theoption登録口座を開設する4つのステップ

投資というものが当たり前の選択肢となっていく中で、今まさにバイナリーオプションを始めようとしている方もいるかと思います。
せっかくバイナリーオプションを始めるのであれば、ある程度は知名度のあるバイナリーオプション業者で口座を開設したいという方も多いでしょう。
そういった方におすすめなのがtheoptionです。
今回はtheoptionで登録口座を開設するにあたっての手順について詳しくお話ししていきましょう。

theoptionで登録口座を開設する手順

さっそくですが、theoptionで登録口座を開設する手順について見ていきましょう。
theoptionでは以下の5つのステップで登録口座を開設していくことになります。

ステップ1 Zentraderの公式サイトへアクセスする
ステップ2 口座開設に必要な情報の入力をする
ステップ3 メールアドレスの確認をする
ステップ4 個人情報の入力と本人確認書類の提出をする

Zentraderでの登録口座の開設にあたって、ひとつひとつのステップについてさらに詳しく見ていきましょう。

ステップ1:Zentraderの公式サイトへアクセスする

まずは、Zentraderで登録口座を開設するためにZentraderの公式サイトへアクセスしてください。
パソコンからZentraderの公式サイトへアクセスすると「無料登録はこちら」「登録」「今すぐ登録」など登録口座の開設のページへと進むボタンがいくつも用意されているかと思います。
Zentraderのように知名度のあるバイナリーオプション業者だと偽サイトが出ている可能性もありますので、必ずZentraderの公式サイトであることを確認した上で登録口座の開設のページへと進んでください。

ステップ2:口座開設に必要な情報の入力をする

Zentraderの公式サイトにアクセスしたら、口座開設に必要な情報を入力していきます。
具体的には以下のような情報を入力していくことになります。

居住国 該当するものを選択
苗字を漢字で入力
下の名前を漢字で入力
メールアドレス メールアドレスを入力
パスワード 最低8桁で、大文字・小文字・数字を含めたもの
パスワード再確認 確認のためパスワードを再入力
言語 該当するものを選択
生年月日 生年月日を入力
携帯電話 携帯電話の番号を入力

情報を入力したら、以下のチェックボックスにもチェックを入れます。

□ゼン・トレーダー取引口座に関する利用規約(顧客契約書)を確認・精読・理解の上、同意します。

こういったチェックボックスへのチェックにあたっては、中身をあまり確認しないまま流れ作業のように進めてしまう方も多いでしょう。
ただ、記載の通り、確認・精読・理解の上の同意でないと意味がありません。
利用規約(顧客契約書)の確認・精読・理解によって、Zentraderでの出金拒否や口座凍結のリスクをぐっと抑えられるようになります。
利用規約(顧客契約書)の確認・精読・理解の上でチェックボックスにチェックを入れたら、「ご登録」のボタンをクリックしてください。

ステップ3:メールアドレスの確認をする

「ご登録」のボタンをクリックすると、以下のようなメッセージが表示されます。

ご登録いただき、誠にありがとうございます。ご登録のメールアドレスに、確認用のメールをお送りいたしました。メール内のURLをクリックいただくことで、仮登録が完了いたします。

Zentraderからのお知らせメールを確実に受信するために、Zentraderのドメイン「@zentrader.com」を受信リストへ追加しておくと安心です。
また、Zentraderから以下のようなメールアドレスの確認メールが届きます。

 

件名 メールアドレスのご確認

本文 ○○様
このたびは、ゼン・トレーダーにご登録いただき、誠にありがとうございます。登録していただいた方に「メールアドレスのご確認」のお手続きをお願いしております。
以下のURLにアクセスいただき、メールアドレスをご確認ください。

この本文の下にURLが表示されているかと思いますので、それをクリックします。
これでメールアドレスの確認が完了となります。

ステップ4:個人情報の入力と本人確認書類の提出をする

メールアドレスの確認が完了すると、今度は口座開設申込受付のお知らせがメールで届きます。
具体的には以下のようなメールです。

 

件名 【重要】口座開設申込受付のお知らせ

本文 ○○様
このたびは、ゼン・トレーダー口座開設のお申し込みをいただき、誠にありがとうございます。
以下のURLより管理画面にログインして、お客さま情報をご入力いただき、顔写真付きの身分証明書1点、現住所確認書類1点の計2点をご提出ください。本人確認書類は、一定の要件を満たすものに限ります。

この本文の下にURLがあり、そのURLにアクセスするとZentraderの管理画面にログインできます。
管理画面から「個人情報」をクリックし、郵便番号、都道府県、市区町村・丁目、それ以降の住所を入力してください。
さらに、「ファイルを選択」というボタンをクリックし、必要な書類のアップロードをおこなっていきます。
以下のものが本人確認書類として有効となります。

顔写真付きの身分証明書 パスポート、運転免許証、個人番号カード(マイナンバーカード)、在留カード、特別永住者証明書などの官公庁が発行した顔写真付きの身分証明書

※コピーは不可で、有効期限内の原本に限る

現住所確認書類 公共料金、電気、水道、NHK、ガスの領収書、国税・地方税の領収書、保険料の領収書、納税証明書、住民票の写し、員会証明書など登録情報と現住所が一致するもの

※コピーは不可で、発行日または領収日から6ヶ月以内の原本に限る

アップロードが完了したら、「ファイルを選択」のボタンの右横に「承認待ち」という表示が出ます。
もしアップロードができない場合には、画像を添付した上でZentraderのサポートへ直接送りましょう。
口座開設が完了すると、その旨を知らせるメールがZentraderから届きます。

 

件名 口座開設完了のお知らせ

本文 ○○様
おめでとうございます!
お客様の口座開設が完了いたしましたので、お知らせいたします。
ゼン・トレーダーへのログイン情報を下記に記載致しますので、ご確認の程よろしくお願い致します。ログインすると、全ての機能がご利用いただけます。

この本文の下にログイン情報として、ユーザー名やパスワードが記載されています。
これでZentraderでの登録口座の開設は完了となります。

Zentraderで登録口座を開設できないケース

最後に、Zentraderで登録口座を開設できないケースについてもいくつかピックアップしておきたいと思います。
Zentraderでは以下の場合、口座開設ができないと明記しています。

 

口座開設できないケース

1 居住地国が一定の国のお客さま
2 すでに口座をお持ちの方
3 当社の法務・コンプライアンスチームの判断
4 お客さまが18歳未満である場合
5 本人確認ができない場合

日本に住んでいる18歳以上の方で、初めての口座開設かつ本人確認ができれば基本的には問題はありません。

関連記事こちらの記事も人気です。