ハイローオーストラリアでの取引を体験するなら「クイックデモ」がおすすめ!

いざ、ハイローオーストラリアでの取引にチャレンジしてみたい。だけどバイナリーオプションにまだ慣れていないから不安、ハイローオーストラリアが実際どんなものなのか、まずリスクなしで体感してみたい。

そんな方にこそぜひイチオシしたいのが、デモ画面でのトライアル。ハイローオーストラリアは、事前登録一切なしでウェブサイト上で取引を体験できる「クイックデモ」というサービスが存在します。

このサービスを利用することで、ハイローオーストラリアの取引をコストゼロ・ノーリスクで体験することができます。クイックデモを利用することで、ハイローオーストラリアの取引の経験値を稼ぐことができるので、本番にむけて活用しない手はありません。本記事では、クイックデモの概要・メリット・デメリットなどについて詳しく解説します。ハイローオーストラリアの利用を考えているけど、いざ本番はちょっと不安な方は是非参考にしてみてください。

ハイローオーストラリアのデモ口座では4つの取引オプションが利用できる

ハイローオーストラリアでデモ口座を利用する際、4つの取引オプションを選択することができます。なお、これから紹介する4つのオプションは、デモ口座に限らず、リアル取引でも利用することができます。

<取引オプション一覧>
  • HighLow(ハイロー)
  • HighLow(ハイロー)スプレッド
  • Turbo(ターボ)
  • Turbo(ターボ)スプレッド

それでは、それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

HighLow取引

このオプションは、ハイローオーストラリアの4つのバイナリーオプション取引の中でも、もっともスタンダード・ポピュラーな取引方法です。取引ルールは非常に簡単であり、まとめると、「選択した取引時間後に、今よりも価格が上がっているか?下がっているか?」をシミュレーションするだけの取引方法です。

<HighLowのスペック>
  • 取引時間:15分/1時間/1日
  • ペイアウト率:1.88倍~1.90倍
  • スプレッド:なし

HighLowスプレッド取引

次に紹介するHighLowスプレッドの取引方法は、前述したHighLowと全く同じです。唯一、異なる点は「スプレッドが存在するか、存在しない」のみとなります。HighLowスプレッドにはスプレッドが存在する分、少し複雑&不利な取引になってしまいますが、その分ペイアウト率が高めというメリットも存在します。なるべくシンプルな方法で取引を進めるのであればHighLow取引、少し複雑かつ不利な条件であっても高ペイアウト率な取引を望むのであれば、HighLowスプレッド取引を選択しましょう。

<HighLowスプレッドのスペック>
  • 取引時間:15分/1時間/1日
  • ペイアウト率:2.00倍
  • スプレッド:±0.20~±2.20

Turbo取引

Turbo取引の最大の特徴は、その名の通りハイスピードな取引が行える点です。Turbo取引は、最短30秒の取引が行うことができる、まさにスピード特化型の取引方法です。なお、基本的なルールはHighLow取引と全く同じですが、取引時間とペイアウト率のみ条件が異なります。

<Turboのスペック>
  • 取引時間:30秒/1分/3分/5分
  • ペイアウト率:1.85倍~1.95倍
  • スプレッド:なし
  • Turbo(ターボ)スプレッド取引

Turboスプレッド取引

最後4つ目のバイナリーオプションは、「Turboスプレッド取引」です。Turboスプレッドは、高いペイアウト率を誇り、かつ取引時間が短いというスペックの他、スプレッドが発生するという条件が含まれています。4つのバイナリーオプションの中でも、勝つのが特に難しい取引条件が揃っています。

<Turboスプレッドのスペック>
  • 取引時間:30秒/1分/3分/5分
  • ペイアウト率:2.00倍
  • スプレッド:±0.10~±0.30

クイックデモのメリット

続いて、ハイローオーストラリアでクイックデモを利用する際のメリットを紹介します。ハイローオーストラリアでクイックデモを利用するメリットは、主に2つ挙げられます。

<メリット>
  • 取引方法をノーリスクで学べる
  • 取引画面に慣れることができる

それでは、それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

取引方法をノーリスクで学べる

ハイローオーストラリアのバイナリーオプション取引は、前述した通り4つの方法があります。それぞれの取引方法の違いについても既に解説しましたが、実際の違い・特徴は、実際にハイローオーストラリアで取引をしてみなければ分からない部分かと思います。せっかくなので、リアル取引でそれぞれの違いを体験する前に、コストゼロでデモ口座を利用して経験値を稼いでおいた方がベストです。ハイローオーストラリアのデモ取引では、4つのバイナリーオプションを実際に試してみることができます。

取引画面に慣れることができる

デモ取引のもう一つのメリットは、ハイローオーストラリアの取引画面にあらかじめ慣れることができるという点です。バイナリーオプションでの取引は、中長期的な取引を行うFX・株式と異なり、短期取引に挑める点が魅力的です。しかし、ある意味スピード勝負な世界でもあるので、操作に慣れていなければ、致命的なロスが出てしまう可能性もあります。そのような可能性を防ぐためにも、取引画面に慣れておいた方が絶対に良いでしょう。取引画面の慣れ度は触ってみた回数に比例する部分でもあるので、いざ本番勝負に出ても問題ない!という段階へ到達するまで、余すことなく取引画面を触ってみることをおすすめします。

クイックデモのデメリット

続いて、クイックデモのデメリットについても解説します。ノーリスクという点をふまえてもデメリットはほとんどありませんが、強いていうのであれば、一つだけクイックデモのデメリットが存在します。

リアルな取引を体験することができない

デモ取引における唯一のデメリットとして、「リアルな投資を体験することができない」という点が挙げられます。実際に自分の資金を使って取引に挑む場合と、デモ口座の100万円を使って取引を行う場合とでは、トレーダーの「メンタル」の部分において、大きな違いが存在します。当然ではありますが、デモ取引では実際に投資をした場合の緊張感・達成感、敗北感を味わうことはできません。そのため、「デモ取引ではスムーズに進んでいたけど、リアル取引では、つい焦ってありえないミスを犯してしまう・・・」という壁にぶつかるトレーダーも少なくありません。そのため、本気でバイナリーオプションで稼いでみたいと思うのであれば、まずはデモ取引で操作・取引画面に慣れて、その後のリアル取引では、まずは少額から取引にチャレンジしてみることをおすすめします。

リアル口座・デモ口座の違い

続いて、ハイローオーストラリアのデモ口座・リアル口座での取引において異なる点をそれぞれ解説します。デモ口座・リアル口座の違いは、主に下記3つが挙げられます。

<デモ口座・リアル口座における違い>
  • MT4のチャートとのズレがある
  • デモ取引は取引履歴を確認できない
  • 残高不足になると口座がリセットされる

それぞれの詳細について、詳しく見ていきましょう。

MT4のチャートとのズレがある

MT4のチャートは、提供業者によって少なからずズレが生じる仕様となっています。イローオーストラリアの為替レートは、「BitMEX社」「LMAX社」の二社から、仮想通貨レートは「LMAX社」「BitMEX社」の2社から入手しています。なぜハイローオーストラリアは複数社からチャートを取得しているかというと、取引におけるチャートの公平性を保つためです。複数の方向性からチャートを張り巡らせることにって、チャートの公平性・信頼性を上げることができます。

デモ取引は取引履歴を確認できない

ハイローオーストラリアのデモ口座・リアル口座での取引において大きく異なる点として、『取引履歴の閲覧可否』が挙げられます。デモ取引では、取引履歴を閲覧できない仕様となっています。リアル資金を使って取引をするわけではないのでトレーダーにとって不利益となる条件ではありませんが、本番にむけて、デモ口座でも取引履歴を確認してみたいというトレーダーにとっては、やや不便に感じるポイントかもしれません。どうしても取引履歴を把握したいのであれば、エクセルやワードなどで取引日、金額などをメモしておく必要があります。ただ、実際にはリアル口座で取引履歴をチェックする手順はそこまで難しくはないので、本番で初めて取引履歴をチェックする段階に行った時に覚えれば大丈夫です。

残高不足になると口座資金がリセットされる

ハイローオーストラリアのデモ取引は、一定時間が経過すると、口座残高がリセットされます。リセットされた段階で、デモ画面の初期設定である「資金100万円」という条件に戻ります。

デモ取引ができないケース・その原因とは?

デモ取引ができなくなる原因は以下のようにいくつかあるので、ご自身が当てはまっていないかチェックしてみてください。

デモ口座の資金不足

デモ口座にはあらかじめ用意された仮想資金100万円がなくなると、デモ取引ができなくなります。これはリアル取引でも言えることです。しかし、キャッシュを削除したり、シークレットモードを使えば、デモ取引を何度でもやり直すことができます。ちなみに、シークレットモードは、各ブラウザの右上の設定メニューから開くことができます。

ハイローオーストラリアの休業日

デモ取引はリアル取引と同様に、土日・オーストラリアの祝日など、ハイローオーストラリアの取引時間外は一切利用することができません。そのため、土日の時間がある時にデモ取引をゆっくり練習しよう・・・という活用方法はできないので注意しておいてください。

サイトのメンテナンス中である

ハイローオーストラリアがメンテナンス作業に入っている場合も、デモ取引を行うことはできません。ハイローオーストラリアがメンテナンスを行うタイミングは主にが多いですが、臨時メンテナンスは、平日に急遽行われることもあります。メンテンナンス中は、デモ取引を利用することができないので注意してください。また、大型メンテナンスの場合は、取引だけでなく、入出金機能も制限がかかる場合もあります。

使用デバイスのスペックが古すぎる

使用するデバイスがあまりにも古い場合、デモ取引が利用できない場合もあります。ハイローオーストラリアの取引サイトは、為替相場の情報をいつもリアルタイムで表示しています。他のサイトと比べるとやや重たい傾向のため、一定レベル以上のスペックがなければ、サイトを表示させることができない場合があるので注意してください。ちなみに、ハイローオーストラリアが推奨するCPUは、「Pentium500MHz以上」です。

ネット環境に不具合が生じている

デモ取引ができない原因の一つとして、ネットワークの不具合も考えられます。これはハイローオーストラリアに限って言えることではありませんが、夜の時間帯などはwifiの接続が不安定になることも多く、結果的にデモ取引ができないという恐れもあります。そのような場合は、一度リセットするなどして対応してみましょう。なお、ブラウザのエラーが原因の場合などはどうしようもないので、再起動をするなり、別のブラウザを使うなどして、対応してみてみましょう。

レートにシステム障害が起こっている

既に本記事の冒頭でも解説しましたが、ハイローオーストラリアの為替レートは、「レバレート社」と「FXCM」という2つの業者のレートをサイト内に表示しています。為替レートの運用・管理にハイローオーストラリアは直接タッチしていないので、それぞれの業者が運用・管理する業者レートに何らかの障害が起きてしまった場合、ハイローオーストラリアでの取引ができなくなってしまうケースがあります。もし、使用しているレートに何らかの原因がある場合、トレーダー側ではどうすることもできません。歯がゆいかもしれませんが、メンテナンスの場合と同様に、まずは改善されるまでひたすら待ちましょう。

まとめ

以上、本記事ではハイローオーストラリアでデモ口座を利用するための概要を様々な観点から紹介しました。デモ取引はあくまで「デモンストレーション」なので、ある程度、バイナリーオプションに慣れている中級者トレーダーであれば、あまり必要がないかもしれません。バイナリーオプションでの取引を初めて試みるトレーダーにとっては、実際の取引に直結する経験値をノーリスクで稼ぐことができるので、ハイローオーストラリアのクイックデモを使用することは非常におすすめできます。

ハイローオーストラリアでの取引方法がいまいち理解できていない人や、ツールの操作にゼロから慣れてみたい人なら、ハイローオーストラリアのクイックデモを利用しない手はありません。

ハイローオーストラリアのクイックデモは、ハイローオーストラリア公式サイトにある「クイックデモ」というページから、即体験することができます。事前登録なども一切不要で、パソコンまたはスマホがあれば即トライすることができます。ぜひ、ハイローオーストラリアの良さをリアル取引で体験する上での事前勉強として、まずはクイックデモを利用してみてください。

関連記事こちらの記事も人気です。