Bi-Winningの評判・口コミをまとめて解説

上から下かを予想するシンプルな投資ということで、バイナリーオプションに興味を持っている方も多いでしょう。
リスクはあるものの、確かにゲームのような感覚で気軽に投資を始めることはできます・
ただ、バイナリーオプション業者はしっかりと吟味していく必要があります。
今回はバイナリーオプション業者の中でも比較的新しいBi-Winningの評判・口コミをまとめた上で、わかりやすく解説していきたいと思います。

Bi-Winningの悪い評判・口コミ

まずは、Bi-Winningの悪い評判・口コミについて見ていきたいと思います。
Bi-Winningに関する悪い評判・口コミというのはそう多くありません。

入金方法が2種類しかない

バイナリーオプション業者を利用する上でポイントとなってくるのが、入金方法です。
やはりいろいろな入金方法が用意されているほうがユーザーとしては助かります。
ただ、残念なことにBi-Winningでは入金方法が2種類しか用意されていません。
この点が残念だという評判・口コミは少なくありません。

銀行振込での入金 銀行営業日の12:00(正午)までの入金は、通常、同日の15:00までにユーザーの取引口座に反映されます。

12:00(正午)を過ぎた場合は、翌銀行営業日に取引口座に反映されます。

最低入金額は5000円となります。

ビットコインでの入金 ログイン後の入金ページ、仮想通貨入金に記載のビットコインアドレスに0.001以上のビットコインを送金します。

送金後、記載のメールアドレスに送金内容を連絡してください。

平日10:00~17:00の対応となります。

ちなみに、2022年9月にはBi-Winningの取引口座への入金方法にクレジットカード入金が追加された旨のお知らせが掲載されていました。
VISAカードとmasterカードに対応しているそうなのですが、今のところ、Bi-Winningの公式サイトの入金方法には反映されていないため、口座を開設してみないと実際にクレジットカード入金が使えるのかはわかりません。

取引の判定時間の種類が少ない

Bi-Winningでは取引の判定時間の種類が少ない傾向にあり、この点も悪い評判・口コミにつながっています。
Bi-Winningでは「1分」「2分」「3分」「4分」「5分」の5種類となっており、取引の判定時間の種類が少ないことによって取引の幅が狭まってしまいます。
他の大手のバイナリーオプション業者であれば「30秒」「15分」「1時間」「1日」といった取引も可能なので、正直なところ、もう少し頑張ってほしいかなという感じがします。

運営歴が短い

Bi-Winningは2021年に日本でのサービス提供を開始したバイナリーオプション業者です。
設立も2019年とバイナリーオプション業者としては、かなり新しい部類に入ります。
バイナリーオプション業者の中にはいわゆる老舗と呼ばれるようなところもありますので、それを考えるとやはりBi-Winningの運営歴の短さというのは気になる点かもしれません。

Bi-Winningの良い評判・口コミ

続いて、Bi-Winningの良い評判・口コミについて見ていきたいと思います。
悪い評判・口コミよりも、やはり良い評判・口コミのほうが全体的に多い印象です。

 

同値が負け判定にならない

Bi-Winning以外にもいろいろなバイナリーオプション業者がありますが、その多くでは同値は負け判定となります。
負け判定ということは、資金が没収されるわけです。
しかしながら、Bi-Winningであれば同値で取引が終了しても、お金が払い戻されることになります。
値動きが小さいと同値で取引が終わることも多くなるのですが、それでも負け判定にならず資金が戻ってくるというのはやはりユーザーとしても助かります。
確実に負けの可能性が減るわけですから、バイナリーオプション業者として良心的な対応とも言えるでしょう。

土日も取引ができる

Bi-Winningに関しては、土日も取引ができるという点が良い評判・口コミにつながっている部分もあります。
なぜ土日でも取引ができるのかというと、Bi-Winningには仮想通貨があるからです。
基本的にバイナリーオプションが投資対象としている為替相場は土日は動いていません。
そのため、土日は取引ができないというバイナリーオプション業者のほうが多いです。
ただ、Bi-Winningであれば仮想通貨も取り扱っていますので、平日だけではなく、土日まで有効活用して取引ができるのです。
Bi-Winningで取り扱っている仮想通貨は、以下の19種類です。

ビットコイン Ethereum Ripple EOS Cardano
Polka Dot Link Tron VeChain Stellar
Monero Binance coin Cosmos Avalanche Elrond
Polygon NEAR Protocol The Sandbox Solana

一般的にもよく言われているように、仮想通貨はボラティリティが大きいので、損失が出たときにその額も大きくなりやすいです。
それでもバイナリーオプションであれば損失を限定できるので、バイナリーオプション業者を利用して仮想通貨だけの取引をおこなうという方も増えてきているようです。
そうやって取引を絞り込むというのも、ひとつのやり方ではあります。

500円から始められる

Bi-Winningでは500円というワンコインで始められる点も、良い評判・口コミにつながっています。
バイナリーオプションが500円から始められるというのは、本当に画期的です。
資金が限られている方でも無理のない範囲で始めることができるでしょうし、それこそお小遣いの範囲内でコツコツ地道に続けていくこともできるでしょう。
ちなみに、Bi-Winningでは500円から始められて、最大で200,000円の取引まで可能です。
少ない金額から始めて、慣れてきたらどんどん金額を大きくしていくといったこともできるわけです。

インジケーターが使える

Bi-Winningの取引プラットフォームではインジケーターが使えるのですが、この点も良い評判・口コミにつながっているようです。
基本的にバイナリーオプション業者の取引プラットフォームというのはどこもシンプルな仕様になっています。
もちろん、Bi-Winningも取引プラットフォームはシンプルな仕様ではあるのですが、エントリー画面にローソク足などが表示できるようになっています。
チャート画面にはインジケーターも挿入できるようになっていますので、Bi-Winningのチャートだけで取引を完結させることも十分に可能です。

クイックデモが便利

Bi-Winningにはクイックデモというすぐに使えるデモ口座が用意されています。
口座には10万円の仮想資金が用意されているので、しっかりとデモトレードで練習を重ねることができます。
無料で使えるといことで、良い評判・口コミにつながっている部分もあるようです。

海外バイナリーオプション業者

第3位Bi-Winning

0.1 pipsで95%のペイアウト獲得が可能!

Bi-Winningはフィリピンに拠点を置くバイナリーオプション業者。ユーザーが利用しやすい環境が整っており、初心者から上級者まで幅広い人に向いているのが特徴です。通貨以外にも仮想通貨や外国株、貴金属、株価指数など合わせて100種類以上の取引商品を誇り、いろいろなバイナリーオプションが楽しめます。引き分けを表す「同値」の場合には、負けではなく、払い戻しがされる点はポイントです。

メリット

  • ペイアウト率は1.95倍
  • 100種類以上の取引商品あり
  • 国内銀行送金での入金・出金が可能

デメリット

  • 日本語対応が弱い
  • 入出金方法が少ない
  • ボーナスがない
  • デスクトップアプリのみ
最大ペイアウト率 通貨ペア アプリ対応
1.95倍 45種類 ×
最低入金額 オプション数 デモ口座
5,000円 2種
クイックデモ利用可能
登録不要でハイロー取引、Bi-winningが自由にお試し頂けます。デモ口座には10万円の仮想資金が用意されてデモトレードを楽しむことができます。ここで実際のトレード前に最新の取引プラットフォームを自由に試すことが可能、全ての機能は無料で利用できます。
100種類ほどの豊富な取引銘柄
Bi-winningでは他のバイナリーオプション業者と比較してみると歴然の豊富な取引銘柄を誇ります。国内業者は約20~30種の銘柄、海外業者でも取扱銘柄が100種を超える業者はほとんどなく、多彩なトレードを楽しみたい方にはおすすめのバイナリーオプション業者です。

関連記事こちらの記事も人気です。