ザオプションのデモ口座は使いやすい理由を徹底解説!

ザオプションは、エストニアの金融ライセンスを持っており、安全性の高いバイナリーオプション業者として有名です。

多くの日本人が利用している海外業者になりますので、安心して利用ができます。

しかし、ザオプションについて1度も使ったことがない方から見ると、いきなりリアルトレードをするのが怖いと思われている方は多いのではないでしょうか。

そこで今回はザオプションのデモ口座について説明をします。わかりやすく説明をしますので、ぜひ参考にしてください。

ザオプションのデモ口座の2つの特徴とは?

ザオプションのデモ口座には、2つの特徴があります。

ザオプションのデモ口座には、2つの特徴
  • リアルトレードと同じトレードツールの利用ができる
  • デモ口座の残高は100万円

それぞれの特徴についてわかりやすく紹介をします。

リアルトレードと同じトレードツールの利用ができる

ザオプションでは、リアルトレードと同じトレードツールの利用ができます。具体的には以下のテクニカル指標の利用ができます。

デモ口座で使えるテクニカル指標
  • ボリンジャーバンド
  • RSI
  • 単純移動平均線

それぞれのテクニカル指標の特徴について簡単に紹介をします。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、為替の勢いの変化や反転の目安を知るためのテクニカル指標です。

一定期間のデータの標準偏差(σ)を算出し、為替の値動きが激しくなると、バンド幅が拡大し、為替の動きが小さくなると、バンド幅が縮小する傾向にあります。

また為替は上下のバンドの内側で推移することが多く、一般的には以下の確率となるようです。

  • ボリンジャーバンドの±1σの範囲内に収まる確率・・・約68.3%
  • ボリンジャーバンドの±2σの範囲内に収まる確率・・・約95.4%
  • ボリンジャーバンドの±3σの範囲内に収まる確率・・・約99.7%

RSI

RSIは相場が上昇か下降か見分けるために使う方法です。そして、一定期間の変動幅で上昇した合計値を%で表示します。例えば、上昇した値の合計と下降した値の比率が6:4の場合はRSIは60%です。RSIが70%以上だと買われすぎ、30%以下だと売られすぎと判断します。そして70%に近づいたら売る、30%に近づいたら買うサインです。

単純移動平均線

一定期間の価格の平均値を折れ線グラフで表示したものです。移動平均線を使うことで、価格の傾向や相場の方向性がわかります。また、売買のタイミングの指標となるゴールデンクロスとデッドクロスが特徴です。

ゴールデンクロスは短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上へ突き抜けた場合のことを指し、買うタイミングとされます。対してデッドクロスは、短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下へ突き抜ける状態で、売るタイミングとされます。

このようにザオプションでは、様々なテクニカル指標の利用がデモ口座でも可能です。

日本人に最も利用されているハイローオーストラリアの場合は、テクニカル指標の利用がデモ口座の場合できません。デモ口座でもテクニカル指標の利用ができるのは、ザオプションの大きなメリットでしょう。

デモ口座の残高は100万円

ザオプションのデモ口座の残高は100万円です。十分な資金から始められるので、様々なトレード手法や機能を試せるのは、オプションのデモ口座の大きなメリットだといえるでしょう。

ザオプションのデモ口座を行う主なメリットは5つ!

ザオプションのデモ口座を行うには、様々なメリットがありますが、主なメリットは5つに集約されます。

ザオプションのデモ口座のメリット
  • バイナリーオプションに慣れることができる
  • リアルトレードの機能を試せる
  • 実際のお金は減らない
  • 様々なトレード手法を試せる
  • アプリで気軽に取引ができる

ザオプションのデモ口座を行う主なメリットについてわかりやすく紹介をします。

バイナリーオプションに慣れることができる

ザオプションのデモ口座を利用すれば、バイナリーオプション自体に慣れることができます。

バイナリーオプションは、一見すると、外貨預金やFXと似ていると思われる方もいるかもしれません。確かに外貨を使うといった点では同じですが、バイナリーオプションはFXなどとは全く異なる金融商品になります。

FXなどのノリで行ってしまうと、あっという間に大きな損失になりかねませんので、まずはバイナリーオプション自体に慣れるのは非常に重要です。

ザオプションのデモ口座を利用すれば、バイナリーオプション自体に慣れることができるので、大きなメリットになるでしょう。

リアルトレードの機能を試せる

ザオプションのデモトレードは、先ほど説明した通り、リアルトレードと同じテクニカル指標の利用ができます。

ボリンジャーバンドやRSIなどのテクニカル指標の利用ができるのは、ザオプションのデモトレードの大きなメリットです。

ハイローオーストラリアのようにデモトレードでは、リアルトレードと同じようなテクニカル指標を使えない業者もある中、大きなメリットになるといえるでしょう。

実際のお金は減らない

ザオプションのデモトレードは、架空のお金を使ってトレードをするので、実際のお金は減りません。

実際のお金がかかると思い切ってトレードするのは難しいです。しかし、仮に大きく負けたとしても、仮のお金がなくなるだけなので、様々な機能を思い切って試せるのは、実際のお金が減らない大きなメリットになるでしょう。

様々なトレード手法を試せる

バイナリーオプションには様々なトレード手法があります。順張りや逆張りはもちろんですが、テクニカル指標を使って様々なトレード手法を試してみたい方は多いでしょう。

しかしリアルトレードだと失敗すると大きくお金が減ってしまうのでなかなか思い切って試せません。思い切って様々なトレード手法を試せるのもデモ口座の大きな特徴といえるでしょう。

アプリで気軽に取引ができる

ザオプションのデモ口座はアプリで気軽に取引ができます。

パソコンのブラウザでももちろん取引ができますが、いつでも手軽に利用できるスマートフォンのアプリでデモ口座を試せるのは大きなメリットに感じるのではないでしょうか。

ザオプションのデモ口座の主なデメリットは3つ!

ザオプションのデモ口座には様々なメリットがありますが、当然ですが、デメリットもあります。主なデメリットは3つに集約されます。

ザオプションのデメリット
  • デモトレードでいくら利益が出せるようになっても、リアルトレードで勝てるとは限らない
  • 緊張感のないトレードになってしまいがち
  • いつまでもリアル口座に移行できない可能性がある

それぞれのデメリットについてわかりやすく紹介をします。

デモトレードでいくら利益が出せるようになっても、リアルトレードで勝てるとは限らない

デモトレードで勝てるようになると、リアルトレードでも簡単に勝てると勘違いする方が一定数います。

しかしデモトレードとリアルトレードは似ているようですが、やはりまったくの別物です。なぜなら実際のお金がデモトレードの場合かかっていないからです。

実際のお金をかけてトレードするのはやはり緊張感が違います。この緊張感に打ち勝ってこそ利益があげられるのです。

いくら緊張感のないデモトレードで利益を出せるようになっても、リアルトレードで勝てるわけではないのは大きなデメリットといえるでしょう。

緊張感のないトレードになってしまいがち

デモトレードはどこまでいっても、実際のお金がかかっていないため、緊張感のないトレードになりがちです。緊張感のないトレードをいくらしてもトレード技術はなかなか上達しませんので注意してください。ただし、ある程度のレベルまではデモトレードで十分上達しますので、有効活用するようにしましょう。

いつまでもリアル口座に移行できない可能性がある

デモトレードを長く行いすぎてしまうと、いつまでたってもリアル口座でのトレードできなくなってしまう可能性があります。

なぜなら、リアルトレードでお金を失うのが怖くなってしまうからです。確かに、リアルトレードをすると、お金を失ってしまう可能性がありますが、リアルトレードを行わないといつまでたっても稼げません。

ゲーム感覚のデモトレードで満足してしまい、リアル口座に移行できない可能性があるのはデモ口座を利用するデメリットと私は考えます。

まとめ

今回は、ザオプションのデモ口座について説明をしました。ザオプションのデモ口座には様々なメリットがあります。

いきなりリアルトレードを行って、勝てるほどバイナリーオプションは甘い金融商品ではありません。

為替が上がるか下がるかだけを予想する単純な金融商品ではありますが、為替の値動きを正確に予想するのは非常に難しいです。

まずはデモ口座で為替の値動きやトレード手法について学ぶべきでしょう。

今回の記事を参考にしてザオプションのデモ口座でバイナリーオプションのトレードに慣れていただければ幸いです。

 

関連記事こちらの記事も人気です。