Binariumに口座凍結された話は本当なのか?

貯金するお金を投資に回すという方も多くなってきました。
投資にもいろいろな選択肢がありますが、その中でも今注目を集めているのがバイナリーオプションです。
バイナリーオプションはシンプルでとても魅力的な投資方法ではあるのですが、口座凍結に気をつけなければいけません。
基本的にどこのバイナリーオプション業者でも口座凍結は起こり得ることなのですが、今回はバイナリーオプション業者の中でもあまり情報の出回っていないBinariumについて、口座凍結やその原因を中心に詳しく触れていきたいと思います。

Binariumの口座凍結について

海外バイナリーオプション業者にもいろいろなところがあるのですが、その中でもBinariumは特に出回っている情報が少ないバイナリーオプション業者になります。
日本でも一定数のユーザーは存在するはずなのですが、Binariumを利用しているらしき人物による口コミなどもほとんど見当たりません。
そのため、これまでに口座凍結の報告もありません。
ただ、今までに口座凍結の報告がないからといってBinariumが口座凍結をおこなわないわけではありません。
他のバイナリーオプション業者と同じように、ルールを守らなければ口座凍結の処分が下されるはずです。

口座凍結に段階が設けられている可能性も

海外バイナリーオプション業者の中には、口座凍結に段階を設けているところもあります。
具体的には、以下のような形です。

限定口座凍結 一部の機能が制限される
完全口座凍結 取引から入出金まで一切のことができなくなる

海外バイナリーオプション業者の全部が全部、こういう仕様になっているとは言い切れないのですが、Binariumもこのような形で段階的な口座凍結をおこなっている可能性があります。
完全口座凍結よりは限定口座凍結のほうがまだマシかもしれませんが、どちらにしても口座凍結となって良いことはひとつもありません。

基本的に口座凍結になってからでは遅い

Binariumに限ったことではないのですが、基本的にどこのバイナリーオプション業者であっても口座凍結になってしまってからでは遅いです。
問い合わせをして運良く口座凍結を解除してもらえることもあるかもしれませんが、そういうケースは滅多にありません。
だからこそ、最初から口座凍結にならないような使い方をしていくことが大切なのです。

Binariumで口座凍結となる原因

最初から口座凍結にならないような使い方をしていくことが大切だという話をしましたが、そのためには何が口座凍結の原因になるのかを知っておかなければいけません。
Binariumではユーザーの注文を拒否したり、ユーザーへのサービス提供を終了したりするケースとして、以下のようなものを挙げています。

 

禁止行為
  • 注文の執行が違法行為(マネーロンダリング)の収益の合法化に寄与する、または寄与する可能性がある場合
  • クライアントが金融商品の購入をカバーするのに十分な資金を持っていない場合、または販売をカバーするのに十分な数の金融商品がない場合
  • 注文の実行が機密情報の悪用を構成する、または構成する可能性がある場合 (インサイダー取引)
  • 金融商品の相場を操作すること(相場操縦)を目的として、またはその疑いがある場合
  • クライアントが本契約に基づく当社に対する義務を履行しなかった場合
  • クライアントが、詐欺的で不誠実な手段によって個人的な利益を得ることを目的とした、問題の市場状況および問題の市場の特定の機能の使用に関連して、何らかの詐欺行為に関与/運営/計画していることが合理的に疑われる場合

このあたりはBinariumの公式サイトでも翻訳されておらず、英文のままなのですがだいたいの内容は理解できるかと思います。
しかも、これらの内容はあくまでも一部でしかないので、これら以外にも気をつけなければいけないことがたくさんあります。

マーチンゲール戦略

Binariumではマーチンゲール戦略が明確に禁止されています。
マーチンゲールというのは取引に負けるごとに掛け金を倍に増やしていくやり方になります。
例えば、1000円で負けたのであれば次は2000円でエントリーし、2000円で負けたのであれば4000円でエントリーし……といったイメージです。
マーチンゲールであれば例え連敗してしまったとしても、どこかで勝てれば利益を得られます。
途中で取引をやめてしまうと負けただけで終わってしまいますが、資金が尽きてしまう前に勝てれば万々歳といったところでしょうか。
魅力的な戦略かもしれませんが、Binariumではハッキリと禁止されており、取引が無効になるだけではなく、口座凍結となってしまう可能性もあります。

自動売買ツールの使用

Binariumでは自動売買ツールに関する記載は見受けられないのですが、他の海外バイナリーオプション業者の多くが禁止しているところを見ると、Binariumでも自動売買ツールは使わないほうがいいでしょう。
自動売買ツールはエントリーポイントを見極めた上で自動でエントリーしてくれるとても便利なツールなのですが、海外バイナリーオプション業者では自動売買ツールを使ってしまったがばかりに一発で口座凍結というケースも珍しくありません。
また、今はバイナリーオプション関連の自動売買ツールを有料で売りつけるような話も目立つようになっていますので、基本的に自動売買ツールは使わないようにしたほうがいいでしょう。

クレジットカードの乱用

Binariumへ入金する際にクレジットカードを使う方も多いでしょうが、クレジットカードの乱用も口座凍結のリスクがあります。
頻繁にクレジットカードで入金をして取引をろくにせずに出金ばかりしようとするのはもちろん、自分以外の誰かのクレジットカードを使ったり、自分のクレジットカードでも期限切れのものを使ったりするのもNGです。
これらのすべてがクレジットカードの乱用と見なされる可能性があります。

取引額と入出金額のバランスがおかしい

Binariumに限ったことではないのですが、取引額と入出金額のバランスがおかしいとマネーロンダリングの疑いをかけられてしまいます。
具体的には取引額が少なく、それに対して入出金が極端に多いといったケースです。
一般的なバイナリーオプション取引でのお金の流れから考えてもこういったケースはやはり不自然ですので、疑われないような使い方をしていきましょう。

本人確認書類の不備や偽造

これもBinariumに限ったことではなく、すべてのバイナリーオプション業者に言えることなのですが、本人確認書類の不備や偽造も口座凍結の原因となります。
うっかりミスは避けなければいけませんし、本人確認書類の偽造に至っては法に触れる行為です。

同一人物が複数口座を開設している

Binariumではひとりにつき1つの口座までと明記されています。
不正にアカウントを取得しようとすると、一発で口座凍結となる可能性が高いです。
他の口座がほしい場合には、他のバイナリーオプション業者を利用するしかありません。

関連記事こちらの記事も人気です。