ザオプションの税金について徹底解説!

近年、早期退職を目指し、その後、自分がやりたいことにチャレンジしたり悠々自適に過ごすFIREブームが起きています。しかしFIREを達成するためには、給料だけではなかなか達成することができません。

投資をすることによりお金がお金を生む状況を作らなければFIREの達成は不可能でしょう。

資産運用には様々な方法がありますが、バイナリーオプションは数ある金融商品の中でも非常に人気のある金融商品です。バイナリーオプションは、投資資金が少なくても大きな利益を上げることができる可能性があります。

しかし、そこで気になるのが税金です。そこで今回はザオプションの税金、つまり海外バイナリーオプションの税金について詳しく説明をします。国内FXや海外FXの税金とも比較しますので、ぜひ参考にしてください。最後に節税方法についても載っけておきます。

国内バイナリーオプションの税金は税率20.315%の申告分離課税!

国内バイナリーオプションの利益にかかる税金は、税率20.315%の申告分離課税です。申告分離課税とは、給料や事業所得等の他の所得とは分けて計算され、確定申告を行って納税する制度です。つまり、国内バイナリーオプションで利益が出た場合、確定申告をする必要があります。

国内バイナリーオプションの利益に対する税率は一律20.315%です。

どんなに多くの利益が出ても、一律20.315%の税率である事は国内バイナリーオプションの大きなメリットになります。

「え? 20.315%の税金て高くない? 」と思われる方もいらっしゃると思いますが、後ほど説明する海外バイナリーオプションに比べかなり有利な税率になっています。

また、国内バイナリーオプションの利益に対しては、損益通算と繰越控除を使うことも可能です。損益通算とは、利益と損失をぶつけることができる仕組みになります。

例えばAというバイナリーオプション業者で利益が50万円出て、Bというバイナリーオプション業者では50万円のが出た場合、確定申告をすることによって、利益と損失をぶつけることができますので、このケースの場合の損益はゼロになります。

国内バイナリーオプションの損益通算は先物取引などの損益とも通算することができます。

ただし、ポピュラーな金融商品である株式投資や投資信託などの損益などとは、国内バイナリーオプションの損益を通算することができませんので注意してください。

繰越控除とは、3年間損失を繰り越すことができる制度です。

例えば、1年目に50万円の損失が出た場合で2年目に50万円の利益が出たとしましょう。1年目に出た50万円の損失を繰り越すことができますので、このケースの場合、損益はゼロになります。ただし繰越控除を利用するためには損失が出たとしても確定申告をしなければなりませんので注意してくださいね。

海外バイナリーオプションと海外FXの税制は総合課税!

海外バイナリーオプションと海外FXの税制は、総合課税です。

海外バイナリーオプションや海外FXは、雑所得というものに分類され、給与所得や事業所得など他の所得と合算して税率が課されます。

稼いだ金額 税率
1,000円~1,949,000円 5%
1,950,000円~3,299,000円 10%
3,300,000円~6,949,000円 20%
6,950,000円~8,999,000円 23%
9,000,000円~17,999,000円 33%
18,000,000円~39,999,000円 40%
40,000,000円以上 45%

所得が多ければ多いほど税率は高くなり、最大税率は住民税と合わせ55%と非常に高いので、たくさん利益を出した場合、かかってくる税金も高くなるのです。

利益が小さければ、所得税と住民税を合わせた最低税率は15%になりますので、国内FXより有利になりますが、最低税率が適用されるのは、所得が195万円以下の場合になります。

給与所得や事業所得等他の所得と合算されて計算されますのでなかなかすべての所得合わせて195万円以下の方は少ないでしょう。

また、海外バイナリーオプションや海外FXの場合、繰越損失を使うことができませんし、損益通算は海外バイナリーオプションや海外FX同士でしか行うことができません。

このように、国内バイナリーオプションに比べ、海外バイナリーオプションや海外FXの税制は厳しいといえるでしょう。ちなみに、仮想通貨も、海外バイナリーオプションや海外FXと同じく総合課税の雑所得に該当します。なので、損益通算にも使えますので覚えておきましょう。

確定申告は簡単にできる!

サラリーマンの方や主婦の方だとなかなか確定申告になじみがある方は少ないかもしれません。

確定申告と聞くと身構えてしまう方も多いかもしれませんが、今はパソコンやスマートフォンで簡単に確定申告を行うことができます。

パソコンやスマートフォンで確定申告を完結させるためには、マイナンバーカードの取得が必要なので、これを機にマイナンバーカードを取得しておいた方が良いでしょう。

また、サラリーマンの方で気になるのが住民税になります。

住民税は、給与所得で発生した住民税と一緒に給料から源泉徴収されるのが原則だからです。

別に、バイナリーオプションをやっていることが会社に分かっても問題ない人であれば良いですが、会社に知られたくない方も一定数いらっしゃると思います。

そのような方も安心してください。給与所得以外の住民税に関しては自分で納税することができるからです。

確定申告の記入欄の中に住民税は自分で納税するという項目がありますのでこちらに丸をすれば会社にバイナリーオプションでの収入がバレることはありません。

もし会社に見つかるのが嫌だなと思う方に関しては必ず自分で住民税を納付するようにしましょう。

ザオプションでできる節税対策は主に2つ!

ザオプションでできる主な節税対策は2つあります。

  • 経費を計上する
  • 海外FXや仮想通貨と損益通算をする

それぞれの節税対策についてわかりやすく紹介をします。

経費を計上する

ザオプションの節税対策において経費計上は必ず行うようにしましょう。

ザオプションで利益を上げるために本や動画で勉強し、お金がかかった場合、こちらに関しては経費計上ができます。

またザオプションの取引のために必要なスマホ代やWi-Fi代、パソコン代なども経費計上が可能です。経費計上することによって利益を圧縮できますので、確定申告の際必ず経費計上は来ないようにしてください。ただし、ザオプションと関係ないものについては当然ですが、経費計上できませんので注意しましょう。

海外FXや仮想通貨と損益通算をする

損益通算に関しては必ず行うようにしてください。損益通算とは利益と損失を相殺できる仕組みです。

例えばバイナリーオプションで100万円の利益が出た場合、そのまま申告をすると100万円の利益に対して税金がかかります。しかしもし、海外FXや仮想通貨で損をしていた場合、これを相殺できます。

仮に50万円損をしたとすると、先ほどの100万円と相殺し50万円の利益に対して税金がかかることになります。このように損益通算は非常に大きな効果がありますので、必ず行うようにしてください。

まとめ

今回はザオプションの税金について紹介をしました。ザオプションは利益が出しやすいですが、総合課税の雑所得に該当します。

損益通算の対象は海外FXと仮想通貨など非常に少ないので、経費計上などをうまく行って節税対策を行う必要があります。ぜひ今回の記事を参考にザオプションの税金についての理解を深めていただければ幸いです。

 

関連記事こちらの記事も人気です。