ザオプションとハイローオーストラリアを徹底比較!

ザオプションは最近人気が出てきた海外バイナリーオプション業者ですが、やはり海外バイナリーオプション業者と聞くとハイローオーストラリア思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はザオプションとハイローオーストラリアについて徹底的に比較をします。わかりやすく比較をしますので、ぜひ参考にしてください。

ザオプションとハイローオーストラリアを比較する10個!

ザオプションとハイローオーストラリアを10項目にわたって比較してみようと思います。

ザオプションとハイローオーストラリアの比較項目
  1. ペイアウト率
  2. 取引方法
  3. 入出金方法
  4. ボーナス
  5. 約定力
  6. 安全性
  7. 使いやすさ
  8. 日本語サポート
  9. 手数料
  10. 銘柄数

それぞれの項目についてわかりやすく紹介をしていきます。

ペイアウト率

ペイアウト率に関しては、ほぼ互角であるといえるでしょう。ハイローオーストラリアの方が高いですが、そんなに大きな違いはありません。国内のバイナリーオプション業者に比べるとはるかに高いので、どちらの業者も使いやすいといえるでしょう。

 

ザオプション ハイローオーストラリア
Turbo 1.83倍~2.00倍 1.85倍〜1.95倍
HighLow 18.2倍~1.96倍 1.85倍〜1.95倍
Turboスプレッド 2.00倍〜2.30倍 2.00倍〜2.30倍
HighLowスプレッド 2.00倍 2.00倍

取引方法

取引方法についても両社あまり大きく変わりません。最大20万円までの利用ができるのはすごく大きなメリットです。

ザオプション ハイローオーストラリア
最高取引金額 20万円 20万円
最低取引金額 1,000円 1,000円
同値判定 短期取引:負け

ハイロー取引:引き分け

負け

入出金方法

入出金方法についても、どちらも非常に人気のある海外バイナリーオプション業者のため大きくは変わりません。ザオプションの場合はbitwalletの利用ができるのは大きなメリットかもしれません。

・入金方法

ザオプション ハイローオーストラリア
入金方法 クレジットカード

銀行振込

ビットコイン

bitwallet

クレジットカード

銀行振込

ビットコイン

最低入金額 銀行振込・bitwallet・ビットコイン:5,000円

クレジットカード:10,000円

クレジットカード・ビットコイン:5,000円

銀行振込:10,000円

最高入金額 50万円 1億円
手数料 無料 無料

・出金方法

ザオプション ハイローオーストラリア
出金方法 銀行振込

bitwallet

銀行振込
最低出金額 5,000円 10,000円
最高出金額 100万円 1億円
反映時間 最短翌日 最短翌日
手数料 無料 無料

ボーナス

ザオプションとハイローオーストラリアのボーナスについてまとめてみました。

ザオプションのボーナス
  • 初回入金ボーナス7,000円
  • KANGENボーナス
  • bitwalletの入金でキャッシュバック
  • 指定取引額達成で5,000円~50,000円
  • ハッピーアワー【非公開情報】
  • USD/JPY短期取引のペイアウト率UP
  • 30秒取引の人気4銘柄、60秒取引の人気5銘柄もペイアウト率UP
ハイローオーストラリアのボーナス
  • 初回入金ボーナス5,000円
  • 最大10万円の取引額に応じたキャッシュバック
  • 最大5万円の養分キャッシュバック
  • 最大10万円の超養分キャッシュバック
  • 最大50万円のハイロージャックポット

いかがでしょうかどちらもかなり豪華なボーナスなのか分かります。

特にザオプションに関してはかなりボーナスをもらう基準が低いので、ほとんどの方が真剣に取引をすれば達成できるのではないでしょうか。

約定力

約定力にについても、両者さすがに人気のある業者だけあって非常に高いです。どちらが低いといったことは無いので、使いやすい業者であるといえるのではないでしょうか。

安全性

安全性に関してはハイローオーストラリアの方が高いです。なぜなら信託保全が採用されているからです。

信託保全とは、海外バイナリーオプション業者が万が一破綻したとしてもトレーダーの資金は保証される仕組みになります。

ザオプションも顧客の資産とザオプションの資金を明確に分ける分別管理を行っていますが、信託保全は分別管理よりも一歩安全性が高い方法なので、大きなメリットになるでしょう。

 

ハイローオーストラリア ザオプション
サービス開始 2010年 2016年
金融ライセンス なし エストニア金融情報機関(EFIU)
資金管理方法 信託保全 分別管理

 

使いやすさ・日本語サポート・手数料

使いやすさと日本語サポート、手数料については両社互角です。

非常にどちらもトレードシステムが使いやすいですし、日本語サポートも万全です。また手数料については両社口座維持手数料など一切かかりませんので、どちらもかなりスペックの高いバイナリーオプション業者といえるでしょう。

銘柄数

銘柄数についてもどちらも非常に多くの銘柄を取り扱っています。ハイローオーストラリアとザオプションの銘柄数をまとめてみました。

ハイローオーストラリア ザオプション
取引可能銘柄 HighLow・HighLowスプレッド:34種類

Turbo・Turboスプレッド:7種類

HighLow:18種類

HighLowスプレッド:16種類

短期:16種類

短期スプレッド:15種類

いかがでしょうか?かなりどちらも多くの銘柄を取り扱っているのがわかりますね。これだけ多くの銘柄を取り扱っていれば銘柄選定で困ることはないでしょう。

まとめ

今回は、ザオプションとハイローオーストラリアについて徹底的に比較をしました。

どちらも海外バイナリーオプションで人気のある業者なので、スペックは非常に高いです。もし気になるのであればどちらも使ってみるのが良いのではないでしょうか?ぜひ今回の記事を参考にしていただき、ザオプションとハイローオーストラリアの違いについてご理解いただければ幸いです。

関連記事こちらの記事も人気です。