Bi-Winningに口座凍結された話は本当なのか?

上か下かを予想するシンプルな投資であるバイナリーオプションは、今とても人気が高まっています。
ただ、バイナリーオプションを利用していく上で絶対に回避しておきたいことがいくつかあります。
そのひとつが口座凍結です。
口座凍結というのは基本的にどこのバイナリーオプション業者でも起こり得ることなのですが、今回はバイナリーオプション業者の中でも比較的新しいBi-Winningについて、口座凍結やその原因を中心に詳しく触れていきたいと思います。

Bi-Winningの口座凍結について

新しいバイナリーオプション業者ということもあって、Bi-Winningはもともとあまり口コミなどが多くありません。
そのため、現状ではBi-Winningでの口座凍結についての報告もほとんど見られません。
ただ、だからといってBi-Winningで口座凍結が起こらないというわけではないのです。

Bi-Winningで口座凍結となった場合に想定されること

Bi-Winningの公式サイトを見ている限り、他の海外バイナリーオプション業者と特別に何かが違うという部分はありません。
つまり、口座凍結になった場合も他の海外バイナリーオプション業者と同じようなことが起こると考えられます。
具体的には、取引や入出金ができなくなることが想定されます。
要は、バイナリーオプション業者として提供されているサービスの一切が使えなくなるということです。
ケースバイケースなので一概には言えないのですが、部分的な出金や返金に応じてもらえる可能性はあるかもしれません。
それでも基本的には期待しないことです。

口座凍結の解除はほぼない

他の海外バイナリーオプション業者の中には、口座凍結に段階を設けているところもあります。
そのため、口座を凍結されても粘り強く交渉すれば解除してもらえると考えている方もいるかもしれません。
ただ、基本的に一度口座が凍結されてしまうとその口座を二度と利用できなくなるものと考えておいたほうがいいです。
それくらい口座凍結というのは、重みのある処分なのです。
口座凍結となってしまってからでは何をしても遅いのです。
だからこそ、最初から口座凍結にならないように気をつけながらBi-Winningを利用していかなければいけません。

Bi-Winningで口座凍結となる原因

Bi-Winningで口座凍結とならないようにするためにも、口座凍結となる原因を理解しておきましょう。
Bi-Winningの公式サイトには口座の強制解約について以下のような記載があるのですが、実質的にはこれが口座凍結となる原因と考えていいでしょう。

 

口座の強制解約
  • 自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合
  • 集団での利用の疑いがあると弊社が判断する場合
  • 取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超えると弊社がみなす場合
  • 本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合
  • 同一人が複数口座を開いたことが確認された場合(両方の口座を解約することがあります)

わかりにくい部分もあるかと思いますので、ひとつひとつの項目を詳しく見ていきましょう。

自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合

Bi-Winningでは、自動売買ソフトを利用した取引はNGとなっています。
最近ではバイナリーオプションに限らず、投資関連で自動売買ソフトを推奨する方が目立つようになっているのですが、そういう話に流されないようにしてください。
実際に自動売買ソフトを使ってしまうのもNGですし、機械的な取引に見えるようなやり方も同じくNGです。
実際にやっていなくとも、疑われた時点でアウトと考えておきましょう。
Bi-Winningが「これは怪しいぞ」と判断した時点で、口座凍結となり、利益分の没収などがおこなわれます。
もともとBi-Winningは自動売買ソフトに対応していないため、そもそもそういったものが使えないような仕様になっています。
その中で自動売買ソフトを使うということは、無理やりねじ込んでいるようなものですからシステムへの干渉やシステムの悪用と判断されてしまっても仕方がありません。

集団での利用の疑いがあると弊社が判断する場合

集団での利用というのは、不特定多数の人間が同じタイミングで示し合わせて取引をするようなケースを指しています。
「そういうことは滅多にないのでは……」と思う方もいるでしょうが、今はバイナリーオプションを含めて不特定多数の人間に対してレクチャーをしている方もいますし、グループで投資をするというケースも珍しくありません。
知らず知らずのうちに誰かとまったく同じタイミングで取引をしていれば、それが集団での利用として疑われる可能性もあります。

取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超えると弊社がみなす場合

取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額とBi-Winningがみなす場合というのは、簡単に言ってしまうとマネーロンダリングが疑われる場合です。
例えば、何百万円も入金しているのに、ほとんど取引をしないまま出金に回すとなってくるとやはり一般的なユーザーと比較して動きがあまりにも怪しいです。
怪しげな動きがあるとすぐに口座が凍結されるものと考えておきましょう。
また、「取引額と比べ、入出金額通常の範疇を超える」という部分で明確な目安が知りたいという方もいるでしょうが、残念ながらBi-Winningでは明確な目安は公開されていません。
あくまでもBi-Winningの判断に委ねることになります。
ただ、ごく一般的な取引をしている分には怪しまれないので、神経質になりすぎる必要はありません。

本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合

本人確認書類や公共料金、郵送物などへの偽造というのはBi-Winningに限らず、どこのバイナリーオプション業者でもアウトですし、そもそも法に触れてしまいます。
また、本人以外の名義で口座を開設した場合も同じです。
家族であっても他の人の名義で口座を開設するのはNGですし、口座の共有なども絶対にやってはいけません。
今はBi-Winningも含めてどこのバイナリーオプション業者でも本人確認が厳しいので、提出するものを間違えてしまうなどのうっかりミスも含めて本当に気を付けて手続きを進めてください。

同一人が複数口座を開いたことが確認された場合(両方の口座を解約することがあります)

Bi-Winningではひとりにつき、1つの口座しか開設できません。
これも基本的にどこのバイナリーオプション業者でも同じかと思います。
仮にBi-Winningで口座が凍結されたからといって新しく作り直そうとするのもNGですし、自分の口座が使えなくなってしまったからといって第三者の口座を借りるのもアウトです。
バレないと思っていてもそのあたりは簡単にバレてしまいますので、絶対にやめておきましょう。

第3位Bi-Winning

0.1 pipsで95%のペイアウト獲得が可能!

Bi-Winningはフィリピンに拠点を置くバイナリーオプション業者。ユーザーが利用しやすい環境が整っており、初心者から上級者まで幅広い人に向いているのが特徴です。通貨以外にも仮想通貨や外国株、貴金属、株価指数など合わせて100種類以上の取引商品を誇り、いろいろなバイナリーオプションが楽しめます。引き分けを表す「同値」の場合には、負けではなく、払い戻しがされる点はポイントです。

メリット

  • ペイアウト率は1.95倍
  • 100種類以上の取引商品あり
  • 国内銀行送金での入金・出金が可能

デメリット

  • 日本語対応が弱い
  • 入出金方法が少ない
  • ボーナスがない
  • デスクトップアプリのみ
最大ペイアウト率 通貨ペア アプリ対応
1.95倍 45種類 ×
最低入金額 オプション数 デモ口座
5,000円 2種
クイックデモ利用可能
登録不要でハイロー取引、Bi-winningが自由にお試し頂けます。デモ口座には10万円の仮想資金が用意されてデモトレードを楽しむことができます。ここで実際のトレード前に最新の取引プラットフォームを自由に試すことが可能、全ての機能は無料で利用できます。
100種類ほどの豊富な取引銘柄
Bi-winningでは他のバイナリーオプション業者と比較してみると歴然の豊富な取引銘柄を誇ります。国内業者は約20~30種の銘柄、海外業者でも取扱銘柄が100種を超える業者はほとんどなく、多彩なトレードを楽しみたい方にはおすすめのバイナリーオプション業者です。

関連記事こちらの記事も人気です。