ハイローオーストラリアは危険?安全性を徹底検証!

ハイローオーストラリアとは、バイナリーオプションの取引を行うことができる海外業者です。
人気が高く、日本人でも愛用している方が多くいるようです。

しかし、これまであまりバイナリーオプションに取り組んだことがない方の中には、「ハイローオーストラリアは危険ではないのか」「本当に安心して利用できるの?」という疑問を抱いている方もいるでしょう。
そこで今回は、ハイローオーストラリアの危険性と安全性についてチェックしていきましょう。

 

ハイローオーストラリアを利用する上での危険性

ハイローオーストラリアの評判の中には、危険という声もあります。

 

ハイローオーストラリアを利用する上での危険性

・日本の金融ライセンスを保有していない
・SNSで怪しい勧誘が多くある
・偽サイトが多く登場している
・口座凍結や出金拒否のリスクがある
・元本割れする可能性がある
・高い税金がかかることもある

しかし、事前に理解して対処しておけば、問題なく取引をすることができるでしょう。
そこでここからは、ハイローオーストラリアを利用する上で実感する可能性もある危険性についてご紹介していきます。

 

日本の金融ライセンスを保有していない

ハイローオーストラリアは、海外のバイナリーオプション業者です。
そのため、日本の金融庁からの認可は受けておらず、金融ライセンス未登録者として公開されています。

金融庁が公表している「無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について」という資料にも名前が記載されており、金融庁からの警告も出されているので、不安に感じる方もいるようです。

 

日本の金融庁ライセンスを持っていないことは違法ではない

日本の金融庁からライセンスを取得するということは、日本に拠点を置いて日本の法整備の元、営業を行うということになります。
しかし、ハイローオーストラリアは海外業者なので、日本の金融ライセンスを持っていないことは違法にはなりません。

その上、日本の金融業に関する規制は厳しく、日本のライセンスを取得しようとすると今のようなサービス環境を提供することはできなくなってしまいます。
そのことを考えると、現在の状態の方が取引しやすい状態だと言えるでしょう。

ただ、日本の金融ライセンスを取得していないということは事実なので、何かあった時には自己責任として解決する必要があるかもしれません。

 

 

SNSで怪しい勧誘が多くある

近年、バイナリーオプションに取り組む方が増えてきています。
そのような方の中には、FXのように難しい相場の勉強をする必要がなく、「High」「low」の2択なので、利益を出しやすいと感じている方もいるようです。

しかし、実際には思うようにいかず、なかなか利益が出せずに迷うという方もいます。
そのような方をターゲットにした詐欺やマルチ商法が横行しているようです。

ハイローオーストラリア自体に問題があるわけではありませんが、最も知名度が高くて使いやすい環境が整っているからこそ、利用されることが多くあるようです。
この点に関しては、ハイローオーストラリアも被害を受けている側ということができます。

 

必勝法を公言しているサービスには注意が必要

ハイローオーストラリアを利用した詐欺サービスの多くは、バイナリーオプション初心者の方やなかなか利益が出ていない方を対象にしているケースが多いです。
そのため、必勝法や高い勝率の運用ができているということで、勧誘するようです。

具体的には、以下のような文句が並べられている時には注意した方がよいでしょう。

 

詐欺グループが使う謳い文句

・無料でバイナリーの必勝法を教えます
・勝率85%以上のツールを販売します
・バイナリーの勝ち方をLINEでレクチャーします

 

このような内容で勧誘が行われる場合、高額な費用を支払ったのに大損失を出してしまうというケースが多くあるようです。
特に大学生等若い方に流行することが多くて、先輩からの紹介だから断れずにやってしまったという方もいます。

 

投資に詳しい訳では無いですが、バイナリーオプションの場合、ハイローオーストラリア以外の口座開設を誘導してくる案件は詐欺だと思います

私が被害にあったのは
最初はハイローでいいと言いながら、もっとペイアウトがいい口座があるとか、同値勝ち判定の口座があるとかあの手この手で誘導されます

料金稼いでからの後払いにしているバイナリーレクチャーやツール○○名限定無料モニターなどは
ほとんどに裏があります
その場の勢いで連絡せず
1度なぜそんなオファーをしてくるのか?を改めて考えてみて

 

バイナリーオプションは「High」「low」の2択なので、必勝法があれば勝てると勘違いする方もいますが、実際には100%勝てることはありません。
高額な金額はそのような賞品に使うのではなく、口座残高に利用するようにした方がよいでしょう。

 

偽サイトが多く登場している

ハイローオーストラリアでインターネット上で検索してみると、似たようなサイトが多く掲載されています。
しかし、この多くはすべて異なるURLが設定されています。

つまり、ハイローオーストラリアの名前を語った詐欺サイトが多く存在するということです。
偽サイトを誤って利用してしまうと、詐欺業者に個人情報を流出してしまうリスクもあるので、注意しておいた方がよいでしょう。

 

バイナリーオプションの検証をしようと思ってデモ口座を申請したら、身分証の提示を要求されまして。「おかしいな」と思ったら、偽サイトでした。捨てアドを知られる被害はあったけど、その他は無事。ハイローオーストラリアは偽サイトが横行してるので、気をつけてください!

【ハイローオーストラリアの偽サイト情報】
Googleで「ハイローオーストラリア 公式」と検索すると表示される

ハイロー.com
【公式】ハイローオーストラリア|新規口座開設・ログイン

偽物です。

本物の公式サイトは
https://trade.highlow.com

ご注意ください。

 

正しいサイトを理解しておく

ハイローオーストラリアの正式なサイトのドメインは「https://trade.highlow.com」です。
つまり、これ以外は偽サイトの可能性があります。

また、トップ画面は上の画像のような形となっています。
偽サイトに引っかかってしまわないように、事前にドメインを確認しておいた方がよいかもしれません。

 

口座凍結や出金拒否のリスクがある

ハイローオーストラリアは、2010年からサービスを開始して現在も多くの方に利用されています。
それはやはり健全な取引環境を提供しているからだと言えるでしょう。

そのことにより、ハイローオーストラリアは他社に比べて利用規約が厳しく設定されており、違反した方に対しては対処することで知られています。
万が一規約に違反した取引をしてしまった場合、口座凍結や出金拒否といった措置が実施されてしまうこともあるようです。

 

主に出金拒否になる要因は5つ

ハイローオーストラリアの規約はたくさん定められていますが、よく口座凍結や出金拒否にされてしまう方の要因は以下の5つです。

出金拒否や口座凍結の原因となる主な要因

・大きな金額を出金しようとした
・自動売買ツールを使っている
・数秒単位で注文を何度も出す
・両建ての注文を行う
・同じIPアドレスで複数アカウントからログインする

 

特によくあるのが、連打法です。
短時間で何度もエントリーをするという必勝法を推奨している方もいるため、誤って実施してしまうという方も多いようです。
そのため、注意しておいた方がよいでしょう。

また、先ほど解説したように、バイナリーオプションでの勝率を上げたいと思って高額の自動売買ツールを購入する方もいるようです。
しかし、ハイローオーストラリアでは自動売買ツールの利用を禁止しているので、使用が発覚した時点で口座が凍結されてしまうリスクがあります。

ハイローオーストラリアでは、必ず自分で裁量取引を行うようにしましょう。

 

ハイローオーストラリアで約2週間で利益100%達成の方!

凍結対策として利益は最低1週間に1回、一部だけでも出金していきましょう!

 

ただ、規約を守って取引をしていたり、こまめに出金をしていれば凍結されることはないので、安心して取引をすることができるでしょう。

ハイローオーストラリア以外は口座凍結や出金できるかの情報が乏しかったので実際に
シグナルを元に僕がザオプションってとこでやった履歴
先月から始めて
85000円入金
出金3回やって計166000円
残高78000円

一応出金できることがわかった!
当然連続エントリーとかTURBOで30秒とか無し

 

元本割れする可能性がある

どんなに優秀な金融商品であっても、元本割れのリスクはあります。
それはバイナリーオプションも同様なので、ハイローオーストラリアでも起こる可能性があると言えるでしょう。

特に知識のない状態で取引をしている初心者の場合、ギャンブルのような賭け方をしてしまうことが多いので、損失額がふくらんでしまうことも考えられます。
常に投資にはリスクがつきものということを理解した上で、取引を行うようにしましょう。

 

感情的になって借金をする方もいる

バイナリーオプションは、1000円を投資した場合の最大損失金額は1000円となっています。
そのため、他の投資方法に比べてリスクが低いと考えている方も多いでしょう。

しかし、バイナリーオプションで感情的になってしまうと、負けた分を取り戻そうと躍起になってしまい、大きな金額をかけて大きな損失を出してしまうこともあります。
その負の連鎖が続いてしまうことによって、生活費でまかなうことができずに借金をする方もいます。

感情的になっている時には冷静な判断をすることができず、負ける可能性も高くなってしまうので、常に冷静に取引できる状態を整えるようにした方がよいでしょう。
もしも負けが続いて感情的になりそうな時には、一度バイナリーオプションから離れてみることをおすすめします。

 

高い税金がかかることもある

これははハイローオーストラリアだけの問題ではありませんが、バイナリーオプションでも投資で大きく稼いだ方が翌年破産するということがあるようです。
これは利益が出た分の税金を翌年支払わないといけないからです。

日本の投資会社を利用している場合、税率は一律になっているので高額な利益が出ても負担が少なくなります。
しかし、海外の投資会社を利用する場合には累進課税となっているので、金額が増えるほど高い税率がかかるようになっています。

そのため、稼いだ利益はすぐに使うのではなく、税金のことも考えて対策をしておくようにしましょう。

 

ハイローオーストラリアでかかる税金

バイナリーオプションでかかる税金は雑所得で、海外の場合は総合課税となります。
つまり、自分のほかの仕事の所得とバイナリーオプションの収入を合算して税率を計算する仕組みとなっています。

累進課税が採用されているため、所得によって税率が変わる点に注意しておきましょう。

 

課税される所得金額 控除額 税率
~195万円 0円 5%
195~330万円 9万7500円 10%
330~695万円 42万7500円 20%
695~900万円 63万6000円 23%
900~1800万円 153万6000円 33%
1800万円~ 279万6000円 40%

 

ハイローオーストラリアで大きく稼いだ方はもちろんですが、会社員としての所得が高い方も税率が上がってしまうので、注意しておきましょう。
また、195万円以下の方は5%という税率が設定されていますが、一定以下の利益であれば確定申告を行う必要はありません。

 

税金の負担がない利益金額

・会社員:年間20万円
・専業主婦や専業トレーナー:年間38万円

 

このことを理解して取引をするように意識しておきましょう。

 

税金は逃れることができないので節税対策を行おう

確定申告をしていなくても分からないから大丈夫と思っている方もいるようですが、実際には後で発覚して請求されるケースもあります。
税金は必ず支払わなければいけないものなので、ある程度利益が出てしまった場合には必ず対応するようにしましょう。

ハイローオーストラリアにも
税金対策が入って来たのかな^^;
税金払ってない方、早めに修正申告して方が良いですよ^^;
去年も今年も税務署入らなかった!ラッキーと思ってると痛い目に合いますよ。
3年~5年分まとめて追徴課税来ますから^^;
税金は自己破産しても無くならないのでご注意ください。

 

自分で確定申告が難しいという方は税理士さんに依頼するといいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?ハイローオーストラリアは、たくさんあるバイナリーオプション業者の中でも最も人気が高い業者となっています。
ネットの評判を見てみると危険という声も見られますが、実際にはハイローオーストラリアが問題という要因よりも、その名前を使って行われている詐欺や高額な税金、バイナリーオプションのリスクが挙げられているようです。

ハイローオーストラリア自体は健全な取引を行っており、長い間多くの方に利用されています。
そのことを考えると、安心して取り組むことができる環境ということができるでしょう。

これからバイナリーオプションを始めたいと考えている方は、ぜひハイローオーストラリアを選ぶことをおすすめします。
ただ、利用規約は厳しく定められているので、事前にしっかりとチェックしておくことをおすすめします。

 

関連記事こちらの記事も人気です。