ザオプションと国内バイナリーオプション、海外FXを徹底比較!

ザオプションは最大2.3倍のペイアウト率を誇る海外バイナリーオプション業者です。最短30秒で勝負が決まるのも、多くのトレーダーを惹きつけている理由になります。この記事を読んでいる方の多くは、ザオプションを利用してみたいと思っているのではないでしょうか?

しかし、ザオプションを利用するにあたって、国内バイナリーオプションや海外FXと比較してみたい方も多いはずです。そこで今回はザオプションと国内バイナリーオプション、海外FXを徹底的に比較します。

わかりやすく説明をしますので、ぜひ参考にしてください。

ザオプションのスペックを確認!

まずは、ザオプションのスペックを確認しましょう。ザオプションの主なスペックを一覧表にまとめました。

信託保全 なし
口座維持費 無料
デモ口座 あり
取引手数料 無料
ペイアウト倍率 1.77倍〜2.3倍
ボーナス 7,000円ボーナス:2万円の入金・25万円の取引

15,000円ボーナス:5万円の入金・75万円の取引

35,000円ボーナス:10万円の入金・210万円の取引

100,000円ボーナス:25万円の入金・500万円の取引

最低・最高取引額 最低:1,000円

最高:200,000円

最低入金額 5,000円
最短取引時間 30秒

ザオプションは信託保全こそ採用されていませんが、完全分別管理をしているので、顧客の資金がザオプションの運営資金に流用される可能性はありません。

また、ペイアウト率が非常に高くボーナスも豪華なことから多くの海外バイナリーオプショントレーダーに愛されています。

ザオプションと国内バイナリーオプション業者を徹底比較!

次にザオプションと国内バイナリーオプション業者を比較してみましょう。主な比較項目を表にまとめました。

国内業者 海外業者
判定時間 2時間(規制により2時間に固定) 30秒、1分、5分、15分といった短時間取引も可能。

自由に選択できる。

取引回数/日 12回 無制限
ペイアウト率(※) 固定

ペイアウトされる金額が1,000円などに固定。

オプションの購入代金の方が変化する形式。

177~230%

投資額は自由に変更可能で、取引毎に決められたペイアウト倍率に沿った配当を受け取ることが出来る。

損益通算 国内FXなどの金融商品との損益通算が可能 海外FXなどの金融商品との損益通算が可能
税金 申告分離課税 総合課税

(※)投資して、勝った場合、いくら戻ってくるかの指標。

ザオプションの場合は、「判定時刻の価格がリアルタイム価格と比較して高いか?低いか?」を予想する取引です。

一方、国内業者の場合は、あらかじめ目標となる価格を決めた上でエントリーする方式になります。国内業者の主な取引方法は以下の通りです。

国内バイナリーオプション業者
  • ラダーオプション…「判定時刻に目標価格よりも高いか?低いか?」を予想する取引
  • ワンタッチオプション…「判定時刻までに一度でも目標価格に到達するか、到達しないか」を予想する取引
  • レンジオプション…「判定時刻に目標のレンジに入っているかどうか」を予想する取引

このように海外業者と国内業者では取引方法も大きく異なります。それでは、ザオプションと国内バイナリーオプションの違いについて以下の項目で比較していきます。

ザオプションと国兄業者を比較
  • 判定時間
  • 取引回数
  • ペイアウト率
  • 損益通算
  • 税金

それぞれの項目についてわかりやすく説明を押しますので、参考にしてください。

判定時間

まず判定時間ですが、ザオプションの場合、最短30秒で決着がつきますが、国内バイナリーオプション業者の場合、最短でも2時間かかります。

なかなか勝負がつかないのは、国内バイナリーオプション業者の大きな欠点でしょう。一方、ザオプションを使えば30秒で決着がつくので、何度も取引ができます。

また、極めて短い時間の為替相場を予測するため、勝率を高くなるでしょう。このように、判定時間については、圧倒的にザオプションに軍配が上がります。

取引回数

取引回数については、国内バイナリーオプション業者の場合、1日にトレードできる回数は最高で12回です。

一方、ザオプションの場合、特にそのような制限はありません。1日に何度も取引できるので、こちらについてもザオプションに軍配が上がるでしょう。ただし、連打取引はザオプションも禁止されています。

コンピューターを使ってありえないスピードで取引するのはやめましょう。口座凍結になったりするリスクがあります。

ペイアウト率

国内バイナリーオプションの場合、ペイアウト率は1000円などに限定されています。

一方でザオプションは最大230%のペイアウト率を誇ります。高いペイアウト率でトレードできるのもザオプションの大きな特徴です。こちらについてもザオプションに軍配が上がるといって良いでしょう。

損益通算

損益通算については国内バイナリーオプション業者の場合は、国内FXなどと損益通算ができます。

一方、ザオプションの場合は、海外FXなどと損益通算が可能です。こちらについてはどちらが良いといったことはないでしょう。ただし、大きな利益が出やすい海外FXと損益通算できるのは大きなメリットといえるかもしれませんね。

税金

国内バイナリーオプションの税金は、一律20.315%ですが、ザオプションの場合の税金は、総合課税の雑所得に該当し、最大55%の税金がかかります。

利益が少ない場合は、ザオプションの方が有利ですが、利益が大きくなると、国内バイナリーオブションの方が有利であるといえるでしょう。

ザオプションと海外FXを比較!

ザオプションと海外FXの主な違いは5つです。

ザオプションと海外FXの主な違い
  1. 投資額の大きさ
  2. レバレッジの有無
  3. 利益や損失の決まり方
  4. ポジション保有期間
  5. スワップポイントの有無

それぞれの違いについてわかりやすく説明をします。

投資額の大きさ

投資額については、圧倒的に海外FXが大きいといえるでしょう。

なぜなら、ザオプションで利用できる1回あたりの取引金額は、最大20万円程度だからです。もっとも、ザオプションの取引金額はバイナリーオプションの中ではかなり大きい方です。

しかし、海外FXの場合は投資金額に上限がないため、単純な投資額の大きさからいうと、海外FXの圧勝です。ただし、その分、大きな損失を可能性があるので注意してください。

レバレッジの有無

海外FXの最大レバレッジは、業者によって数千倍のレバレッジの利用ができます。

一方、ザオプションのペイアウト率は最大2.3倍なので、こちらについても海外FXのほうに軍配が上がるでしょう。ただし、レバレッジが大きければ大きいほど、その分、損失も大きくなるので注意してください。

利益や損失の決まり方

利益や損失の決まり方については好みがあります。

FXの場合は全て自分の意思で決められますが、バイナリーオプションの場合は、エントリーした瞬間に損益が決まります。こちらについてはどちらが良いということはないでしょう。ただし、オプションの方がエントリーさえすれば、後は自動的に損益が決まるので、初心者の方にとってはやりやすいかもしれません

ポジション保有期間

ポジションの保有時間については、海外FXの場合は全て自分の意思で決めるので、最短数秒でポジションを話すこともできますし、数年間保有もできます。

一方、ザオプションの場合、エントリーした瞬間に損益は決まるので、投資初心者の方にとってはやりやすいでしょう

スワップポイントの有無

スワップポイントについては、海外FXにしかつきませんので、海外FXの圧勝といえます。

ただし、スワップポイント狙いでトレードをしてもロスカットに引っかかってしまったら、あっという間に大きなマイナスになってしまいます。

まとめ

今回は、ザオプションと国内バイナリーオプション、海外FXを比較してみました。

それぞれに違いはありますが、初めて投資を行うのであれば、ザオプションが1番良いでしょう。

またバイナリーオプション同士で比べた場合、圧倒的にザオプションの方が良いといえます。理想としては最初は海外FXを組み合わせて利用するのが良いのではないでしょうか。

 

関連記事こちらの記事も人気です。