theoptionでは両建てできる?

FXでは有名な「両建て」という取引手法。両建てすることでリスクを相殺できるということで、有効な手段ではあるのですが、多くのFX業者では両建てができなかったり、制限があったりとあまり好まれない取引方法のようです。そんな両建てはバイナリーオプションで行えるのでしょうか。

今回は、theoptionで両建ては可能なのかについて見ていきたいと思います。

theoptionで両建ては可能と公式サイトには記載

theoption(ザオプション)は、公式サイトのFAQにて「同じ銘柄のトレンドトレーディング取引を両建てすることはできますか?」といった質問に「基本的に可能ですが、両建てする場合でも1ポジション購入後すぐにもう1ポジション購入した時間差で購入レートにずれが生じます。」と記載されているため、両建ては可能と思われます。ただし、基本的には両建ては同一口座において可能であって、他社バイナリーオプションとの間での両建てになると禁止されているものだったりするため、まずはデモサイトなどで両建て取引が可能かどうか試してみるのも良いかもしれません。

「両建て」について

両建ての仕組みがよくわからないという方に向けて、両建てについて紹介しておきましょう。
両建てとは、2つのポジションを同時に持つことで、株式やFXトレードではよく目にする投資手法の一つです。FXにおける両建ては、同一通貨ペアの「売りポジション」と「買いポジション」を同時に保有することを言いますが、バイナリーオプションにおける両建てとは、「High」と「Low」を両方同時に持つことを言います。両建てすることで、どちらか一方で出た損失を、もう一方の利益で相殺することができ、為替相場がどちらに転んでもプラスマイナスゼロにすることができる、究極の取引方法です。

バイナリーオプションにおける両建てとは?

バイナリーオプションはFXの両建てとルールが異なります。
では、バイナリーオプションの両建てはどんなことを行うのでしょうか?
これは、

  • 現レートからもっとも離れた上下の目標レートにて両建てを行う
  • 現レートからもっとも近い上下の目標レートにて両建てを行う

といった2つの方法を行います。

現レートからもっとも離れた上下の目標レートにて両建てを行う

現レートから最も離れた位置の目標レート購入価格は安いです。そのため、上下両方購入した場合でも予想が裏切られた際のリスク分散としては可能です。この両建ては値動きが激しい通貨ペアまたは時間帯にて効果がありますが、上下に最も離れたレートを指定することから、初心者には非常に難しく勝つのは難しいとされています。両建ての経験がある中上級クラスのトレーダーでないと失敗しがちの取引です。

相場が大きく動きそうだというタイミングにてこの戦略は有効です。要人の発言タイミング、経済指標の発表タイミングがこれに当たります。

現レートからもっとも近い上下の目標レートにて両建てする

もう一方、レンジ相場であまり値動きがないという場合には、現レートから最も近い位置の上下オプション購入をしましょう。これの理由としては一方の予想が外れてももう一方は必ず当たって、両方の予想が当たれば両方ともペイアウトされるからです。ただし、購入価格が現在価格に近いレート指定となってしまうため、購入額が高くなります。また、当たっても利益が少ないこともあって、無理に行う手法ではありません。

他のバイナリーオプションにて両建ては可能なのか?

では、他の海外バイナリーオプションサイトの中では両建てをどのように位置づけているのでしょうか?
いくつかの海外バイナリーオプションについて、公式サイト内にどのような記載がされているかを調べてみました。

「ハイローオーストラリア」では2022年に入ってからこれまで可能だった両建てが禁止行為として設定されたようです。よって両建て利用が判明した場合は、口座凍結される可能性が非常に高いと言われています。ただし、同一口座における両建ては公式サイト内では認められていると記載されていますので、実際のところはわかりません。
また、明確な両建て取引ではないにせよ、狙って連続したポジションにて両建てする行為は避けるようにして、時間を空けて取引するようにするのが賢明です。

また、「FIVESTARS MARKETS(ファイブスターズマーケッツ)」については、公式サイト内をチェックしてみたものの、両建てについての記載はありませんでした。記載していないから禁止とは言えないため、利用するには口座凍結のリスクもあります。

theoptionはどんなバイナリーオプションなのか?

最後にtheoptionというバイナリーオプションについて触れておきましょう。

theoption(ザオプション)とは、マーシャル諸島共和国に拠点を置くArktech Ltd.が運営する海外バイナリーオプション。2018年に日本進出、まだ日本では数年しか経過していないものの、一定の知名度もあり、日本人投資家も増えている人気のバイナリーオプションサービスとなっています。ボーナスも頻繁に行っているため、口座開設にはうってこいです。

さて、theoptionの主な特徴としては、その使いやすさ。バイナリーオプション初心者からプロトレーダーまで簡単に利用できることから、ハイローオーストラリアと並びトップクラスとの評判です。

また金融ライセンスを保有しているため、安全性も抜群。theoption(ザオプション)では、FIUによって金融機関として運営されている金融サービス分野より認可されたライセンス(運営ライセンス番号FFA000397)を保有しています。厳格な社内体制に加え、分別管理による資金管理を徹底することにより、お客様資金の安全と保護を最優先しています。

theoption(ザオプション)の取引オプション

theoption(ザオプション)には取引オプションは3つあります。それぞれ特色は異なりますが、一番のメインとなるのは「ハイロー」です。

ハイロー

「ハイロー」はtheoption(ザオプション)のトレンドトレーディング取引の中で最も一般的な取引オプションです。上がるか下がるかを予測し、予測が当たればアセットごとのリターン率(最大95%)が獲得できます。もし負けた場合には、購入した分が損失となります。

スプレッドハイロー

「スプレッドハイロー」はスプレッドがあるハイローの取引オプションです。スプレッドは「買値と売値にある差のこと」をいいますが、その差がある分リターン率が最大100%と高いのが特徴です。

短期

短期取引は、取引結果がすぐに出る時間がない時でも取引できるオプションです。「ハイロー」と同様に一般的なオプションで、短期オプションのリターン率は80%前後となっています。

theoption(ザオプション)のプラットフォーム

theoption(ザオプション)は、バイナリーオプション初心者からプロフェッショナルなトレーダーまで、さまざまなレベルのトレーダーに評価の高いプラットフォームが搭載。フィードはLightstreamer社経由FXCM社によるライブデータストリーミングが提供されています。

関連記事こちらの記事も人気です。