている方であれば比較的取り組みやすい取引ではないかと思われます。

転売で勝つために注意すべき点ですが、転売、転売とやたら転売を意識しすぎない事です。転売は前述のように損失を減らせる手法ではありますが、ペイアウト率は確実に下がってしまうものですので、結果的にあまりメリットを感じないということ起きる可能性があります。もし転売しなければ利益をもっと出せたのに、と後悔するようであれば、転売をしないほうが良いかもしれません。

また、転売を行う際には事前にデモ取引を行うようにしましょう。いきなり転売を行うのはリスクが高く、仮想資金を使っての練習は必ず必要です。デモ取引であれば、どのタイミングで攻めが仕掛けられるか、守りに入るかを実践で体験できます。ただし、自己資金を使っていないというメンタル面での弱さはいかんともしがたいので、デモ取引は早々に引き上げてリアル取引に移行していくようにしましょう。

関連記事こちらの記事も人気です。