Bi-Winning(ビーウイニング)の出金方法にはどんなものがある?

Bi-Winning(ビーウイニング)は、2021年に日本でバイナリーオプションサービスを提供し始めたばかりの海外バイナリーオプションサービスです。パナマ共和国に拠点を置くBET GLOBAL MARKET INC.が運営しています。公式サイトの情報はそれほど多くはありませんが、次々とサービスの改善が行われており、これから期待できるバイナリーオプションの一つです。そんなBi-Winning(ビーウイニング)にはどんな出金方法があるのでしょうか?

今回はBi-Winning(ビーウイニング)の入金方法や、それに併せて出金方法についても見ていきたいと思います。

Bi-Winning(ビーウイニング)の基本情報

Bi-Winning(ビーウィニング)の取引における会社情報やスペックは以下のようになっています。

業者名 Bi-Winning(ビーウィニング)
運営会社 BET GLOBAL MARKET INC.
金融ライセンス AVISOライセンス:155673623-2-2018-2019-599194
分別管理 分別管理
取引方法 ハイロー
ペイアウト倍率 最大88%※
取扱銘柄 通貨ペア:23銘柄
株式:33銘柄
貴金属:2銘柄
エネルギー:2銘柄
株価指数:5銘柄
仮想通貨:20銘柄
判定時間 ショート:1分〜5分※
ロング:10分〜21時間※
途中売却 可能
アットザマネー 購入額返金
最低購入額 500円
口座維持手数料 無料
最低入金額 5千円
入金手数料 無料
最低出金額 1万円
出金手数料 無料
ボーナス 期間限定開催
問い合わせ方法 メールのみ
受付時間 平日24時間対応
デモ口座 あり
日本語対応 あり

※ペイアウト倍率・判定時間は、銘柄・売買方向・時間帯・相場状況によって変動します

Bi-Winning(ビーウィニング)の特徴

 

Bi-Winning(ビーウィニング)の特徴
  • 通貨、仮想通貨、外国株、株価指数、貴金属、エネルギーと幅広い取引が可能
  • 国内銀行送金での入金・出金が可能
  • 短期取引中心の取引方法
  • ペイアウト倍率は最大1.95倍
  • 100種類以上の取引商品
  • テクニカル分析が利用可能

といったものです。特に通貨、仮想通貨、外国株、株価指数、貴金属、エネルギーといった100種類以上の取引商品でバイナリーオプショントレードが可能な点は見逃せません。さまざまな選択肢を持ちながら、テクニカル分析をしてトレードすることができます。

Bi-Winning(ビーウィニング)の取引ツール

Bi‐winning(ビーウィニング)の取引ツールは以下のようなものがあります。

ツールの独自機能 テクニカル分析表示 トレーダーセンチメント
アプリ対応 iPhoneアプリ×、 Androidアプリ× 、スマホ用サイト○
テクニカル分析できる項目 SMA、RSI、BB、MACD、Aroon、Aroon Oscillator、DPO、EMA、TEMA、TRIX、APO、PPO、WMA、Linear regression、Linear regression slope、AO、ATR、CCI、IKH、Momentum、Pivot points、Price Channel、Price Envelopes、Stochastic、Williamsr

取引ツールの最も大きな特徴は25種類のテクニカル分析ができる点にあります。かなり詳しく分析できる取引ツールを持つバイナリーオプションはあまりなく、分析とトレードを同じ取引ツールでまとめて使いたいという方には最適です。

Bi-Winning(ビーウィニング)の出金方法

Bi-Winning(ビーウィニング)の出金方法は「銀行出金」しかありません。その出金条件ですが、取引口座残高が1万円以上ある場合に出金が可能です、1万円未満の出金は口座解約時のみすることができます。着金については、銀行営業日の12:00までに出金依頼を行った場合は翌銀行営業日に着金します。12:00を越える場合は翌々銀行営業日に着金します。なお、Bi-Winning(ビーウィニング)には出金手数料は発生しません。

ちなみに送金先の銀行を指定する際にはSWIFTコードの入力欄があります。実際のところ、SWIFTコードがなくても送金可能であるようですが、できたら入力しておくようにしましょう。

※SWIFTコードは、国際標準化機構によって承認されている金融機関識別コードです。海外から国内銀行に送金する際に必要となります。

SWIFTコード一覧
0001:みずほ銀行 MHCBJPJT 0005:三菱UFJ銀行 BOTKJPJT
0009:三井住友銀行 SMBCJPJT 0010:三井住友銀行 SMBCJPJT
0010:りそな銀行 DIWAJPJT 0017:埼玉りそな銀行 SAIBJPJT
0035:ソニー銀行 SNYBJPJT 0036:楽天銀行 RAKTJPJT
0038:住信SBIネット銀行 NTSSJPJT 0039:auじぶん銀行 JICRJPJT
0040:イオン銀行 AEONJPJT 0041:大和ネクスト銀行 DNEXJPJT
0042:ローソン銀行LWSNJPJT

Bi-Winning(ビーウィニング)の入金方法

bi-winningの入金方法ですが、「銀行振込」「ビットコイン」「クレジットカード」の3つがあります。クレジットカード入金がないと言っている情報サイトもありますが、2022年11月現在で公式サイトではクレジットカード入金についての記載がありますので、新しく追加されたと思われます。ちなみにbi-winningでは、入金時に手数料は発生しません。

銀行振込の場合

銀行振り込みはほぼすべての国内銀行で対応可能です。銀行営業日の12:00までの入金は、通常、同日の15:00までにはお客様の取引口座に反映がなされます。しかし昼の12時を過ぎた場合には、翌銀行営業日に取引口座に反映されます。最低入金額は5,000円となっています。

ビットコインの場合

ビットコイン入金では、ログイン後の入金ページ、仮想通貨入金に記載のビットコインアドレスに、0.001以上のビットコインを送金します。送金後には記載のメールアドレスに送金内容を連絡することが必要です。対応時間は平日10:00~17:00となっています。ビットコイン入金はほぼすべてのウォレットで可能となっています。

クレジットカードの場合
クレジットカード入金

最低入金額:5000円
1回の最高入金額:30万円
1日の最高合計入金額:50万円
月間の合計最高入金額:200万円
対応ブランド:Visa / Mastercard

Bi-Winning(ビーウィニング)は土日祝日でも入金手続きは可能?

Bi-Winning(ビーウィニング)ですは、土日祝日のおいても入出金手続きは可能。ただし銀行振込は営業日外となってしまうため、反映までに時間がかかってしまいます。

関連記事こちらの記事も人気です。