ハイローオーストラリアにおける4つの取引方法の違いとは?

海外バイナリーオプション業者の中でも圧倒的な存在感を誇るハイローオーストラリアなのですが、ハイローオーストラリアには「HighLow」「HighLowスプレッド」「Turbo」「Turboスプレッド」という4つの取引方法が用意されています。
今回はこの4つの取引方法の違いについてお話ししていきたいと思います。

ハイローオーストラリアの4つの取引方法その1:HighLow

ハイローオーストラリアにおける4つの取引方法の中の1つ目として挙げるのがHighLowです。
HighLowは購入した時点の現在レートが一定の時間が経過した後に現在レートよりも上がっているのか、それとも下がっているのかを予想する取引になります。
ハイローオーストラリアに限らず、海外バイナリーオプション業者の取引の中でもっとも一般的な取引、バイナリーオプションにおける基本的な取引だと言ってもいいでしょう。
シンプルな取引なので初心者の方でも始めやすいですし、幅広い層から人気があります。

メリット
  • 上がるか下がるかを選択するだけなので始めやすい
  • ハイローオーストラリアにあるすべての取引商品が取引できる
デメリット
  • 短期取引と比べると1回あたりの取引時間が長く感じられる
  • ハイローオーストラリアにある4つの取引方法の中でももっともペイアウト倍率が低い

HighLowの攻略について

HighLowでは、基本的に動きの大きな相場を狙うといいでしょう。
FXでのトレード経験のある方であれば、バイナリーオプションだからこその違いよりもFXと似ている部分のほうが強く感じられるかもしれません。
トレンドを狙うためにもより多くの情報を集められる通貨ペアを利用すると効果的にトレードを進められます。
少しでも高い勝率を目指すのであれば、転売機能を活用するのもおすすめです。
他の取引方法よりもペイアウト倍率が低くなるので、少しでも勝率を高めていくことが大切です。

 

ハイローオーストラリアの4つの取引方法その2:HighLowスプレッド

ハイローオーストラリアにおける4つの取引方法の中の2つ目として挙げるのがHighLowスプレッドです。
HighLowスプレッドは、購入した時点の現在レートが判定時刻である取引終了時に、スプレッド幅を越えて上がっているか、それとも下がっているかを予想する取引になります。
先ではHighLowについてお話ししましたが、HighLowスプレッドはその名前の通り、通常のHighLowにスプレッドがかけられている取引なのです。
より大きな値動きを予想する必要があり、少しペイアウト倍率が高く設定されている点でもHighLowと違いがあります。
ちなみに、スプレッドとは売値と買値の差のことで、「レンジ幅」と呼ばれることもあります。

メリット
  • スプレッド幅が設けてある代わりにHighLowよりもペイアウト倍率が高い
  • 経済指標の発表や要人の発言後など大きな値動きが期待できるタイミングで取引チャンスになる
デメリット
  • HighLowよりも大きな値動きを予想する必要があるため、初心者へのハードルは上がる
  • スプレッド幅が設けられることで勝率が下がる

HighLowスプレッドの攻略について

ペイアウト倍率の満期まで取引をするのは、経済指標発表前や要人の発言前などスプレッドを無視できるだけの動きがあると予想されるときだけになるかと思います。
自分の目で見て利確と損切りができる転売機能を活用して、損切りを積極的におこなっていきましょう。

 

ハイローオーストラリアの4つの取引方法その3:Turbo

ハイローオーストラリアにおける4つの取引方法の中の3つ目として挙げるのがTurboです。
Turboは短時間でおこなう取引のことで、取引開始の現在レートから30秒から5分後の取引終了時の判定レートが上がっているのか、下がっているのかを予想します。
海外バイナリーオプション業者ならではの短期取引で、判定時間は30秒、1分、3分、5分の4種類の中から選べるようになっています。
短時間で終わるからこそ、限られた時間の中でも何度も取引を繰り返していくことができます。
効率的ではあるものの、その分、負けが続く可能性もありますので注意が必要です。

メリット
  • 取引ルールがシンプルかつ短時間で取引が終わるため、効率的
  • 短時間で取引が終わるので、為替変動などの外的な影響を受けにくい
デメリット
  • 短時間取引だからこそレートを読むのが難しい
  • 手軽に何度も取引ができるため、ルールを決めておかないと止まらなくなってしまう

Turboの攻略について

ハイローオーストラリアでTurboの取引をする際には、時間帯を意識しておきましょう。
ハイローオーストラリアは同値だと引き分けではなく、負けになってしまいますので、それを回避するためにも短時間で動きのある相場を狙っていくことが大切です。
いつでも気が向いたときに取引をするという感じではなく、取引の時間帯を決めておいたほうが勝率も上がります。

 

ハイローオーストラリアの4つの取引方法その4:Turboスプレッド

ハイローオーストラリアにおける4つの取引方法の中の4つ目として挙げるのがTurboスプレッドです。
Turboスプレッドは短時間で、ペイアウト倍率の高い取引になります。
取引開始の現在レートから30秒から5分後の取引終了時の判定レートがスプレッド幅を越えて上がっているのか、それとも下がっているのかを予想していきます。
基本は先でお話ししたTurboと同じなのですが、そこにHighLowスプレッドの要素も入っているといった感じです。
短時間の間で、より大きな値動きを予想する必要があります。
短時間での取引なので、長い時間をかけて上昇していく相場や下降していく相場では勝負ができず、短時間で大きな値動きが予想されるタイミングで勝負に出なければいけません。

メリット
  • ハイローオーストラリアにおける4つの取引方法の中でもっともペイアウト倍率が高い
  • 短時間で取引が終わるので、為替変動などの外的な影響を受けにくい
デメリット
  • Turboより大きな値動きを読む必要があるので、初心者へのハードルは上がる
  • 為替があまり動かないレンジ相場ではあまり取引ができないため、他の取引方法と比べると取引チャンスが少なくなる

 Turboスプレッドの攻略について

繰り返しになりますが、TurboスプレッドはTurboにスプレッドがついたものになりますので、Turboよりも大きな為替の動きが短時間に必要となります。
そのため、狙い目となるのはやはり経済指標発表時など決まった時間に大きな為替の動きが狙える相場です。
発表直後のトレンドが発生した相場のみを短時間で狙うと効果的です。
大きな動きがあれば大きな利益を狙えるというのがTurboスプレッドなのです。

4つの取引方法の違いを理解した上で使い分ける

ハイローオーストラリアにおける4つの取引方法についてお話ししましたが、やはりそれぞれに違いがあります。
違いがあるからこそ、その場その場に応じて使い分けをおこなっていきましょう。
自分のトレードスタイルなどを考慮しながら、自分にとって一番利益を出しやすい方法を見つけてください。
もちろん、リアルトレードでいろいろと試していくのもいいでしょうが、せっかくハイローオーストラリアにはクイックデモが用意されているのですから、デモ口座でのデモトレードも積極的に活用していきましょう。

関連記事こちらの記事も人気です。