theoption(ザオプション)のデモ口座について徹底解説

theoption(ザオプション)はを良く知るためには、いきなりリアル取引をするのではなく、まず「デモ口座(フリーデモ)」を利用するのが賢明です。どんなバイナリーオプションでも他社サービスで経験があっても、新しい業者のバイナリーオプションは全く別物だと思って臨むくらいでないと、利益をしっかり出していくことは難しくなります。

そんな、theoption(ザオプション)にて口座を開設しようと思っても、「いきなりバイナリーオプションを始めるのは難しい」と思う方もいるのではないでしょうか。そんな時にはデモ口座(フリーデモ)の利用は必須です。

今回は、theoption(ザオプション)のデモ口座(フリーデモ)について見ていくことにしましょう。

theoption(ザオプション)

theoption(ザオプション)は、マーシャル諸島共和国に拠点を置Arktech Ltd.が運営する海外バイナリーオプションです。日本への進出は2018年からで、まだ歴史は浅くはあるものの、すでに知名度もあり日本人トレーダーも多く利用する人気のバイナリーオプションサービスです。

初心者からプロフェッショナルトレーダーまで、様々なレベルのトレーダーに評価の高い、theoption(ザオプション)独自のプラットフォームが採用。全ての機能を備えた最新かつ高水準のトレンドトレーディング取引プラットフォームが利用できます。フィードに関しては、Lightstreamer社経由のFXCM社によるライブデータストリーミングが提供されています。

theoption(ザオプション)では金融ライセンスを取得

海外バイナリーオプションでは金融ライセンスを取得していない業者が多いのですが、theoption(ザオプション)はエストニア金融情報機関(FIU)のライセンスを取得しています。バイナリーオプション運営における安全性はある程度保障されていると思われます。

充実した日本語サポートで安心のバイナリーオプションサービス

theoption(ザオプション)では、万が一トラブルが生じた場合でも日本語のサポートを受けることができます。お問い合わせは完全日本語対応なため、トラブル内容と解決策のスムーズなやりとりが可能です。現在のところ、お問い合わせには、以下2種類の窓口が設けてあります。

問い合わせ方法 メール
チャット
利用言語 日本語
問い合わせ可能時間 24時間
平日16002300

チャットの営業時間は夕刻以降と限られていますが、海外バイナリーオプションでは、カスタマーサポートが日本語非対応のところも多く、安心してサポートが受けられるのは大きなメリットです。

専用分析ツールの導入で予測がずれにくい

多くのバイナリーオプションでは取引画面でチャートを見ることはできても、分析の際には別のソフトをインストールすることが往々にあります。しかし、theoption(ザオプション)はプラットフォームに分析ツールのインジケーターが最初から導入されています。よってわざわざツールを探す必要はありません。

theoptionの(ザオプション)プラットフォームに入っているインジケーターには

● 移動平均線
● 相対力指数
● ボリンジャーバンド

といったものがあります。これらはバイナリーオプションの分析に欠かせないインジケーターで、バイナリーオプション初心者でも十分利用できます。

継続的にサービスが改善されている

theoption(ザオプション)では、2022年に入り、以下の4項目が改善されるなど継続的にサービスが向上しています。

● ペイアウト率の向上
● 出金手数料の完全無料化
● 1回の出勤可能額が最大1億円まで増加
● 最大購入額が20万円までアップ

そのため、theoption(ザオプション)はバイナリーオプション最大手の「ハイローオーストラリア」と比較しても見劣りしないサービスとなりました。システムが改善されるということは、企業の運営状況に余裕があることを意味していますので、サイト自体の安全性が高いと言えます。

theoption(ザオプション)の取引方法

theoption(ザオプション)の取引方法は以下のような手順で行います。

  1. 取引オプション(ハイロー/スプレッドハイロー/短期)のいずれかを選択する
  2. 取引したい原資産(例:EUR/JPY)を選択する
  3. 判定時刻を選択します。HIGH(上)、LOW(下)どちらか予想したほうをクリックで選択する
  4. 金額を入力し、「購入」ボタンをクリックすれば取引が完了

theoption(ザオプション)の取引オプション

theoption(ザオプション)には4つの取引形態があります。

  • HIGH/LOW
  • 短期
  • スプレッドHIGH/LOW
  • スプレッド短期

theoption(ザオプション)のデモ口座

theoption(ザオプション)は、フリーデモが用意されています。フリーデモは情報を登録することもなく、いつでもすぐに利用ができます。フリーデモでは「HIGH/LOW」「短期」「スプレッドHIGH/LOW」「スプレッド短期」の4つから取引方法を選んでデモを行うことができます。

theoption(ザオプション)でデモ口座を利用するメリット・デメリット

theoption(ザオプション)の基本情報を見てきたところで、デモ口座を利用するメリットとデメリットについて見ていきましょう。

取引に慣れることが可能

デモ口座(フリーデモ)を利用するメリットには、theoption(ザオプション)の取引画面に慣れることができる点にあります。取引画面がどのようなものかは、通常は口座開設を行って実際に取引を行う状態でないと見れないことも多いです。バイナリーオプションは多彩な機能が画面に沢山表示されています。文字だけでそのすべてを理解するのは難しいため、実際に触ってみてどのような使い勝手かを試してみるのが効果的と言えます。そこでデモ口座(フリーデモ)を使うことで本物の資金を入金しなくても取引画面を確認して、操作感を試すことが可能となります。

しかし、デモ口座にはデメリットもあります。その内容は以下のようなものです。

いくら勝っても利益にならない

デモ口座(フリーデモ)は本物のお金を動かす取引ではなく、仮想資金を使用しての取引です。どんなに勝って利益を出したとしても現実の利益として保有することはできません。そのため、ある程度操作感や画面に慣れたところで、できるだけ早く本物の取引を行うことが賢明です。

リアル取引は現実にお金が増えたり減ったりするような緊張感がある取引の場。デモ口座という生ぬるい環境を主戦場にするのではなく、はやく本番に移行できるようにメンタルもリアル取引に向けていく必要があります。自分のお金を使って行う取引の間には大きな溝があることは認識しておきましょう。

関連記事こちらの記事も人気です。