ハイローオーストラリアの口座凍結を防ぐには?

ハイローオーストラリアで危険な取引をしていると、口座凍結になる可能性があります。口座凍結されると今までの利益が無くなってしまったり、以降サイトを利用できなくなってしまったりするケースが考えらえます。とはいえ、どのような行為が口座凍結の原因になるのかわからない方が多いでしょう。

この記事では、ハイローオーストラリアで口座凍結になる可能性が高い、リスクのある取引を解説していきます。自身の取引行為に問題はないか確認したい方や、すでに口座凍結されて悩んでいる方がいれば、ぜひ参考にしてみてください。

ハイローオーストラリアで起こり得る口座凍結

大前提として、ここで解説する口座凍結は「罰則」を意味します。ハイローオーストラリアでは、サイトの規約に違反した際や問題を起こした場合の処分として、口座凍結が起こるケースがあります。

口座凍結はハイローオーストラリアのコンプライアンスチームによって行われるものですが、以下3パターンの凍結があります。

● 限定口座凍結
● 完全口座凍結
● 強制解約

各凍結内容によって制限範囲が異なるため、詳しく解説していきます。

限定口座凍結

「限定口座凍結」は、凍結のなかでも軽度に該当します。すべての取引が不可能になるわけではなく、できることが制限されるのが特徴です。具体的な取引の制限として、以下を参考にしてみてください。

限定口座凍結の制限内容
入金 取引 出金 解除

また、ハイローオーストラリアの限定凍結では、取引金額も5,000円以下に制限される点が特徴に挙げられます。この場合、入金や出金は自由にできるケースがほとんどです。

完全口座凍結

「完全口座凍結」では、入金・取引・出金のすべてが完全にできなくなる口座凍結です。

完全口座凍結の制限内容
入金 取引 出金 解除
× × ×

この場合、ハイローオーストラリアでのコンプライアンスチェックが終了するまでは、ただ待つしかありません。疑いが晴れれば凍結解除の可能性もありますが、最悪の場合はそれまでに獲得した利益を出金できないまま、解約を強いられるケースもあります。

強制解約

「強制解約」は、その名のとおりハイローオーストラリアを強制的に口座解約されてしまうことをいいます。

強制解約の内容
入金 取引 出金 解除
× × × ×

こうなってしまうと、今まで稼いでいた現金が一瞬にして無くなります。さらに強制解約の場合、ハイローオーストラリアへ再登録しようとしても、申請を受け付けてもらえないという処罰付きです。

口座凍結になるリスクがあるのは、ハイローオーストラリアに限ったことではありません。ルールに則った安全な取引をしていれば凍結されることもないため、危険行為は避ける必要があるでしょう。

ハイローオーストラリアで口座凍結を招く行為

ハイローオーストラリアで口座凍結や強制解約が行われる理由として、禁止行為の該当が挙げられます。以下は、公式サイトで紹介されている6つの禁止行為です。

口座の強制解約について

以下の事由に一つでも該当する場合、口座が強制的に解約されます。

  • レートの遅延やフロントランニングを狙った取引
  • 業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合
  • クレジットカードの乱用が認められた場合
  • 取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合
  • 本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合
  • 同一人が複数口座を開いたことが確認された場合(両方の口座を解約することがあります)

引用元:よくあるご質問|ハイローオーストラリア

上記を読む限り、普通に口座を開設して取引を行っていれば、ハイローオーストラリアが定める禁止行為に抵触する恐れはありません。とはいえ、上記に該当していなくても、口座凍結を招く可能性のある行為があるのも事実です。

ここからは、トレーダーが行ってしまいがちな口座凍結の原因となる3つの危険行為について、解説していきます。

1.複数端末での同時ログイン

危険行為の1つ目は、複数端末での同時ログインです。ハイローオーストラリアを利用する際、以下の行為をやってしまいがちな方は凍結に注意しましょう。

● パソコンでログインしているのにスマホアプリも開く
● 自宅のパソコンをログアウトしないまま、勤務先のパソコンでもログインしてしまう

このような複数端末の同時ログインは第三者による「のっとり」と考えられることがあり、ハイローオーストラリア側が危険を察して口座凍結をする可能性があります。うっかりミスで誰もがやってしまいがちな行為のため、気を付けましょう。

2.トレード手法の乱発

ハイローオーストラリアに限らず、バイナリーオプションの取引戦略にさまざまな手法が用いられますが、なかには禁止と明記されていなくても「違反」と扱われ、凍結されるケースがあります。

少なくともハイローオーストラリアでは「スキャルピング」と呼ばれる連打取引が危険行為に該当するため、注意が必要です。また「マーチンゲール法」はよく自動売買ツールでも利用される手法なため、乱発していると自動売買の疑いがかけられます。

いずれにしても、トレード手法の乱発は大損する可能性が高い危険取引といえるため、避けるのが健全といえます。

3.自動売買ツールの使用

前述のとおり、ハイローオーストラリアの利用規約では「自動売買ツールの使用禁止」が明記されています。たとえ自動売買ツールを使用していなくても、短期間で集中的に取引したり、連打で何度もエントリーを繰り返したりすると「ツールが使用されている」とみなされるため注意が必要です。

自動売買と判断された場合、完全口座凍結になる可能性があります。また「バレなければ大丈夫」と思っている方もいるかもしれませんが、当然ながら自動売買システムは他のユーザーと同じタイミングで取引することになるため、バレる可能性が非常に高いといえるでしょう。

このように、ハイローオーストラリアにおける禁止・危険行為は、多くのケースで口座凍結に至る可能性が考えられます。また、取引に慣れている方は特に注意が必要で、何気なくやっていることでも違反行為に抵触しているかもしれません。今一度、自身のトレードを振り返ってみることをおすすめします。

ハイローオーストラリアの口座凍結を解除するには?

たとえ慎重に取引していても、ハイローオーストラリア側が「違反・危険」と判断した場合は口座凍結されてしまうケースがあります。規約違反にまったく身に覚えがなく、口座凍結の原因が分からない場合は、ハイローオーストラリアに問い合わせてみましょう。凍結解除に向けて交渉する余地があるかもしれません。

問い合わせには、公式サイト内の専用フォームを利用するほか、時間帯によってはライブチャットでの即日回答サービスもおすすめです。問い合わせが可能な時間帯は、以下を参考にしてみてください。

問い合わせ方法 専用フォーム ライブチャット
利用言語 日本語 日本語
問い合わせ可能時間 24時間 平日9:00~17:00

専用フォームからの問い合わせは、回答に数日かかる可能性があります。そのため、口座凍結をいち早く解決させたい場合は、ライブチャットを利用するのが良いかもしれません。

また、行われたのが限定口座凍結であれば、完全凍結にならないうちに資金を出金しておくのも大切です。まずは自身ができる対処を考え、実施しておきましょう。

ハイローオーストラリアの口座凍結を防いで安全な取引を楽しもう

ハイローオーストラリアは、海外バイナリーオプションのなかでも大手のサービスです。日本では10年以上にわたって国内利用率No.1の取引所となり、多くのユーザーに愛用されている一方、確かな安全性からトレーダーの危険行為が厳しく処罰される傾向にあります。

もし、ハイローオーストラリアで口座凍結になりたくないなら、規約を守って安全に取引を楽しみましょう。万が一、凍結されてしまった場合は、ハイローオーストラリアのカスタマーサポートを利用してみてください。完全日本語対応なため、安心して問い合わせと原因解明まで行えるはずです。

関連記事こちらの記事も人気です。