ザオプションは儲かるのか?儲ける方法を徹底解説!

ザオプションは最大ペイアウト率が230%など様々な特徴があり、利益が出しやすい海外バイナリーオプション業者として非常に有名です。

ザオプションについて、インターネットで調べてみると、大きな利益を上げたといった内容の口コミをたくさん見かけます。しかし、そのような口コミを見ると、本当にそんなに利益が出せるのか疑問に思う方も多いはずです。

そこで今回は、「ザオプションが本当に儲かるのかどうか」について説明をします。わかりやすく解説をしますので、ぜひ参考にしてください。

ザオプションが儲かる主な理由は5つ!

ザオプションが儲かるといわれている主な理由は5つあります。

ザオプションが儲かる理由
  • 圧倒的なペイアウト率
  • 出金手数料が無料
  • 1取引につき20万円までトレードできる
  • 取扱銘柄が豊富なので選択肢が多い
  • 判定時間が短い

それぞれの理由についてわかりやすく説明をします。

圧倒的なペイアウト率

ザオプションのペイアウト率は以下の通りです。

最低ペイアウト率 最高ペイアウト率
ハイロー 177% 196%
スプレッドハイロー 200% 200%
短期 177% 200%
スプレッド短期 200% 230%

いかがでしょうか?特に国内のバイナリーオプション業者を使っている人から見ると衝撃的に高いペイアウト率だと思います。

当然、ペイアウト率が高ければ高いほど効率的に利益を出せますので、ペイアウト率が高いのはザオプションが利益を出しやすいといわれる所以でしょう。

出金手数料が無料

ザオプションでは、銀行振込とbitwallet、クレジットカードでの出金ができます。

どの出金方法でも手数料は無料なので安心して取引が可能です。業者によっては非常に高い手数料がかかる場合もありますので、大きなメリットになるでしょう。やはり各種手数料が安いのは非常に大きなメリットです。無駄なコストがかからないのも、ザオプションが利益を出しやすいといわれる理由になるでしょう。

1取引につき20万円までトレードできる

ザオプションでは1取引につき20万円まで取引ができます。1回あたり大きな金額でトレードできるので、その分、効率的に利益を上げられます。1取引のトレード金額が大きいのもザオプションが利益を出しやすいといわれる大きな理由になります。

取扱銘柄が豊富なので選択肢が多い

ザオプションは取り扱い銘柄が非常に豊富です。

なんと18種類の通貨ペアから取引ができます。ザオプションで利用できる通貨ペアや銘柄についてまとめておきました。

銘柄 ハイロー スプレッドハイロー 短期 スプレッド短期
AUD/JPY(オーストラリアドル/円)
AUD/NZD(オーストラリアドル/ニュージーランドドル)
AUD/USD(オーストラリアドル/米ドル)
EUR/AUD(ユーロ/オーストラリアドル)
EUR/CHF(ユーロ/スイスフラン)
EUR/JPY(ユーロ/日本円)
EUR/USD(ユーロ/米ドル)
GBP/CAD(ポンド/カナダドル)
GBP/JPY(ポンド/円)
GBP/USD(ポンド/米ドル)
NZD/JPY(ニュージーランドドル/円) ×
NZD/USD(ニュージーランドドル/米ドル) ×
USD/CAD(米ドル/カナダドル)
USD/CHF(米ドル/スイスフラン)
USD/JPY(米ドル/円)
GOLD(ゴールド)
SILVER(シルバー) × ×
BITCOIN(ビットコイン) × × ×

いかがでしょうか?かなりたくさんの通貨ペアや銘柄から選択できるのがわかるでしょう。通貨ペアや銘柄によって値動きは大きく異なります。ご自身にとって得意な通貨ペアや銘柄がある方は多いはずです。

豊富な選択肢から通貨ペアや銘柄を選べるのは利益を出しやすい大きな理由になります。

判定時間が短い

ザオプションの判定時間は以下の通りです。

ハイロー スプレッドハイロー 短期 スプレッド短期
5分 5分 30秒 30秒
60分 60分 1分 1分
23時間 2分 2分
3分 3分
5分 5分

国内バイナリーオプションに比べると、かなり時間が短いのがわかるはずです。

為替相場の動きは短い時間であればあるほど正確に読みやすくなります。判定時間が短いのもザオプションが利益を出しやすいといわれる大きな理由になるでしょう。

ザオプションで儲けすぎる注意点は3つ!

ザオプションで儲けすぎる注意点について3つ紹介します。

ザオプションで儲けすぎる注意点
  • 税金が高い
  • 口座凍結の可能性がある
  • 金銭感覚がおかしくなる

どれもザオプションを利用する上で非常に重要なポイントになりますので、しっかり確認しておきましょう。

税金が高い

海外バイナリーオプションの利益は、総合課税に該当します。総合課税の税率は、累進課税になり、利益が大きければ大きいほど高い税率が課されてしまいますので、注意してください。

稼いだ金額 税率
1,000円~1,949,000円 5%
1,950,000円~3,299,000円 10%
3,300,000円~6,949,000円 20%
6,950,000円~8,999,000円 23%
9,000,000円~17,999,000円 33%
18,000,000円~39,999,000円 40%
40,000,000円以上 45%

所得税に加えて、住民税が10%、一律でかかりますので、なんとバイナリーオプションの利益の最大税率は55%にも及びます。

このように非常に税金が高いので、稼ぎすぎると大きな関を持っていかれることは覚悟するようにしてください。ただしいくつか節税方法はありますので、しっかりと節税するようにしましょう。

口座凍結の可能性がある

バイナリーオプションは、トレーダーに利益が出ると業者は損をする仕組みになります。

つまり、トレーダーがあまりにも大きな利益を出し続けると業者にとっては大きな痛手になる仕組みです。よって大きな利益を出しすぎると口座凍結になる可能性があるようです。しかし、ザオプションではあまりそのような事例について聞いたことがないので、基本安心して取引して良いでしょう。ただし後ほど説明をする規約違反をしてしまうと口座凍結になりますので絶対にやめてください。

金銭感覚がおかしくなる

ザオプションで利益を出しすぎると、金銭感覚がおかしくなる可能性があります。高い食事を躊躇なくしたり、高級時計や車をどんどん買ってしまう可能性もあるでしょう。

利益を出し続けられれば良いですが、人間には良い時もあれば悪い時もあります。ずっと利益を出し続けられるわけではありません。また、税金については、翌年の2月から3月に確定申告を行い、支払います。

もし大きな利益が出て、浮かれて全て使ってしまうと、税金を納付できなくなってしまう可能性もありますので、どんなに大きな利益を出しても、金銭感覚についてはしっかり持つようにしましょう。

口座凍結になってしまう2つのこと

ザオプションは利益を出しすぎて、口座凍結をするような海外FXバイナリーオプション業者ではありません。しかし規約違反をすると口座凍結になりますので注意してください。

ザオプションの主な規約違反
  • 自動売買を利用する
  • マネーロンダリングをする

それぞれの注意点について詳しく説明をします。

自動売買を利用する

ザオプションでは裁量取引しか認められていません。裁量取引とは自分の意思で行う一般的な取引です。

一方、バイナリーオプションには、裁量取引以外にも自動売買を利用した取引手法があります。自動売買とは、自動売買ソフトが勝手にトレードを行ってくれる仕組みです。自動売買ソフトが優秀であれば、トレーダーは何もせずに利益を上げられることになります。

ザオプションではこの自動売買の利用は認められていません。もし自動売買を行ってしまうと、規約違反になり、口座が凍結される可能性が高いので絶対にやめましょう。

マネーロンダリングをする

これはクレジットカードを利用すると行えてしまうものになります。具体的には、クレジットカードで入金をして数回取引してすぐに出金して現金を受け取る方法です。これを行うとクレジットカードのショッピング枠を現金化するのと変わりません。一般的にこのようなお金の流れはマネーロンダリングと呼ばれ、世界的に規制されています。

あくまでクレジットカードで入金する際は、現金を手にするために行うのではなく、取引するために入金をするようにしてください。明らかな規約違反で口座凍結になる可能性が高いです。

まとめ

今回は、ザオプションが利益を出しやすいバイナリーオプション業者である理由について説明をしました。

ザオプションは、ペイアウト率が高く、取引選択肢も多いため、多くのトレーダーに利用されています。しかも、判定時間が短いため、予想を当てやすいのも特徴です。1回あたり大きな金額を取引できるのもトレーダーにとって大きなメリットになるでしょう。

ぜひ今回の記事を参考にしていただき、ザオプションに口座を開き大きな利益を狙ってみてはいかがでしょうか。

 

関連記事こちらの記事も人気です。