Bi-Winningの口座開設にかかる時間はどれくらい?

バイナリーオプションで口座開設を躊躇しているといった方は少なくないでしょう。申し込みフォーム入力が面倒である、審査用の資料を集めるのが大変など…。最近はリアルタイム承認の導入によって本人確認が自動化されたため、口座開設までの所要時間は数分程度で終わるようになりましたので、人によってはわずか3~5分で終了する人もいるようです。

今回は、Bi-Winning(ビーウィニング)での口座開設を検討している方に向けて口座開設のステップを紹介していきます。

Bi-Winning(ビーウィニング)について紹介

Bi-Winning(ビーウィニング)とは、パナマ共和国に法人登記されている会社が運営するバイナリーオプションとなっています。運営会社は「KALI-KONEK CORPORATION」です。ユーザーが利用しやすい環境が整っており、バイナリーオプション初心者から上級者まで幅広い人に向いています。

 

Bi-Winning(ビーウィニング)の特長
  • 通貨、仮想通貨、外国株、株価指数、貴金属、エネルギーと幅広い取引が可能
  • 国内銀行送金での入金・出金が可能
  • 短期取引中心の取引方法
  • ペイアウト倍率は最大1.95倍
  • 100種類以上の取引商品あり
  • テクニカル分析が利用可能

なかでも、通貨、仮想通貨、外国株、株価指数、貴金属、エネルギーといった100種類以上の取引商品でバイナリーオプショントレードが可能な点は大きな魅力です。Bi-Winning(ビーウィニング)のペイアウト率は非常に優秀なことで知られていますが、バイナリーオプション大手と言われるハイローオーストラリアやtheoptionには敵わないものの、「FIVE STARS MARKETS」よりは有利に取引できるとあって、たくさんのユーザーから注目されています。他にもbi-Winning(バイウィニング)は、同値判定では払い戻しとなるため、同値負けがありません。ハイローオーストラリアといった、他のバイナリーオプションの場合、かけた時のレート金額と判定時間後のレート金額が同値であったら、かけ金は没収されるので、その点もポイントが高いと言えます。

ハイローオーストラリアなどの他のバイナリーオプションでは、賭けた時のレート金額と時間経過後のレート金額が同値であった場合、掛け金は没収されます。

Bi-Winning(ビーウィニング)の会社情報

Bi-Winning(ビーウィニング)の取引における会社情報は以下のようになっています。

業者名 Bi-Winning(ビーウィニング)
運営会社 KALI-KONEK CORPORATION
所在地 BLK 69 LOT 42 BEGONIA STREET,
RIZAL CITY OF MAKATI FOURTH DISTRICT,
PHILIPPINES
金融ライセンス なし
分別管理 分別管理
取引方法 ハイロー
ペイアウト倍率 最大88%※

Bi-Winning(ビーウィニング)での口座開設手順

Bi-Winning(ビーウィニング)の口座開設は以下のような手順にて進んでいきます。

STEP1:Bi-Winning(ビーウィニング)の公式サイトにアクセス

まず最初に、Bi-Winning(ビーウィニング)公式サイトにアクセスして、口座開設フォームより登録作業を行います。「新規口座開設はこちら」から登録を行っていきましょう。

STEP2:基本情報入力

名前や電話番号、生年月日などの個人情報を入力していきます。

STEP3:本人確認書類提出

本人確認の書類として、運転免許証・パスポート・マイナンバーカードのいずれかの画像を認証画面よりアップロードします。免許証やパスポートでは即日確認が行えますが、マイナンバーに関しては数日時間がかかりますので注意しましょう。

STEP4:登録情報審査

リアルタイム審査にて、問題なければ数分で自動認証がなされます。

STEP6:口座開設完了

その後、認証メールが送られてくるので、その情報でログインすれば口座開設は完了となります。

本人確認書類提出における注意点

Bi-Winning(ビーウィニング)で本人確認を行う際には運転免許証かパスポート、マイナンバーカードのうちいずれかが必要となりますが、書類提出の際には次のような注意点があります。

 

身分証
  • 有効期限内で正式な身分証明書であること
  • 氏名が鮮明に判読できること
  • フィルターや透かしなどの加工を行わないこと
  • 生年月日が鮮明に判読できること
  • カラー原本であり白黒画像ではないこと
  • 書類の四隅が切れていたり、隠れた個所がないこと

といったことがあります。Bi-Winningに限らず、ネット経由で本人確認を行うものは情報提出が厳格になされますので、提出する際には上記の注意点をきちんと守りましょう。また前述のように

口座開設ができない場合

以上のように口座開設手続きを行ってもうまく審査が通らないといったことがたまにあります。
口座開設ができないケースの時には以下のようなことが考えられるようです。業者によってこの理由は多少異なりますが、概ね次のようなケースであると知っておきましょう。

 

口座開設ができないケース
  • 18歳未満である
  • 80歳以上である
  • 電話番号やメールアドレスの入力ミス
  • メールアドレスに携帯電話会社のキャリアメールを使っている
  • 本人確認書類の提出方法に不備がある
  • 口座開設時の入力内容と本人確認書類が一致しない
  • 既に口座を保有しているまたは凍結されている

書類不備の多くは入力ミスです。電話番号やメールアドレスは間違いやすいもの。特にメールアドレスはアドレス自体間違ってしまうと全ての情報が届かなくなりますのでその後の取引すらできません。口座開設申請直後にメールが返信されて戻ってきていない場合には、まずは迷惑メールフォルダに振り分けられていないかを確認し、次にメールアドレスの入力ミスを疑いましょう。

また、年齢に関しても制限があるので注意しなければなりません。Bi-Winning(ビーウィニング)では、日本居住が原則対象となりますが、海外在住でも日本の住所が記載された本人確認書類、または住所確認書類が提出されていれば口座開設は可能となっています。さらに、国内のバイナリーオプションで多いものとしては、80歳以上の場合には口座開設開設ができないというのもあります。

加えてBi-Winning(ビーウィニング)では複数口座開設ができないため、口座をすでに持っている方は新たな口座開設ができません。加えて過去に口座凍結されてしまった方も口座開設ができないので注意しましょう。

Bi-Winningでの口座開設時間

Bi-Winning(ビーウィニング)で口座開設する時間はわずか5分程度です。口座開設はバイナリーオプションへの入り口です。ここで躓いてやる気を失わないように、一発で口座開設できるように事前準備はしっかり行っておきましょう。

関連記事こちらの記事も人気です。