ハイローオーストラリアに口座凍結された話は本当なのか?

バイナリーオプションについて調べていると、口座凍結についての報告をよく見聞きするものです。
実際に、口座凍結というのは基本的にどこのバイナリーオプション業者でも起こり得ることです。
今回はバイナリーオプション業者の中でもトップクラスの知名度を誇るハイローオーストラリアについて、口座凍結やその原因を中心に詳しくお話ししていきたいと思います。

ハイローオーストラリアには2種類の口座凍結がある

まず、ハイローオーストラリアには2種類の口座凍結があるということを理解しておきましょう。
具体的には、以下の2種類になります。

完全凍結 取引や出金が完全にできなくなる取引口座(アカウント)の利用停止、強制解約処分
限定凍結 一部機能の利用や取引に制限がかかる口座凍結処分

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

ハイローオーストラリアの完全凍結

ハイローオーストラリアで完全凍結になった場合、その名前の通り、取引口座が完全に凍結されてしまい、取引はもちろん、入出金やサービスの利用などが一切できなくなります。
2種類ある口座凍結処分の中で、もっとも重たい処分であり、もっとも避けなければいけない処分でもあります。
以下の状況にひとつでも当てはまるものがあれば、ハイローオーストラリアで完全凍結処分を受けている可能性があります。

 

完全凍結処分
  • 最小取引額である1,000円を入力しても「入力された金額が、購入可能金額を超えています。」と表示され取引ができない
  • 入出金を含むすべてのサービスが利用停止となっている
    ※ただし、リスク管理部門・コンプライアンス部門による取引口座精査次第で出金される場合も
  • 口座残高の出金依頼をおこなうとその出金依頼が取り消される

このようにハイローオーストラリアでの取引はもちろん、入出金などの手続きも含めてすべてが利用できなくなってしまいます。
完全凍結はそれだけ厳しい処分であるということです。
最悪の場合、取引で得た利益がどれだけあったとしてもすべてが没収されるということもあり得ます。
ただ、ハイローオーストラリアにはリスク管理部門、コンプライアンス部門といったものがあり、それらの部門で取引口座調査がおこなわれた後の結果次第では出金ができる場合もあります。
すべての金額が出金できることもあれば、一部のみの返金となることもあり、こればかりは調査結果を待つしかありません。
どちらにしてもあまり期待は持たないほうがいいでしょう。
この完全凍結での処分だけを見ると、ハイローオーストラリアがひどく厳しいバイナリーオプション業者に思えるかもしれません。
しかしながら、完全凍結はあくまでもハイローオーストラリアで決められている禁止行為をおこなったユーザーに対する処分なので、きちんとルールを理解して利用する分にはまったく問題はありません。

ハイローオーストラリアの限定凍結

ハイローオーストラリアで限定凍結になった場合、一部の機能で制限を受けることになります。
限定凍結というのは文字通り、限定的に口座が凍結される処分になります。
取引や入手金自体はできるのですが、「エントリー中に他のエントリーができなくなる」「連続したポジションの保有や連打での購入ができなくなる」「一度の取引での取引上限額が5,000円までに制限される」といった形で一部の機能に制限がかかります。
以下の状況にひとつでも当てはまるものがあれば、ハイローオーストラリアで限定凍結処分を受けている可能性があります。

 

限定凍結処分
  • 1取引の上限額が5,000円で5,001円以上を入力しても「入力された金額が、購入可能金額を超えています。」と表示され取引ができない
  • 1つのオプション取引につき、取引できる数が1つまでと制限される
  • 入出金自体はできる
    ※コンプライアンス部による取引口座精査期間は入出金が制限される場合も

ハイローオーストラリアの限定凍結は自動取引ツールの使用を疑われた場合や過剰に利益を得た場合に取られる処置となっているのですが、特に「過剰に利益を得た」という部分に関しては明確なラインがなく、ユーザー側での判断は難しいのが現状です。
完全凍結は完全アウトなユーザーに対しておこなわれるものなのですが、限定凍結に関しては判断のつかないグレーなユーザーに対してもおこなわれている印象です。

ハイローオーストラリアで口座凍結となる原因

完全凍結にしても限定凍結にしても、ハイローオーストラリアでの口座凍結は絶対に避けたいところです。
そのためにも、何が原因で口座凍結になるのかをきちんと理解しておきましょう。
ハイローオーストラリアの公式サイトには、口座の強制解約について以下のような記載があり、これがそのまま口座凍結の原因となるものと考えていいでしょう。

 

口座の強制解約

以下の事由に一つでも該当する場合、口座が強制的に解約されます。

  • レートの遅延やフロントランニングを狙った取引
  • 業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合
  • クレジットカードの乱用が認められた場合
  • 取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合
  • 本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合
  • 同一人が複数口座を開いたことが確認された場合(両方の口座を解約することがあります)

わかりにくいものもあるかと思いますので、ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

レートの遅延やフロントランニングを狙った取引

バイナリーオプションでは判定レート配信元である会社が異なるためサービス業者によって取引画面内に表示されているレートに微妙なズレが生じるのですが、それを狙った取引は禁止されています。
フロントランキングはいわゆるインサイダーのようなもので、一般ユーザーにはあまり関係がありません。

業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合

ハイローオーストラリアでは自動売買ソフトなどの利用はNGですし、それが疑われるような機械的な取引にも気をつけなければいけません。

クレジットカードの乱用が認められた場合

これはいわゆるクレジットカードの現金化が当てはまります。
たくさん入金して、取引をせずに出金を繰り返していると口座が凍結されてしまいます。
第三者名義のクレジットカードや期限切れのクレジットカードの利用もNGです。

取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合

これはマネーロンダリングが疑われるとアウトという理解でOKです。
たくさん入金して、ほとんど取引をしないといったことは避けてください。

本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合

そもそもこういったものの偽装は法的にもアウトなので、絶対にやめておきましょう。
うっかりミスでもNGなので、このあたりの手続きは慎重におこなってください。

同一人が複数口座を開いたことが確認された場合(両方の口座を解約することがあります)

ハイローオーストラリアはひとりにつき1つの口座までです。
新しくアカウントを取得したり、第三者の口座を借りたりするのもNGです。

関連記事こちらの記事も人気です。