ザオプションで口座が凍結してしまう規約違反とは?

ザオプションは、取扱銘柄が18種類と数あるバイナリーオプション業者の中でもかなり多い業者になります。また、最近は、海外バイナリーオプションの内容の良さに気づいている人が多く注目されている海外バイナリーオプション業者でもあります。しかし、ザオプションについて詳しく知らないと口座凍結になってしまう可能性があるのを皆さんはご存知でしょうか?

そこで今回はザオプションで口座が凍結してしまう可能性のある規約違反を中心に説明をします。わかりやすく紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ザオプションの主な規約違反は6つ!

ザオプションには様々な規約違反が規定されていますが、主な規約違反は6つあります。

ザオプションの主な規約違反
  1. 自動売買
  2. 連打取引
  3. マネーロンダリングが疑われる取引
  4. レート遅延を狙った取引
  5. 本人が取引をしていない
  6. 本人確認資料が怪しい

どれも気をつけないとついつい行ってしまう可能性があるものになりますので、注意して読んでください。

自動売買

ザオプションでは自動売買は禁止されています。FXトレーダーの方から見ると信じられないかもしれませんが、規約で決まっているので仕方がありません。ついつい知らずに自動売買を行ってしまうと口座が凍結してしまう可能性があるので絶対にやめましょう。

連打取引

連打取引とは、その名の通り、短い時間で何度も取引をする取引手法です。FXでいうとスキャルピングに近いかもしれません。

連打取引については明確に禁止されているわけではありません。しかしあまりにもやりすぎるとコンピューターで行っているのではないかと思われる可能性があります。連打取引についてもやりすぎは絶対にやめましょう。

マネーロンダリングが疑われる取引

ザオプションの場合、クレジットカードで入金した分の出金については、銀行送金で行われます。つまり、クレジットカードのショッピング枠を使って出金をし、現金を手にできるのです。もちろん、クレジットカード会社から請求が入るので、普通に返済をすれば問題はありません。

しかし、クレジットカードのショッピング枠の現金化を目当てに行うと、マネーロンダリングの疑いが出て口座が凍結する可能性があります。なかなか基準については難しいですが、数回取引をしてすぐに出金したりするのはやめた方が良いかもしれません。

レート遅延を狙った取引

通信環境によっては、レートの提示が遅れる場合があります。FXでも禁止されていますが、このレート遅延を狙った取引については、ザオプションでも禁止されています。明らかに不正であるとわかるような、このような行為は絶対にやめましょう。

本人が取引をしていない

こちらもそもそもになりますが、本人が取引していないのも規約違反になります。なぜバレるかというと違うデバイスで取引しているなどが原因のようです。本人の口座は本人しか取引ができませんので、このような小細工をするのも絶対にやめましょう。

本人確認資料が怪しい

本人確認資料が怪しい場合も口座が凍結される可能性があります。

口座が開設された後も何かおかしな取引があると資料を確認するケースはありますので注意しましょう。注意するといってもきちんと取引をすれば全く問題ありません。

口座凍結に備えてできる3つのこと

口座凍結に関しては、意図せず、規約に違反して凍結してしまう可能性がなくはありません。口座凍結に備えて、日ごろからできることについてまとめましたので、参考にしてください。

口座凍結に備えられる主なこと
  1. 細かく出金をする
  2. 不正を疑われる取引はしない
  3. 取引をするデバイスを固定する

どれも意識をすれば簡単にできることばかりなので、実践してみてください。

細かく出金をする

規約違反については気をつければ問題ないかと思いますが、もし口座凍結になってしまった場合に備えて、出金に関しては細かく行った方が良いでしょう。細かく出金を行えば、万が一口座凍結になったとしても、被害を最小限で止められるからです。

不正を疑われる取引はしない

こちらに関しては、そもそも論になりますが、不正を疑われる取引についてはしないのが原則です。

例えば、本人になりすましてトレードをしたり、レート提示遅延を狙ってトレードをするなど小賢しいことは止めるのが良いでしょう。

不正を疑われる取引をしなければ口座凍結になる可能性はありませんので、安心してトレードしましょう。

取引をするデバイスを固定する

取引をするデバイスについては、極力固定するようにしましょう。パソコンとスマートフォンが1台あれば十分なはずです。それ以外のデバイスで取引をすると、他人が取引しているのではないかと疑われる可能性があります。極力、口座凍結になるリスクを避けるためにも、取引するデバイスは固定するようにしてください。

口座凍結になってしまったときの対処法

万が一、口座凍結になってしまったときの対処法について解説をします。

口座凍結になってしまったときの対処法
  • ザオプションに直接問い合わせをする
  • 他の業者を利用する

それぞれの対処法についてわかりやすく紹介しますので、参考にしてください。

ザオプションに直接問い合わせをする

もし口座凍結になってしまったら、ザオプションで直接問い合わせをするのが良いでしょう。

ザオプションは日本語でしっかりと対応してくれるので、誠実に答えてくれるかもしれません。ただし、規約違反を犯しての口座凍結の場合は厳しく処置されるはずですので注意しましょう。

他の業者を利用する

ザオプションの口座凍結が解けない場合は、割り切って、他の業者を利用するのも良いかもしれません。

ただし、ザオプションはペイアウト率など非常にメリットが多いバイナリーオプション業者です。他の業者にはない様々なメリットがありますので、極力口座凍結になって他の業者を利用するような事態を避けるようにしましょう。

利益を上げすぎて口座凍結になることはない!あくまで不正行為が原因

ザオプションについてインターネットで調べてみると、利益を上げすぎて口座大凍結になるといった内容の口コミを見かけます。しかしこれは嘘です。利益を上げすぎて口座凍結になることがありません。

あくまで不正行為が原因で口座凍結になっているだけです。ザオプションは利益を上げすぎただけで、口座凍結になるような卑怯なバイナリーオプション業者ではありませんので、安心して取引をするようにしてください。

まとめ

今回は、ザオプションの口座凍結について説明をしました。海外バイナリーオプションは最近非常に注目されています。

その中でもザオプションはスペックが高いため、多くのトレーダーに利用されており、注目も集めている業者です。しかし、ザオプションで安心して取引を行うためには、規約についてはしっかり理解する必要があります。ぜひ今回の記事を参考にしていただき、規約違反になるような取引を止め、大きな利益をザオプションで狙っていただければ幸いです。

 

関連記事こちらの記事も人気です。