Bi-Winningのデモ口座(クイックデモ)について徹底解説

Bi-Winning(ビーウイニング)は、2021年4月とつい最近日本でバイナリーオプションサービスを提供し始めた歴史が浅い海外バイナリーオプションサービスです。パナマ共和国に拠点を置くBET GLOBAL MARKET INC.が運営しています。公式サイトの情報はそれほど多くはありませんが、日本語サイトも綺麗に作られており、これからが期待できそうな業者の一つです。

そんな、Bi-Winning(ビーウイニング)にて口座を開設しようと思っても、「いきなりは怖い」「失敗したらどうしよう」と不安になる人もいるのではないでしょうか。そんな時にはデモ口座(クイックデモ)の利用からのスタートがベストです。

今回は、Bi-Winning(ビーウイニング)のデモ口座(クイックデモ)について見ていくことにしましょう。

Bi-Winning(ビーウイニング)は、2021年4月とつい最近日本でバイナリーオプションサービスを提供し始めた歴史が浅い海外バイナリーオプションサービスです。パナマ共和国に拠点を置くBET GLOBAL MARKET INC.が運営しています。公式サイトの情報はそれほど多くはありませんが、日本語サイトも綺麗に作られており、これからが期待できそうな業者の一つです。

Bi-Winning(ビーウイニング)の基本情報

Bi-Winning(ビーウィニング)の取引における会社情報は以下の通りです。ペイアウト率は最大で88%ですので、それほど高いという訳ではありません。

業者名 Bi-Winning(ビーウィニング)
運営会社 BET GLOBAL MARKET INC.
金融ライセンス AVISOライセンス:155673623-2-2018-2019-599194
分別管理 分別管理
取引方法 ハイロー
ペイアウト倍率 最大88%※
取扱銘柄 通貨ペア:23銘柄
株式:33銘柄
貴金属:2銘柄
エネルギー:2銘柄
株価指数:5銘柄
仮想通貨:20銘柄
判定時間 ショート:1分〜5分※
ロング:10分〜21時間※
途中売却 可能
アットザマネー 購入額返金
最低購入額 500円
口座維持手数料 無料
最低入金額 5千円
入金手数料 無料
最低出金額 1万円
出金手数料 無料
ボーナス 期間限定開催
問い合わせ方法 メールのみ
受付時間 平日24時間対応
デモ口座(クイックデモ) あり
日本語対応 あり

※ペイアウト倍率・判定時間は、銘柄・売買方向・時間帯・相場状況によって変動します

Bi-Winning(ビーウィニング)の取引ツール

Bi-Winning(ビーウィニング)の取引ツールには以下のようなものがあります。取引ツールの最も大きな特長は、25種類のテクニカル分析ができることでしょう。分析とトレードを同じ取引ツールでまとめてやりたいという方は、素晴らしい環境であると言えるでしょう。

アプリ対応 iPhoneアプリ:× Androidアプリ:× スマホ用サイト:○
テクニカル分析できる項目 SMA、RSI、BB、MACD、Aroon、Aroon Oscillator、DPO、EMA、TEMA、TRIX、APO、PPO、WMA、Linear regression、Linear regression slope、AO、ATR、CCI、IKH、Momentum、Pivot points、Price Channel、Price Envelopes、Stochastic、Williamsr
ツールの独自機能 テクニカル分析表示 トレーダーセンチメント

Bi-Winning(ビーウィニング)のペイアウト率

Bi-Winning(ビーウィニング)のペイアウト率はかなり高めであることで知られています。バイナリーオプション大手と言われるハイローオーストラリアには敵いません(最大ペイアウト率2.3倍)が、FIVESTARS MARKETS(ファイブスターズマーケッツ)よりは有利に取引できるとあって、多くのユーザーからはかなり注目されています。

ペイアウト倍率一覧表

ペイアウト率
USD/JPY 88%
EUR/JPY 88%
GBP/JPY 88%
EUR/USD 88%
BTC/USD 86%
ETH/USD 82%
LTC/USD 75%
85%
85%

BI-WINNING(ビーウィニング)のデモ口座(クイックデモ)

BI-WINNING(ビーウィニング)は、デモ口座(クイックデモ)が用意されています。デモ口座(クイックデモ)は登録不要で、デモ口座には10万円の仮想資金が用意されており、最新の取引プラットフォームを自由に試すことができます。なお、全ての機能が無料で利用できます。

BI-WINNING(ビーウィニング)でデモ口座(クイックデモ)を利用するメリット・デメリット

Bi-Winning(ビーウィニング))の基本情報を見てきたところで、デモ口座(クイックデモ)を利用するメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット:バイナリーオプション取引に慣れることができる

デモ口座(クイックデモ)を利用するメリットは、Bi-Winning(ビーウイニング)の取引画面に慣れることができる点です。バイナリーオプションは複雑な機能が多く備わっています文字だけでその仕様を理解するのは難しいですから、実際に触ってどのような使い勝手かを試してみるのが効果的ではあります。取引画面がどのようなものかは、通常は口座開設を行って実際に取引を行う状態でないと見れないことも多いです。それをデモ口座(クイックデモ)で行うことで、本物の資金を入金しなくても取引画面を確認して、操作感を試すことが可能となります。

Bi-Winning(ビーウィニングのデモ口座(クイックデモ)は、10万円分の仮想資金をつかって全ての機能を使えるということですから、これを試さない手はありません。

しかしその一方で、デモ口座(クイックデモ)のデメリットは以下のようなものがあります。

デメリット:いくら勝っても利益にならない

デモ口座(クイックデモ)は、本物のお金を動かす取引ではありません。仮想資金を使用しての取引となるため、どんなに勝って利益を出したとしても現実のお金として利用することはできません。そのため、ある程度操作感や画面に慣れたところで、できるだけ早く本物の取引を行うことが重要です。

リアル取引は現実にお金が増えたり減ったりするような緊張感がある取引の場。デモ口座(クイックデモ)という生ぬるい環境を主戦場とするのではなく、はやく本番に移行できるようにメンタル面もリアル取引に向けていく必要があります。

デモ口座(クイックデモ)で勝てれば、自信もついてリアル取引でも良い成果を出せるでしょう。しかし、いくらデモ口座(クイックデモ)で負けても一切自己資金が減ることはないため、いつまでも本気になることができずに、本番の取引でもいい加減な気持ちで臨んでしまいます。あくまでデモであるという意識は常に持って、デモ取引を活用するようにしましょう。

関連記事こちらの記事も人気です。