Bi-Winningに出金拒否された噂の真相

リスクはあるものの、シンプルなルールで効率的に資産を増やせる可能性があるということでバイナリーオプションの人気が高まっています。
バイナリーオプション業者の選択肢も増えつつあるのですが、バイナリーオプション業者を選ぶ際には出金拒否についてきちんと調べておくことをおすすめします。
今回はバイナリーオプション業者のひとつであるBi-Winningでの出金拒否についてお話ししていきたいと思います。

Bi-Winningでの出金拒否の報告はない

今のところ、Bi-Winningでは出金拒否の報告はありません。
ただ、これはBi-Winningが比較的新しいバイナリーオプション業者だからでもあります。
Bi-Winningがサービスを開始したのは2021年のことで、いまだに「バイウイニング」なのか「ビーウイニング」なのか読み方もわかっていないユーザーが多数いるような状態です。
ちなみに、Bi-Winningは「ビーウイニング」と読むのが正解のようです。
今後、Bi-Winningで出金拒否の報告が出てくる可能性は否定できませんが、現時点で1年以上、安定的に運営ができていることを考えるともともと出金拒否が発生しにくいバイナリーオプション業者なのかもしれません。

Bi-Winningで出金拒否にならないために理解すべきルールとは?

現時点でBi-Winningでの出金拒否は報告されていませんので、Bi-Winningを利用していて出金拒否になる可能性はとても低いかと思います。
ただ、それでも基本的なルールを守っていないとBi-Winningでも出金拒否は起こり得ます。
Bi-Winningで出金拒否にならないための理解しておくべきルールについて詳しく見ていきましょう。

登録者と出金先口座の名義人が一致していなければいけない

Bi-Winningに限ったことではないのですが、基本的にバイナリーオプション業者では登録者本人以外が名義人となっている口座に出金することはできません。
出金先は登録者本人が名義人となっている口座でなければいけません。
例え、家族であっても第三者の口座は使えません。
不正な出金を防ぐためでもありますし、マネーロンダリング防止の観点からも絶対に必要となってくるルールです。

出金には最低出金額を満たす必要がある

Bi-Winningは出金にあたって「銀行振込出金で1万円以上」という最低出金額というものを設けており、その金額をクリアしていないと出金はできません。
1万円未満の出金には対応していません。
ちなみに、Bi-Winningでは最低入金額が5000円からとなっていますので、最低出金額と最低入金額を混同しないように注意しておいてください。

口座が強制解約になるようなことはしない

Bi-Winningには口座の強制解約というものがあり、口座が強制解約の状態になると一切の出金が受け付けてもらえなくなります。
それどころかそれまで積み重ねてきた利益もすべて没収されてしまいます。
Bi-Winningで口座が強制解約になってしまうのは、以下のようなケースです。

 

強制解約
  • 自動売買ソフトの利用の疑いがあると判断された場合
  • 集団での利用の疑いがあると判断された場合
  • 取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超えるとみなされた場合
  • 本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合
  • 同一人が複数口座を開いたことが確認された場合

ひとつでも当てはまるものがあれば、Bi-Winningで口座が強制的に解約される可能性があります。
ひとつひとつさらに詳しく見ていきましょう。

自動売買ソフトの利用の疑いがあると判断された場合

大前提として、Bi-Winningでは絶対に自動売買ソフトを使わないようにしましょう。
ただ、自動売買ソフトを使わないようにするだけでは不十分です。
なぜかというと、自動売買ソフト利用の疑いがあるだけでアウトになってしまうからです。
要は、実際に自動売買ソフトを使わないだけではなく、自動売買ソフトを使っていると疑われないような取引をしていく必要があるわけです。
実際に、他のバイナリーオプション業者を利用していた方がスキャルピングやマーチンゲールなどで自動売買ソフトの利用を疑われてしまったというケースはあります。
スキャルピングやマーチンゲールはもちろん、疑われる可能性のある取引は避けるようにしましょう。

集団での利用の疑いがあると判断された場合

Bi-Winningでは集団での利用の疑いがあると判断された場合も口座の強制解約となるのですが、これはイメージしやすいかと思います。
例えば、特定の株などを不特定多数の方が一度に購入したり、逆に売ったりすると株価というのは大きく変動するものです。
もちろん、意図的にそういったことをおこなうのは絶対にNGですし、Bi-Winningに限らず他のバイナリーオプション業者でも禁止されています。
ただ、これに関してはごく一般的な取引をおこなっていれば、まず疑われることはありません。

取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超えるとみなされた場合

Bi-Winningではユーザーの取引額と入出金額のバランスをチェックしています。
例えば、かなりの金額を入金しているのに実際にはほんの少ししか取引をせず、そのまま出金するといったことを繰り返すのは素人目にもわかるほど怪しい行動です。
これはクレジットカードの現金化を防ぐためでもありますし、マネーロンダリング防止の観点からも絶対に必要となるルールです。

本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合

本人確認書類や公共料金、郵送物等の偽造は違法です。
Bi-Winningに登録しているかどうかに関係なく、絶対にやってはいけないことです。

同一人が複数口座を開いたことが確認された場合

Bi-Winningだけの話ではないのですが、基本的にバイナリーオプション業者においてはひとりにつき1つの口座というのが基本ルールになります。
裏技的に複数口座を開いたとしても、両方の口座が解約されてしまう可能性があります。
ひとりで複数口座を開いているかどうかはおそらくIPアドレスなどで判断されるかと思いますので、誰かと一緒に暮らしていて同じインターネット環境を使っているという方は特に注意しておいたほうがいいでしょう。

Bi-Winningで出金拒否になってしまったときの対処法

今のところ、Bi-Winningでの出金拒否というのはそこまで心配する必要はないと思います。
ただ、やはり最初から出金拒否にならないよう注意しておくに越したことはありません。
それでももしBi-Winningで出金拒否になってしまった場合には、まず自分がどのルールに触れてしまったのかを見直していきましょう。
問題点がわかり、それを解消した後に出金申請をすればおそらく問題なく出金ができるはずです。
自分自身でどこに問題があるのかわからない場合や絶対にルールには触れていないという自信がある場合には、Bi-Winningのサポートへ連絡を入れるようにしましょう。

第3位Bi-Winning

0.1 pipsで95%のペイアウト獲得が可能!

Bi-Winningはフィリピンに拠点を置くバイナリーオプション業者。ユーザーが利用しやすい環境が整っており、初心者から上級者まで幅広い人に向いているのが特徴です。通貨以外にも仮想通貨や外国株、貴金属、株価指数など合わせて100種類以上の取引商品を誇り、いろいろなバイナリーオプションが楽しめます。引き分けを表す「同値」の場合には、負けではなく、払い戻しがされる点はポイントです。

メリット

  • ペイアウト率は1.95倍
  • 100種類以上の取引商品あり
  • 国内銀行送金での入金・出金が可能

デメリット

  • 日本語対応が弱い
  • 入出金方法が少ない
  • ボーナスがない
  • デスクトップアプリのみ
最大ペイアウト率 通貨ペア アプリ対応
1.95倍 45種類 ×
最低入金額 オプション数 デモ口座
5,000円 2種
クイックデモ利用可能
登録不要でハイロー取引、Bi-winningが自由にお試し頂けます。デモ口座には10万円の仮想資金が用意されてデモトレードを楽しむことができます。ここで実際のトレード前に最新の取引プラットフォームを自由に試すことが可能、全ての機能は無料で利用できます。
100種類ほどの豊富な取引銘柄
Bi-winningでは他のバイナリーオプション業者と比較してみると歴然の豊富な取引銘柄を誇ります。国内業者は約20~30種の銘柄、海外業者でも取扱銘柄が100種を超える業者はほとんどなく、多彩なトレードを楽しみたい方にはおすすめのバイナリーオプション業者です。

関連記事こちらの記事も人気です。