ハイローオーストラリアで専業トレーダーを目指さない

バイナリーオプションを始めるにあたってはまず、海外バイナリーオプション業者を利用するのか、国内バイナリーオプション業者を利用するのかという選択をすることになります。
おそらく多くの方が海外バイナリーオプション業者のほうに魅力を感じるかと思います。
その海外バイナリーオプション業者の代名詞とも言える存在がハイローオーストラリアなのですが、中にはハイローオーストラリアで専業トレーダーを目指している方もいるかもしれません。
ただ、ハイローオーストラリアで専業トレーダーを目指すのはおすすめできません。
今回はその理由についてお話ししていきたいと思います。

そもそもバイナリーオプションで専業トレーダーを目指すのは相当ハードルが高い

ハイローオーストラリアで専業トレーダーを目指さないほうがいい理由として、まず挙げられるのがハードルの高さです。
そもそもバイナリーオプションで専業トレーダーを目指すのは、相当ハードルが高いです。
なぜかというと、バイナリーオプション自体が何度も何度も取引を繰り返し、少しずつ利益を積み重ねていくタイプの投資だからです。
もしFXのように一発逆転が可能な投資であれば、年に1回でも大きな当たりを出せばそれで当面の生活は心配ないような利益を得られることもあるでしょう。
しかしながら、バイナリーオプションではそれは難しいのです。
ハイローオーストラリアでは最小掛け金が1,000円で、最大掛け金が200,000円となっており、最大ペイアウト倍率は2.3倍です。
これらの条件だけでも、1回に大きなリターンを得ることの難しさがわかるのではないでしょうか?
もちろん、資金的に余裕がある方であれば多少は可能性も出てくるでしょうが、今バイナリーオプションのような投資を検討している方というのはどちらかというと資金的に余裕のない方のほうが多いです。
限られた資金の中で何度も何度も取引を繰り返し、利益を積み重ねていくというスタイルで専業トレーダーを目指すのであれば、かなり高い勝率を維持しなければいけません。
勝率はある程度までは高めることができますが、高い勝率を維持するのはとても難しいのです。

ハイローオーストラリアの名前を出して情報を発信している専業トレーダーに胡散臭いタイプが多い

また、ハイローオーストラリアで専業トレーダーを目指さないほうがいい理由としては、ハイローオーストラリアの名前を出して情報を発信している専業トレーダーに胡散臭いタイプが多いという部分も挙げられます。
調べてみると情報はわんさか出てくるかと思います。

本当に専業トレーダーなのかわからない

実際に検索してみるとハイローオーストラリアの名前を出して情報を発信している専業トレーダーはかなりの数見つかるでしょう。
ただ、その情報を発信している本人が本当に専業トレーダーなのかどうかはわかりません。
今は誰もが簡単になりすませるような時代です。
それらしい画像を用意して、それらしいTwitterアカウント、それらしいInstagram、それらしいブログを作ってしまえば、誰でも自称専業トレーダーになりすますことができます。
もちろん、中には本当にハイローオーストラリアで専業トレーダーを実現した方もいるかもしれませんが、おそらく思っている以上に数は少ないはずです。
本当に相手が専業トレーダーなのかどうかを見極めるのは難しいですし、そもそも自称専業トレーダーの情報に頼るのはやめておいたほうがいいのです。

ハイローオーストラリアでの禁止行為を勧めている

ハイローオーストラリアの名前を出して情報を発信している専業トレーダーの中には、驚くべきことにハイローオーストラリアでの禁止行為を勧めているようなケースも多く見受けられます。
例えば、「ハイローオーストラリアでの勝ち方を教えます!」「ハイローオーストラリアでの稼ぎ方を教えます!」といったレクチャー系の情報を発信しているパターンもかなり目立つのですが、こういったレクチャーというのはハイローオーストラリアでの禁止行為に該当する可能性が高いです。
ハイローオーストラリアの公式サイトには「口座利用条件」という情報が公開されており、その中に禁止行為が明記されています。

 

禁止行為

a) 第三者からの金融の助言、推奨、声明もしくは解説に基づいてポジションを取ったり閉じたりすること。その第三者が免許を有しているか、そのようなことをする許可を持っているか否かには関係しない。

このa)以降にもq)まで禁止行為がいろいろと記載されているのですが、レクチャーというのはまさにこのa)の禁止行為に該当すると言えるでしょう。
また、レクチャー系の情報を発信している自称専業トレーダーというのは、レクチャーからそのまま自動売買ツールの販売へ持っていくようなケースも少なくありません。
実際に勝率の高い自動売買ツールがあると言われれば、どうしたって興味を持ってしまうものです。
ただ、自動売買ツールというのもハイローオーストラリアでは禁止されています。
ハイローオーストラリア公式サイトの「よくあるご質問」ページの「口座及び入出金」のカテゴリでは、以下のようなQ&Aが掲載されています。

 

口座の強制解約について

以下の事由に一つでも該当する場合、口座が強制的に解約されます。

  • レートの遅延やフロントランニングを狙った取引
  • 業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合
  • クレジットカードの乱用が認められた場合
  • 取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合
  • 本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合
  • 同一人が複数口座を開いたことが確認された場合(両方の口座を解約することがあります)

「業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合」という記載があるように、自動売買ソフトの利用が疑われてしまっただけでアウトなのです。
基本的に口座の強制解約というのはユーザーに対するもっとも重い処分と言っても過言ではありません。
実質的にはハイローオーストラリアから強制的に退場させられるような処分ですから、そういったリスクのあるものを推奨する時点で専業トレーダーとしては疑わしいわけです。
勧められるがままに禁止行為に手を出して、積み重ねてきた利益分をすべて没収されてしまったとしても専業トレーダーは責任を取ってはくれないでしょう。

ハイローオーストラリアは専業よりも副業的に活用すべき

基本的にハイローオーストラリアの名前を出している専業トレーダーというのは、怪しいと思っておいたほうがいいです。
ハイローオーストラリアはハイローオーストラリアの名前を悪用した詐欺行為などが影響して金融庁から警告を受けているような部分もありますので、あえてハイローオーストラリアの名前を出していかにも有益らしい情報を発信している時点で距離を置いたほうがいいでしょう。
ただ、ハイローオーストラリアで良い結果を出しているトレーダーがいるのもまた事実です。
実際にハイローオーストラリアは結果が出やすい環境を整えているバイナリーオプション業者なので、専業にこだわらず副業的に始めていくことをおすすめします。
副業的にバイナリーオプション取引をおこなっていったほうが気持ちの面でも余裕ができますし、リスクも抑えられます。

関連記事こちらの記事も人気です。