Bi-Winningの安全性について調査した結果

Bi-Winning(ビーウィニング)は、2021年4月15日に日本でのバイナリーオプションサービスを提供し始めたばかりの海外業者です。新たなバイナリーオプション業者の参入に、日本では多くのトレーダーから注目されています。そこで気になるのが、業者の安全性や信頼性です。「Bi-Winning(ビーウィニング)が気になるけれど、情報が少ないから不安」と考える方も多いのではないでしょうか。

この記事では、Bi-Winning(ビーウィニング)の安全性を追求するために、業者の特徴や健全性を感じられるポイントを他社と比較しながら解説していきます。口座開設を検討している方だけでなく、すでにBi-Winning(ビーウィニング)で取引している方も、ぜひ参考にしてみてください。

新興業者のBi-Winning(ビーウィニング)とは?

Bi-Winning(ビーウィニング)は、パナマ共和国に拠点を置き、BET GLOBAL MARKET INC.が運営する海外バイナリーオプション業者です。日本への参入は2021年4月からと比較的運営歴が浅く、現在多くのトレーダーが注目を寄せています。

ビーウィニングの特徴には、以下が挙げられます。

 

特徴
  • ペイアウト倍率が最大1.95倍
  • 取引商品は100種類以上と豊富
  • 国内の銀行送金で安全な入出金が可能
  • プラットフォームでテクニカル分析を利用できる

このようにBi-Winning(ビーウィニング)は新興業者でありながら既に魅力満載といえます。また、取引は従来からの通貨だけでなく、仮想通貨や外国株、株価指数、貴金属、エネルギーなど、あらゆる選択肢でバイナリーオプションのトレードが可能です。

一方、デメリットには次のようなことが挙げられます。

 

デメリット

事業歴が浅い
キャンペーンが期間限定

Bi-Winning(ビーウィニング)はどうしても事業歴が浅いため、十分な情報が揃っていない点が不安視されやすい点といえます。また、登録キャンペーンがあるものの、公式サイトでは「期間限定」と謳われているため、継続的なものではないかもしれません。とはいえ、トレードするには何ら問題ないため、多くの選択肢のなかからバイナリーオプションを楽しみたいトレーダーにはおすすめの業者といえます。

Bi-Winning(ビーウィニング)の安全性が感じられる3つのポイント

Bi-Winning(ビーウィニング)の取引に問題がないとはいえ、信頼できる業者と納得してからトレードを始めたい方も多いでしょう。ここからは、Bi-Winning(ビーウィニング)がもつ多くの魅力のなかでも、安全性が感じられるポイントを3つに絞って解説していきます。

1. 1回のエントリーは500円から

多くのバイナリーオプション業者においてエントリー金額は1,000円スタートですが、Bi-Winning(ビーウィニング)は少額の500円から可能です。取引のハードルが低いため、特にマーチンを使うトレーダーにとっては嬉しいポイントといえます。たとえ取引で負けてしまっても、他業者に比べると大きな損失になりません。

ただし損失が少ない分、もらえる報酬額も下がる点は理解しておきましょう。とにもかくにも、新しい業者は不安に思う点が多いため、500円からエントリーできるのは安全性が感じられるポイントといえます。まだまだトレードに慣れていない初心者でも、安心してトレードに挑戦できるでしょう。

2. 「引き分け」は払い戻しが可能

Bi-Winning(ビーウィニング)では、引き分け判定の場合、購入金額を払い戻してくれる点が魅力といえます。大抵のバイナリーオプション業者では、取引が同値で終了した際は「負け判定」となり、投資金額が没収されるケースがほとんどです。海外業者で有名なハイローオーストラリアでも「引き分け=負け判定」とされています。

またBi-Winning(ビーウィニング)は短期取引のため、相場の価格変動があまりなければ同値で終わるケースもあり得ます。このとき、ビーウィニングの「引き分け=払い戻し」対応は非常に有難く感じます。他の業者よりも優れており、安全に取引できるポイントといえるでしょう。

3. 継続的にサービスが改善されている

Bi-Winning(ビーウィニング)では、新興業者という理由からか継続的にサービスが向上しています。2022年7月~9月の期間には、以下がアップデートされています。

 

アップデート内容
  • トレーディングパネルの更新で利便性アップ
  • 入金方法の選択肢にクレジットカードが追加

このような改善により、Bi-Winning(ビーウィニング)はトレーダーにとって使いやすいサイトへどんどん進化しています。従来からある他の海外業者と比較しても見劣りしないほど、人気のバイナリーオプション業者へ成長しているようです。詐欺トラブルの多発によってバイナリーオプションから撤退している企業も多いなか、これだけ前向きな改善ができるのは評価ポイントといえます。

システムが改善されるということは、企業の運営状況に余裕があることを意味するため、サイト自体の安全性が高いといっても問題なさそうです。

Bi-Winning(ビーウィニング)と大手海外バイナリーオプション業者の比較

Bi-Winning(ビーウィニング)と大手の海外バイナリーオプション業者を一覧表で比較してみましょう。

Bi-Winning ハイローオーストラリア Zentrader the option
分類 海外 海外 海外 海外
認可 - セントビンセント及びグレナディーン諸島LLC セントビンセント及びグレナディーン諸島LLC 法人登記、エストニア金融情報機関(EFIU)
信託保全

分別管理

分別管理 - 分別管理
口座維持費 無料 無料 無料 無料
口座開設 即日 即日 即日 即日
デモ口座
取引手数料 無料 無料 無料 無料
ペイアウト率 1.70 倍~1.95倍 1.85 倍~2.30倍 1.65 倍~2.00倍 1.83 倍~2.05倍
取引額 500円~20万円 1,000円~20万円 500円~10万円 1,000円~10万円

※合計取引量1,000万円超で200,000円

最低入金額 5,000円 5,000円 5,000円 5,000円
最短判定時間 1分 30秒 30秒 30秒
キャンペーン 初回入金額の10%をキャッシュバック 口座開設で5,000円ボーナス
  • 口座開設で5,000円ボーナス
  • 最大5万円以上のキャッシュバック
入金ボーナス最大40%

このようにBi-Winning(ビーウィニング)が提供するバイナリーオプションサービスは、多くの面で他とほとんど変わらないことが見て取れます。

Bi-Winning(ビーウィニング)のレクチャー詐欺に注意

Bi-Winning(ビーウィニング)は初心者にもおすすめの海外バイナリーオプション業者といえますが、事業歴が浅い点を利用したレクチャー詐欺や高額ツール販売が後を絶ちません。SNSでよく行われているBi-Winning(ビーウィニング)を使った詐欺事例には「バイナリーオプションで勝てる方法を教えます。紹介する業者で口座を開設して、よければ有料ツールも買ってください」という内容が挙げられます。

このような「トレード手法を教える」といった手口は、バイナリーオプション業界でよくあるレクチャー詐欺と変わりません。基本的に口座開設とツール購入を促され、その通りに行ったあとは適当なレクチャーを受けて終わりという流れが多いです。たとえレクチャー中に取引で負けても「投資だから損することもある」で済まされてしまうわけです。

Bi-Winning(ビーウィニング)は注目度が高い業者とはいえ、トレーダーの人口は他の業者に比べるとまだまだ少ないと考えられます。取引に慣れていない人が多い点を利用した、悪質な詐欺業者には引っ掛からないよう注意しましょう。

Bi-Winning(ビーウィニング)の業者自体には問題なし!安全な取引でバイナリーオプションを楽しもう

最後にBi-Winning(ビーウィニング)は新たにバイナリーオプション業界へ参入してきた海外業者です。日々システムの改善がなされている点から、今後さらに使いやすい業者の一つとして人気が出てくると考えられます。少額トレードや高いペイアウト率など、すでに魅力的な要素があるため、今からでも利用する価値は十分あるといえます。

ただし、周囲で起こる詐欺業者には騙されないよう気を付けましょう。Bi-Winning(ビーウィニング)自体は安全な業者なため、トレーダー自身が留意していれば安心安全に取引を楽しめるはずです。この機会に、Bi-Winning(ビーウィニング)へ登録して取引をスタートさせてみませんか。

関連記事こちらの記事も人気です。