Bi-Winning(ビーウィニング)の特徴

Bi-Winning(ビーウィニング)とは、パナマ共和国に法人登記されている会社が運営するバイナリー・オプションとなっています。ユーザーが利用しやすい環境が整っており、初心者から上級者まで幅広い人に向いているのが特長。
Bi-Winning(ビーウィニング)の良いところには「短期取引中心の取引方法」「ペイアウト倍率は最大1.95倍」「100種類以上の取引商品がある」「通貨、仮想通貨、外国株、株価指数、貴金属、エネルギーと幅広い取引が可能」「国内銀行送金での入金・出金が可能」「テクニカル分析が利用可能」といったものがあります。
なかでも、通貨、仮想通貨、外国株、株価指数、貴金属、エネルギーといった100種類以上の取引商品でバイナリー・オプショントレードが可能なところは大きな魅力。さまざまな選択肢を持ちながら、テクニカル分析をしてトレードすることが可能です。
興味はあるものの「いきなりバイナリー・オプションを始めるのには抵抗がある」方には、Bi-Winning(ビーウィニング)にはデモ口座も用意されているので、先に試してみるのも良いかもしれません。

目次

Bi-Winning(ビーウィニング)の取引概要

Bi-Winning(ビーウィニング)の取引における概要は、以下のようになっています。

ペイアウト率 1.70倍~1.95
取引時間 平日24時間
仮想通貨のみ24時間365日対応
取引銘柄の種類 通貨ペア:45銘柄
仮想通貨:26銘柄
株式:36銘柄
株価指数:5銘柄
貴金属:4銘柄
最低取引額 500円
最低入金額 10,000円
ボーナス 初回入金キャッシュバック:入金額の1020

Bi-Winning(ビーウィニング)のペイアウト倍率

ペイアウト倍率とは、バイナリー・オプションの支払い倍率のことです。具体的に言えば、ペイアウト倍率はバイナリー・オプション業者がバイナリー・オプションの商品を売るときに指定することになります。ユーザーが商品を購入して予想が当たった場合には、購入金額にペイアウト倍率が上乗せされた金額がバイナリー・オプション業者からユーザーへ支払われる仕組みとなっています。つまりペイアウト倍率は、バイナリー・オプション業者を選ぶ上で最も注目すべきポイントと言えます。たとえば、ペイアウト倍率100%で購入額1,000円の取引を行った場合、購入額1,000円は返金された上で利益1,000円がもらえるため、ペイアウト倍率は高ければ高いほど有利となります。

また、Bi-Winning(ビーウィニング)のペイアウト倍率は非常に優秀なことで知られています。バイナリー・オプション大手と言われる「HighLow」には負けるかもしれませんが、「FIVE STARS MARKETS」よりも断然有利に取引できるとあって、多くのユーザーから注目されています。

Bi-Winning(ビーウィニング)のペイアウト倍率

内容 ペイアウト率
USD/JPY 88%
EUR/JPY 88%
GBP/JPY 88%
EUR/USD 88%
BTC/USD 86%
ETH/USD 82%
LTC/USD 75%
85%
85%

Bi-Winning(ビーウィニング)の取引の種類

Bi-Winning(ビーウィニング)には以下のような種類の取引形態があります。

HighLow ショート1.70倍~1.90倍 1分/2分/3分/4分/5分

ロング1.70倍~1.90倍 10分/15分/20分/25分/30分/35分/40分/45分/50分/55分/1時間

短期取引 -
長期取引 -
ワンタッチ -
レンジ -

ペイアウト倍率の高さを最も重視するのであれば、おすすめは「HighLow」がオススメです。なぜならHighLowには、スプレッドがある代わりにペイアウト倍率100%以上で取引できる「ハイロースプレッド」「ターボスプレッド」が存在するするためです。ちなみに、取引銘柄・判定時間・スプレッドの有無・ペイアウト率は、取引方法によって異なります。ペイアウト倍率は時間帯やマーケットの状況によって刻々と変化しますが、一般的にスプレッドのある取引や判定時間が短い取引ほど倍率が高くなる傾向にあります。

HighLowのペイアウト倍率と商品概要

ターボ ターボ スプレッド ハイロー ハイロースプレッド
ペイアウト率 1.85~1.95 2.00~2.30 1.85~1.95 2.00倍
通貨ペア 7種類 7種類 17種類 17種類
仮想通貨 2種類 2種類
商品指数 3種類 3種類
株価指数 10種類 10種類
取引時間 30秒/1/3/5 30秒/1/3/5 15分/1時間/1 15分/1時間/1

Bi-Winning(ビーウィニング)の取扱銘柄数

Bi-Winning(ビーウィニング)は、取扱銘柄数が充実しています。通貨ペア23銘柄以外に、株式33銘柄・貴金属2銘柄・エネルギー2銘柄・株価指数6銘柄・仮想通貨20銘柄の取引が可能です。上記で比較に出したHighLowでは「仮想通貨の銘柄数」が極端に少なく、株式の取扱いがないのがデメリットです。そのため、銘柄数を重視するなら、Bi-Winning(ビーウィニング)やFIVE STARS MARKETSでの取引が最適かもしれません。Bi-Winning(ビーウィニング)の全取扱銘柄は以下の通りとなっています。ちなみに、Bi-Winning(ビーウィニング)とFIVE STARS MARKETSは、取扱銘柄のラインナップが全く同じです。

通貨ペア:23銘柄

AUD/CAD EUR/USD
AUD/CHF GBP/AUD
AUD/JPY GBP/CAD
AUD/USD GBP/CHF
CAD/CHF GBP/JPY
CAD/JPY GBP/USD
CHF/JPY NZD/USD
EUR/AUD USD/CAD
EUR/CAD USD/CHF
EUR/CHF USD/JPY
EUR/GBP USD/ZAR
EUR/JPY -

 

株式:34銘柄

Adidas Sanofi Aventis
Allianz SAP
BBVA Siemens
BMW Twitter
BNP Paribas Visa
Boeing Co Volkswagen Vz
Citigroup アップル
Ebay アマゾン
Exxon Mobil Corp アリババ
Facebook ウォルト・ディズニー
HSBC グーグル
IBM ゴールドマンサックス
Intel コカ・コーラ
Michelin テスラ
Moderna トタル
Netflix マイクロソフト
Renault マクドナルド

 

貴金属・エネルギー:4銘柄
天然ガス先物 原油先物

 

株価指数:6銘柄
ダウジョーンズ先物 NASDAQ 100先物
S&P500先物 NIKKEI 225先物
DAX30先物 IBEX35先物

 

仮想通貨:20銘柄
Binance coin Monero
Bitcoin Namecoin
Bitcoin Cash Polka Dot
Bitcoin SV Ripple
Cardano Stellar
Dogecoin Tezos
EOS Theta
Ethereum Tron
Link Uniswap
Litecoin VeChain

Bi-Winning(ビーウィニング)の取引ツール

Bi-Winning(ビーウィニング)の取引ツールは以下の通りとなっています。取引ツールの最も大きな特長は、25種類の
テクニカル分析ができる点。ここまで詳しく分析できる取引ツールを持つバイナリー・オプション業者は珍しいと言われており、分析とトレードを同じ取引ツールでまとめてやりたいという方には最高の環境が用意されていると言って過言ではありません。

ツールの独自機能 テクニカル分析表示 トレーダーセンチメント
アプリ対応 iPhoneアプリ:× Androidアプリ:× スマホ用サイト:○
テクニカル分析可能な項目 SMA、RSI、BB、MACD、Aroon、Aroon Oscillator、DPO、EMA、TEMA、TRIX、APO、PPO、WMA、Linear regression、Linear regression slope、AO、ATR、CCI、IKH、Momentum、Pivot points、Price Channel、Price Envelopes、Stochastic、Williamsr

Bi-Winning(ビーウィニング)入出金方法

次に、Bi-Winning(ビーウィニング)の入出金方法について見ていきます。Bi-Winning(ビーウィニング)では、入出金方法が限られており、それほど対応手段が多いわけではありません。それにクレジットカードやデビットカード、オンラインウォレットなどには未対応のため、この点において使い勝手が悪いと感じるユーザーもいることでしょう。各入出金方法の最低金額や所要日数、手数料は以下の通りとなります。

入金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA なし
MasterCard なし
JCB なし
オンライン
ウォレット
bitwallet なし
STICPAY なし
その他 なし
仮想通貨 BTC 0.001BTC 最短当日 無料
ETH なし
XRP なし
銀行送金 国内 5千円 最短当日 無料
海外 なし

 

出金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA なし
MasterCard なし
JCB なし
オンライン
ウォレット
bitwallet なし
STICPAY なし
BXONE なし
仮想通貨 BTC なし
ETH なし
XRP なし
銀行送金 国内 1万円 最短当日 無料
海外 なし

※金融機関・決済サービス会社・取引所で発生する入出金手数料・送金手数料等は、別途自己負担

Bi-Winning(ビーウィニング)の入金方法はビットコインと銀行送金の2種類のみです。ビットコインは最低入金額が0.001BTC~となっており、平日10〜17時に入金処理されて最短当日に反映します。一方の銀行送金は最低入金額5,000円~で、銀行営業日12時までの入金なら同日15時までに口座反映します。12時以降の入金なら翌銀行営業日に口座反映することとなっているようです。
また出金方法は銀行送金のみしか用意されていません。こちらは、銀行営業日12時までの出金なら同日15時までに口座反映、12時以降の出金なら翌銀行営業日に口座反映します。ただし、最低出金額は1万円以上となっているため注意が必要であり、1万円未満の出金は口座解約時のみ出金が可能です。いずれも入出金手数料無料ですが、利便性は決して良くないと言えるでしょう。

Bi-Winning(ビーウィニング)を利用するメリット

では、ここからはBi-Winning(ビーウィニング)を利用するメリットについて見ていきましょう。
メリットは主に以下の3つ

3つのメリット
  1. ペイアウト倍率は最大1.95倍
  2. テクニカル分析が充実
  3. 国内銀行送金での入金・出金が可能

一つずつ解説していきます。

ペイアウト倍率は最大1.95倍

Bi-Winning(ビーウィニング)のペイアウト倍率は、最大195%となっています。バイナリー・オプション業者の平均的なペイアウト倍率は、185%~190%と言われており、これでも十分に高いペイアウト倍率でトレードすることが可能です。しかし、Bi-Winning(ビーウィニング)のペイアウト倍率はそれを超える最大195%です。そのため、業界最高のペイアウト倍率でトレードが行えます。

テクニカル分析が充実

Bi-Winning(ビーウィニング)の取引プラットフォーム画面では、26種類のテクニカル分析が可能です。こうしたテクニカル分析を表示しながら取引に臨むことができ、分析とトレードが一つの取引プラットフォームで完結できるのはユーザーにとって大きな魅力と言えます。

国内銀行送金での入金・出金が可能

Bi-Winning(ビーウィニング)の入金方法は、国内銀行送金とビットコインのふたつ。さらに出金方法は、国内銀行送金が利用できます。入出金方法がそれほど多くないため、利便性が高いとは言えませんが、国内銀行送金ができるのはユーザーにとって嬉しいポイントです。

Bi-Winning(ビーウィニング)のデメリット

メリットが多く感じられるBi-Winning(ビーウィニング)ではあるものの、当然ながらデメリットも存在します。

4つのデメリット
  1. 約定率が低い
  2. 運営期間が短く信頼性や安全性が分からない
  3. 入出金方法が少ない
  4. ボーナスが無い

こちらも、それぞれ細かく見ていきましょう。

約定力が低い

Bi-Winning(ビーウィニング)の取引プラットフォームは多機能で、細かい分析をすることが可能です。。その点だけ見れば大きなメリットなのですが、銘柄切替やチャート表示などがいまいちスムーズに動作しないことがあります。極端に遅いわけではないのですが、長時間トレードをする方にとってはストレスに感じることもあるでしょう。

さらに、口コミでは、取引ツールのエラー・強制ログアウト・約定力の低さが数多く指摘されています。一般的にサービスを開始したばかりの新興業者というのは、急激なユーザー増加にサーバーの処理能力が追いつかず、システムが不安定になりがちになると言われています。当サイトで実際に確認しましたが、トレード結果に直結する購入ボタン・レート更新などの挙動には特に問題は感じられませんでした。しかし、アクセスが集中する平日夜間や週末には警戒が必要でしょう。

運営期間が短いので信頼性・安全性がよく分からない

Bi-Winning(ビーウィニング)は、2021年4月15日にサービスを開始したばかりの新しいバイナリー・オプション業者であり、運用実績も2年弱しかありません。また、フィリピンにある運営会社KALI-KONEK CORPORATIONについても、まだ住所程度しか分かっていないのが実情です。そのため、情報が少なくて、「怖い」「信頼できるか分からない」と思う方がいるのも当然でしょう。
ではこのような運営歴の浅い業者がなぜ一気に有名になったのでしょうか。その理由としては、Bi-Winning(ビーウィニング)ではアフィリエイトが盛んに行われていることが挙げられます。アフィリエイトを目的に、SNS・掲示板・YouTube・ブログなどで大きく取り上げられることが多いため、知名度だけはハイローオーストラリア並にあると言われています。しかし、約定力の低さ・取引ツールの不安定さ・出金実績の少なさを考えると、安心して利用できる業者とは団営できないでしょう。信頼性・安全性を評価するには最低でも3年程度は必要なので、今のところは高額入金せず、薄氷を踏むような感覚で慎重に利用することをおすすめします。

入出金方法が国内銀行送金と仮想通貨のみしかない

前述した通り、、Bi-Winning(ビーウィニング)では入出金方法が非常に少ないのがネックです。入金方法は国内銀行送金とビットコインのみで、多くのバイナリー・オプション業者やFX業者などで利用可能な「クレジットカード」「デビットカード」「国際決済サービス」「オンラインウォレット」などは利用することができません。そのため、こうした入金方法に慣れているユーザーにとっては利便性が低い・選択肢が少ないと感じるでしょう。

ボーナスがない

Bi-Winning(ビーウィニング)は、2022年10月末現在ボーナスの提供は一切ありません。海外のバイナリー・オプション業者やFX業者といえば、豪華なボーナスやキャンペーンに魅かれるトレーダーも少なくありませんがしかし、Bi-Winning(ビーウィニング)では、こうしたボーナスやキャッシュバックのサービスがないため、純粋にバイナリー・オプションでの儲けだけを狙わなければなりません。よって、ボーナスを活用して効率的にトレードをしたいと考える方、自己資金を少なくしてトレードを始めたい方には不向きと言えるでしょう。

その他おすすめの海外バイナリー・オプション業者

この記事ではバイナリー・オプション業者「Bi-Winning(ビーウィニング)」にスポットをあてて解説してきましたが、それ以外にもバイナリー・オプションを扱う業者は多数存在します。そこで、ここでは比較検討する際に見ておきたいバイナリー・オプション業者をいくつかご紹介しましょう。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアは、マーシャル諸島を拠点としHLMI Ltdが運営する海外バイナリー・オプション業者です。こちらの特長はペイアウト率が最大2.3倍であることと、国内決済代行会社と提携していることから入出金が速い点などが挙げられます。こうした点から、日本人トレーダーの利用も多い海外バイナリー・オプション業者のひとつです。

バイナリー・オプション名 ハイローオーストラリア
認可 セントビンセント及びグレナディーン諸島LLC
取引手数料 無料
最低ペイアウト倍率 1.85 倍
最高ペイアウト倍率 2.30 倍
最低取引額 1,000円
最高取引額 200,000円
最低入金額 5,000円
最短判定時間 30秒

FIVE STARS MARKETS

FIVE STARS MARKETSは、バハマ国に拠点を置く海外バイナリー・オプション業者。この業者が人気の理由の一つに、土日祝日も取引が出来る業者であることが挙げられます。スプレッド取引が無く、ハイロー取引のみが行われる点も特長です。最大ペイアウト率は1.90倍となっています。

バイナリー・オプション名 FIVE STARS MARKETS
口座維持費 無料
口座開設スピード 即日
取引手数料 無料
最低ペイアウト倍率 1.60 倍
最高ペイアウト倍率 1.9倍
最低取引額 500円
最高取引額 130,000円
最低入金額 10,000円
最短判定時間 30秒

Bi-Winning(ビーウィニング)の会社情報およびスペック

Bi-Winning(ビーウィニング)の取引における会社情報やスペックは以下のようになっています。

業者名 Bi-Winning(ビーウィニング)
運営会社 KALI-KONEK CORPORATION
所在地 BLK 69 LOT 42 BEGONIA STREET,
RIZAL CITY OF MAKATI FOURTH DISTRICT,
PHILIPPINES
金融ライセンス なし
分別管理 分別管理
取引方法 ハイロー
ペイアウト倍率 最大88%※
取扱銘柄 通貨ペア:23銘柄
株式:33銘柄
貴金属:2銘柄
エネルギー:2銘柄
株価指数:5銘柄
仮想通貨:20銘柄
判定時間 ショート:1分〜5分※
ロング:10分〜21時間※
途中売却 可能
アットザマネー 購入額返金
最低購入額 500円
口座維持手数料 無料
最低入金額 5千円
入金手数料 無料
最低出金額 1万円
出金手数料 無料
ボーナス 期間限定開催
問い合わせ方法 メールのみ
受付時間 平日24時間対応
デモ口座 あり
日本語対応 あり

※ペイアウト倍率・判定時間は、銘柄・売買方向・時間帯・相場状況によって変動します

バイナリー・オプション業者はどう選ぶ?

バイナリー・オプション業者はFX業者などとくらべると多くはないにしても複数存在しているため、「どのように業者選びをすべきか分からない」と感じる方は多いことでしょう。

優良なバイナリー・オプション業者を選定するにあたって、注目すべきポイントは、以下の4点です。

選定ポイント
  1. 主要通貨ペアを押さえた業者を選ぶ
  2. ペイアウト倍率の高い業者を選ぶ
  3. 信頼できる業者を選ぶ
  4. 使いやすい業者を選ぶ

主要通貨ペアを押さえた業者を選ぶ

バイナリー・オプションは、業者によって各種通貨ペアや株価指数など、銘柄のバリエーションが異なります。取引環境が良くても、銘柄のバリエーションが少なくて思うような取引が出来なければ意味がありません。特に初心者の場合は、主要な通貨ペアを押さえている業者を選んでおけば間違いが少ないです。

ペイアウト率の高い業者を選ぶ

ペイアウト率とは、取引が成功した際に利益額を確定する倍率のこと。通常のペイアウト倍率は、1.7倍~1.9倍が平均値となっています。しかし最近では「2倍」を超えるところも出てきているため、始める際にはきちんとリサーチした上で取引をするようにしましょう。また、ペイアウト率は高ければ高いほど良いのですが、その分のリスクも押さえておきたいところです。

信頼できる業者を選ぶ

バイナリー・オプションを始めるなら、「信頼できる業者かどうか」をしっかり確認しましょう。取引はあくまでも自己責任です。海外の会社を選ぶ場合には、金融ライセンス保有の有無や、運用実績や評判などについてしっかり調べてから利用することをおすすめします。

使いやすい業者を選ぶ

バイナリー・オプションは、ユーザーインターフェースの使いやすさや操作性も選定ポイントのひとつとなります。チャートの動きが遅いとストレスになりかねませんし、約定率はトレードに大きな影響を与えます。そのため、操作性がスムーズかどうか、あらかじめ口コミや評判をチェックしておきましょう。

バイナリー・オプションの基本情報

ここからはバイナリー・オプションの基本的な情報について見ていきたいと思います。バイナリー・オプションをこれから始めようと考えている人は、どの業者を選ぶかを考えることも重要ですが、バイナリー・オプションがどのような取引方法なのかをしっかり把握していきましょう。

バイナリー・オプションについて

バイナリー・オプションはオプション取引の一種で、通貨レートが一定の時間を得てのち上がったか下がったか予想する、かなりシンプルな投資方法のひとつです。誰でも簡単に始められるという気軽さがあるにもかかわらず、非常に奥が深い上に、うまくやれば資産を大きく増やすことができる可能性の高い金融商品でもあります。

バイナリーとは「二進法」の意味を持ちます。二進法は0か1で構成されるものですので、その名の通り、0か1かどちらか二択に対して投資を行うものとなっています。2つの条件でどちらかが条件を満たした場合、利益を得ることができる、それがバイナリー・オプションです。バイナリー・オプションでは、通貨レートが上がると利益を得られるケースと、通貨レートが下がると利益が得られるケースがありますが、そのどちらかを選び予想通りの結果が得られれば、利益を手に入れることが可能です。。また、オプションとは何なのかというと「権利」の意味。株やCFDなど、将来売買をするための「権利」に投資を行うのがオプション取引です。

バイナリー・オプションといっても種類は豊富にあります。最近は暗号通貨での取引も行われるようになってきましたが、そのなかでも一番取り組みやすく、初心者でも取り掛かりやすいのが「為替を対象としたバイナリー・オプション」です。バイナリー・オプションとよく比較されるものにFXがあります。FXの場合は為替がどれだけ動くかによって損益額が変わってきますが(株式投資も同様です)、バイナリー・オプションは時間が定められたなかで、通貨レートが一定の時間を得てのち上がったか下がったかを予想するものとなります。

バイナリー・オプションの種類

バイナリー・オプションには大きく2つの種類があります。それはラダー取引とレンジ取引と呼ばれるものです。これらについて詳しく見ていきましょう。

まずラダー取引ですが、これは通貨レートが上がるか下がるかを予想するだけのもの。二者択一のものとなり、当選確率は50%となります。業者によって異なりますが、多くの場合ペイアウト率は2倍程度となっています。

一方のレンジ取引は、通貨レートが上がるか下がるかに加えてどのぐらい価格が動くかを予想するものとなります。この場合は二者択一とはならず、当選確率は大きく変わってきます。当選確率が低く抑えられているものはペイアウト率が大きくなりますし、当選確率の高いものはペイアウト率が低くなります。これは競馬やカジノ等のギャンブルの場合と同じと言えます。初心者はラダー取引でまずはバイナリー・オプションというものに慣れ、その後レンジ取引に挑戦し、大きな利益を狙っていくルートが賢明と言えます。

世界の基軸通貨をメインに考える

バイナリー・オプションには、通貨を投資対象とするものがあります。なかでもドル/円とユーロ/円、ポンド/円が有名で、これら世界の基軸通貨に絡んだバイナリー・オプションが無難と言えます。中には流通量が少ない通貨でバイナリー・オプションを行うのが好きである人もいるかもしれませんが、情報量が少ない通貨はやはり怖さや危険が伴います。ですので、普段のニュースなどでも目にする機会が多い通貨を中心にバイナリー・オプションを行うのが良いでしょう。

値動きが小さくても大きな利益を得られるチャンス

前述のように、FXや株の場合には為替がどれだけ動いたか(上がったか下がったか)が損益に響いてきます。たとえば、10銭上がるより1円上がった方が当然利益は増えますし、逆により損失も大きくなります。値動きがあまりなければ、損をしなければ得もしませんので「投資している意味があるのか?」と感じることもあるでしょう。

バイナリー・オプションはその点、通貨レートが一定の時間を得てのち上がったか下がったかを予想する投資方式ですので、決められた条件がクリアされれば業者によって決められたペイアウト率(支払い率)によって支払いが行われます。当然掛け金となる投資額が多ければ多いほどペイアウトされる額が増えますが、株やFXのようにマイナスになるようなことはなく、0か100かといった形で損益が確定します。損失額は投資を行った段階で決まっているので、資金以上の投資をすることはできない点が特長。

為替相場はどうやって決まるのか?

バイナリー・オプションは通貨レートが上がるか下がるかを二者択一で予想するものであることはわかったとして、実際にどうして通貨レートが上がったり下がったりするのかの仕組みをよくわかっていない人もいると思います。通貨レートが変動するということは、通貨の需要と供給のバランスによって必要な通貨を欲しいと思う人が多ければ、その通貨の価値が高くなり、いらないので売りたいという人が多くなればその通貨の価値は下がるという、単純な理由によって成り立っています。ただし、日本国内でのみ通貨を売買している訳ではなく、世界中の人たちとさまざまな通貨を売買しながら為替レートは刻一刻と変わっていきますので、為替レートの予想を行う際には、単に日本の経済情報を知っておくだけでなく世界の情報、特に自分の関係する通貨をベースとする国の情勢は知っておきたいところです。

小額での投資が可能である

バイナリー・オプションが優れている点として、投資額が非常に小さいことがあります。バイナリー・オプション業者によってその額は異なるものの、裁定取引額が小さいところは多いです。現在は円安傾向にとなっている日本経済ですが(2022年10月現在)、バイナリー・オプションの最低取引額が10円から、といった業者も存在します。バイナリー・オプションの取引単位はロットと呼ばれますが、1ロットあたり10円からというようなものだと、失敗しても痛くありませんね。それくらいの額から投資をスタートさせて、徐々にロットを増やしていく、それが、バイナリー・オプション初心者が失敗しないための戦略となります。

結果までの判定時間が早い

バイナリー・オプションの特徴は1回の取引期間が非常に短いことです。バイナリー・オプションの取引の流れは、

取引の流れ
  1. 取引スタート
  2. 購入開始
  3. 購入終了
  4. 判定時間
  5. 支払い時間

といった具合に進みます。この期間がわずか数分から数十分で終わらせることができる点が、気軽にバイナリー・オプションを行える理由の一つとなっています。投資活動を行っている方の中には、デイトレーダーのように一日画面の前に張り付いているようなイメージをお持ちの方も多いと思いますが、そんなことを毎日行っていれば精神的にも肉体的にも疲弊してしまいます。その点、バイナリー・オプションは短期間の予測で結果を得られる投資方法なので、忙しい方や本業の合間に副業的に投資を行っている方でも十分行えるのです。パソコンやスマートフォンさえあればバイナリー・オプションはいつでもどこでも行えます。

バイナリー・オプションのリスク

初期投資が少なく、資金がマイナスになることはないという理想的な投資形態とも言えるバイナリー・オプションではありますが、当然ながらリスクは存在します。そのリスクは簡単な投資方法であるがゆえに、ギャンブルトレードになりがちであることです。バイナリー・オプションは上がるか下がるかの二択方式ですので勝率は50%となります。しかし、トレードについての知識がなくただやみくもにバイナリー・オプションに手を出してしまえば、それはもはや投資ではなくギャンブルです。もちろん宝くじや競馬、パチンコのような公営ギャンブルとは違うとはいえ、それでもギャンブルトレードが勝てるわけがありません。そんなバイナリー・オプションで利益を出していくためには、それ相応の学習や研究が必要となります。トレード自体で資金はマイナスにならないといっても、投資資金がなくなってどこからかお金を借りるということになっては本末転倒です。

どんな投資にもリスクはありますが、常に資金管理は必要となる点は覚えておきましょう。

また、株式投資やFXと比べると、ある意味でリスクは少ないと言われるバイナリー・オプションではあるものの、倍々プッシュでペイアウトされた利益をそのまま次の取引に全額投入していくという手法では、必ずどこかで資金は0になってしまうでしょう。たとえば、ペイアウト率が200%(2倍)のバイナリー・オプションを行った場合、3回連続で取引に成功し、全額次の投資に投入した場合、手持ち資金は最初の8倍になります。しかし4回目の取引に失敗してしまえばゼロになってしまいます。ジャンケンでもずっと勝ち続けられる人がいないように、人間どこまでも負けるまでチャレンジし続けるので負ける確率が高くなってしまうわけです。そうならないためにも、投資資金はペイアウトされた時点で一部を残すといった形で手持ち資金を常に置いておくようにしておく必要があります。

バイナリー・オプションの資金効率

バイナリー・オプションはFXと比べると資金効率が高い投資方法という意見もあります。その理由は、回転率の高さにあります。バイナリー・オプションは短期間で投資を数多く行える投資方法であるため、1日に数十回、場合によっては100回以上の取引を行うことも可能です。取引の数だけ投資効果が高まり、利益を得られるチャンスは広がります。ペイアウト率を考えるとそれほど大勝ちすることは難しいものの、これだけの数の投資機会があれば、理論上は大勝ちも夢ではありません。

バイナリー・オプションの勝率を高める方法

値動きを予想するためのテクニックとして知っておきたい分析方法として有名なのが「テクニカル分析」「ファンダメンタルズ分析」です。これは株やFXのところでもよく聞く言葉ではありますが、バイナリー・オプションでも有効な分析手法のひとつとされています。相場の分析もせずに単に投資をするだけではギャンブル投資であると何度もお伝えしています、投資を行っている方の中でもしっかりと利益を出している方は、このテクニカル分析やファンダメンタルズ分析の手法を取り入れています。

まずは「ファンダメンタルズ分析」ですが、こちらはファンダメンタルズという言葉が何かということから説明していきましょう。ファンダメンタルズとは、直訳すると「経済の基本条件」といったようなものになります。国や企業を測る指標といったものだと思ってください。たとえば、わかりやすいものとして、GDP(国内総生産)統計や雇用統計、消費者物価指数、貿易収支、鉱工業生産指数などが定期的に発表されます。また各国の中央銀行が発表する政策金利も重要な指標の一つでです。

また「テクニカル分析」とは、過去の値動きを見たうえで、今後の値動きを予測するチャートを活用した分析手法を言います。チャートとは株やFXでも目にしますが、値動きを棒グラフで追っていくローソク足は有名です。チャートを見ながら「今後この形になったら売り(買い)だ」ということを100%ではないながらも、過去の例を基に判断できるので、勝率を高めることができます。

この2つの分析手法を上手に活用すればバイナリー・オプションでの勝率を飛躍的に高めることは可能かもしれません。

重要な経済指標が発表されるあたりでは相場が大きく動くことは普通にあります。たとえば、日本では円安が進んでいますが下降トレンドが続く中で上昇の兆しが見える数値が発表された、といった場合には上昇トレンドに転換するでしょう。経済指標が発表された直後には為替相場が大きく変動するため、そのタイミングを狙って取引に参戦するという投資家は多いです。毎日ずっと画面に張り付いて相場を見続けているようなデイトレーダーでない限りは、このような経済指標が発表されるタイミングだけは見逃さないと考えているようですし、通常は値動きが小さくてもこのタイミングだけでは一気に値が動くのでハイリターンを狙う人は注目しておきたいところです。

GDP 4月,7月,10月,1月
ISM製造業景気指数 毎月第1営業日
個人消費支出 4月,7月,10月,1月
消費者物価指数 毎月15日あたり
失業率 毎月第1金曜日
ADP雇用者数 毎月第1水曜日
政策金利 6週間ごとの火曜日水曜日

政策金利とは?

政策金利とは銀行が中央銀行(日本の場合には日本銀行を言います)からお金を借りる際に支払うこととなる金利のことを言います。銀行はこの借りたお金を個人や企業に貸し出しそのの際に金利を設定しますが、当然借りた金利より貸し出す金利が大きくなります。政策金利が上がれば一般銀行も貸出金利を上げざるを得なくなりますし、政策金利が下がれば、貸出金利も下がります。金利が低ければお金を借りやすくなるわけで、経済が活性しやすくなりますが、金利が上がれば、貸し渋りなどが発生し、企業などはお金を借りにくくなりますので、経済が冷え込みます。そこで中央銀行は経済が冷え込めば政策金利を下げて投資を促すように持って行き、経済が上向きになると政策金利を上げて投資熱を抑制させようとします。このようにして経済情勢は中央銀行によって調整をされているとも言えます。

上記のことから見て取れるに、景気が上がっている国の場合、政策金利は上がりますので、政策金利が上がった国の通貨は買われやすくなり、反対に景気が後退している国の場合には政策金利は下がりますので、政策金利が下がった国の通貨は売られやすくなります。

さて、政策金利は各国の中央銀行が定期的に開催する金融政策会合によって決められるものとなっています。政策金利に見直しが入ると、通貨レートが大きく動くことになりますので、この発表のタイミングにはバイナリー・オプション取引を行うチャンスと言えるでしょう。

これらの指標を見てプラスの成長を示していれば、その国の通貨は買われやすくなりますが、マイナス成長を示していると通貨が売られやすくなります。このように「この国は安心できる」「ちょっと景気が減退しそうだから通貨価値が下がらない今のうちに売っておこう」といった判断をするために使われる分析指標となります。

ドルがらみの相場は非常に重要

相場を見ていく中では流通量が多い通貨を追っていくのが勝率アップには欠かせません。

世界で取引量の多い通貨ペアのランキング

1位:EUR/USD (ユーロ/米ドル)
2位:USD/JPY (米ドル/日本円)
3位:GBP/USD (英ポンド/米ドル)
4位:AUD/USD (豪ドル/米ドル)
5位:USD/CAD (米ドル/カナダドル)
6位:USD/CNY (米ドル/人民元)
7位:USD/CHF (米ドル/スイスフラン)
8位:USD/HKD (米ドル/香港ドル)
9位:EUR/GBP (ユーロ/英ポンド)
10位:USD/KRW (米ドル/韓国ウォン)

※ランキングは2019年4月の国際決済銀行(BIS)の調査に基づく

となっています。こちらを見てわかるようにほとんどの通貨ペアでUSDが絡んでいることが伺えることから、USD(米ドル)を中心として世界経済は回っていると言えます。そのためドル相場に影響する経済指標を中心に分析を行っていくことが、バイナリー・オプションにおいて勝率を高める最善の方法となるわけです。

ドル相場に影響する経済指標

ドル相場に影響する経済指標にはGDP統計や雇用統計といったものが有名です。GDP統計は、国の経済規模がどれぐらい増加したか(減少したか)を示す経済指標です。雇用統計は、その名が示す通り雇用状況がどれだけ良くなったか(悪くなったか)を示す指標となっています。特に雇用統計は毎月発表されるものということもあって、経済指標としてはかなりプライオリティの高いものとなっています。米国国内での失業率が高まると経済の減退と見られますし、失業率が低くなると経済が活性化していくサインとして捉えられることもあって、トレーダーの注目の的となっています。雇用統計で意識したいのは、ADP雇用者数(こちらは多ければ多いほどよい)、新規失業者保険申請件数(少なければ少ないほどよい)、失業率(低いほどよい)、非農業部門雇用者数変化(高ければ高いほど良い)というものを見ておくと良いでしょう。

この雇用統計ですが、毎月第1金曜日に発表されます(NY時間で8時30分、日本時間は21時30分(冬時間の場合には22時30分))。このタイミングで相場が大きく動く可能性が高くなりますので、チャートからは目が離せなくなります。もちろん、大きく動く可能性があるといっても、全ては発言通りに動くかというとそうでもありません。前向きな発言がなされたからといってもドル絡みの通貨ペアがあがるとは限らないのです。

たとえば、雇用統計発表前には金融機関やシンクタンクなどによって事前に雇用統計予想が発表されますが、その数値より低ければ、ドルが売られる可能性もあるわけです。当然反対にマイナス予想していたものが、プラスに転じるような発言であった場合にはサプライズ的な相場に早変わりします。

要人の発言、戦争や政変、災害などで相場変動が起きる可能性は高い

為替相場では、有名な投資家や経済学者、各国の要人などの発言も影響することがあります。その中でも注目しておきたいのは各国中央銀行総裁の発言、米連邦準備制度理事会(FRB)のトップ、欧州中央銀行(ECB)のトップなどの発言はh為替に影響を及ぼすことから要注意とされています。

また、これまでにさまざまな戦争や政変、災害といったものによって為替相場に大きな変動が起きたことはあります。このような事変は経済指標とはことなり突然起きるものですので、予測はできないですが、その直後に相場が大きく変動することはほぼ確実です。とはいえこのような局面で上がるのか下がるのかどちらに転じるのかは初心者にはわかりにくいものです。そのため、この場合にはあえて投資を行わず、静観するというのも手かもしれません。

バイナリー・オプション勝率アップの秘訣

バイナリー・オプションは通貨レート上がるか下がるかを予想する投資方法です。そのような背景から、SNSなどの広告でも「単純に上がるか下がるかを予想するだけで稼げるバイナリー・オプション」といった煽り文句のようなものを見かけることも多く、その言葉を鵜呑みにしてバイナリー・オプションに手を出してしまって大損を食ってしまったという方も多いようです。単純に50%の勝率であったとして、全てを上がると予想した場合に勝てる確率は50%に満たないケースもあります。半か丁かの博打のようなようなものでは勝てるものも勝てません。少なくとも、勝てる確率を高くしないことには、バイナリー・オプションをやる意味がありません。

そこで、当選確率を高める方法について見ていきたいと思いますが、

当選確率を高める方法
  • 大きな値動きが起こりそうなイベントなどを狙ってトレードを行うこと
  • 過去の値動きを参照して今後の動きを予想する

これに尽きます。たとえば重要な経済指標の発表、政策金利の変更などのイベントがある場合には為替相場が大きな変動を起こします。そのような機会に取引を行うことで勝てるチャンスは大きくなります。また、過去の値動きを参照する場合には、さまざまなトレード手法を学んでおくことで、為替レートが上がるか下がるかを読める確率が高くなる場合もあります。

バイナリー・オプションとFX併用により損失を減らすことは可能

バイナリー・オプションとFXはある意味対極にある投資方法です。そのため、この2つの取引を併用することで損失を減らすことができるかもしれません。FXには両建てという手法がありますが、これも似たようなものでリスク回避のための手法として使われます(ただし両建てについてはさまざまな制約があったり、FX業者によっては禁止されているところもあります)。

FXトレーダーにはバイナリー・オプションが向いている

FXとバイナリー・オプションには大きな共通点があります。それは為替相場がどのように動くのかを予想して投資する点です。そのためFXトレード経験が豊富な方だと、バイナリー・オプションでの投資は意外と簡単に感じるかもしれません。FXトレードでは為替相場でのトレードの利確を行うために場合によっては損切りを行う必要がありますが、多くのトレーダーはそのタイミングがつかめず利益を減らしてしまうことがあります。その点バイナリー・オプションでは、終了時間は決まっていますので、そのような損切りタイミングに悩む必要がありません。損失額が取引の段階でわかりますし、金利変動リスクもありません。FXなら目を向けなければならない部分が数多くありますが、バイナリー・オプションはあくまで為替レートが上がるか下がるかを予想する二者択一に成功することが目的ですので、その分簡単なのです。

逆に言うとバイナリー・オプションもFXも始めていない方の場合、バイナリー・オプションから入って為替相場というものに慣れたのちに、FXにステップアップするという考えもあります。バイナリー・オプションは少ない投資資金で決まった金額の利益、損失を得ていく取引方法ですが、FXは少ない投資資金でスタートすることはできますが、利確するタイミングを自分で定めなければならないので、タイミングによって利益を大きくできることもあれば利益が小さくなることもあります。またFXでは「レバレッジ」といったてこの原理のように、今持っている資金の何千倍もの資金を扱える仕組みがありますので、莫大な利益を出せる可能性がある一方、国内FX業者のようにゼロカットシステムを設定していない業者の場合には、自己資金を下回る追証を抱えてしまうことがあり、市場から退場させられる可能性がある点も
あるため、バイナリー・オプションからスタートするということはあながち間違っていないのです。

バイナリー・オプションは相場があまり変動しない時に有利である

バイナリー・オプションは投資時点で利益も損失も確定してしまう投資方法ではありますが、やはりその分、利益を大きく出していくためには利益が小さいため、コツコツと何度もバイナリー・オプションを繰り返さなければなりません。その間すべての機会で勝てるわけではありませんから、負けながら勝つということを繰り返すことになります。このことはバイナリー・オプションにおけるデメリットにもなります。

バイナリー・オプションの投資戦略

バイナリー・オプションは、ペイアウト率や判定条件、購入価格など決まった条件の中購入を決定する単純な投資方法ですが、それでも戦略をしっかりと考えなければ、利益を得られる確率は低いままです。バイナリー・オプションで考える戦略はそれほど多くはありません。ましてやラダー取引のような形態の場合には戦略はあってないようなものに思えるかもしれませんね。しかし、レンジ取引の場合には戦略が功を奏す可能性がありますのできちんと確認しておきましょう。

投資戦略指針
  • 判定条件の通貨レートと現在の通貨レートの差が小さい場合に、上がるか下がるか予想して投資する
  • 判定条件の通貨レートと現在の通貨レートの差が大きい場合に、上がるか下がるか予想して投資する
  • 判定条件の通貨レートと現在の通貨レートの差があまり発生しない(動かない)場合に、レンジ・ワンタッチなどの条件を選択する、または投資を行わない

といった選択肢を実行していきます。

またタイミングの見極めがバイナリー・オプションでは非常に重要です。相場が大きく動く時に利益を得られるチャンスが大きくなるのはバイナリー・オプションに限らず、株やFXでも同じです。そこに加えてバイナリー・オプションでは、取引可能時間内のどのタイミングで投資を行うのが適切かということも判断する必要があります。取引可能時間直前であれば変動幅は少なくなりますが、当選確率は高くなります。

しかし一方で投資タイミングが早い時間で取引可能時間まで時間がたっぷりある場合には、相場変動が大きくなる可能性も高く、当選確率が低くなるのは否めません。勝率を重視するのであれば取引可能時間近くに取引を行うのがベストですし、高いペイアウトを期待したいのであれば取引時間が長い状態で取引を行うのが良いでしょう。

まとめ:バイナリー・オプション業者はどう選ぶのが正しい?

以上バイナリー・オプション業者について見てきましたが、バイナリー・オプション業者はいくつか存在するため、「どのように業者選びをすべきか分からない」と感じる方は多いことでしょう。そのため、優良なバイナリー・オプション業者を選定するにあたって、注目すべきポイントは、以下となります。

選定方法まとめ
  • ペイアウト倍率の高い業者を選ぶ
  • 信頼できる業者を選ぶ
  • 使いやすい業者を選ぶ
  • 主要通貨ペアを押さえた業者を選ぶ

ペイアウト率の高い業者を選ぶ

ペイアウト率とは、取引が成功した際に利益額を確定する倍率のこと。通常のペイアウト倍率は、1.7倍~1.9倍が平均値となっています。しかし最近では「2倍」を超えるところも出てきているため、始める際にはきちんとリサーチした上で取引をするようにしましょう。また、ペイアウト率は高ければ高いほど良いのですが、その分のリスクも押さえておきたいところです。

信頼できる業者を選ぶ

バイナリー・オプションを始めるなら、「信頼できる業者かどうか」をしっかり確認しましょう。取引はあくまでも自己責任です。海外の会社を選ぶ場合には、金融ライセンス保有の有無や、運用実績や評判などについてしっかり調べてから利用することをおすすめします。

使いやすい業者を選ぶ

バイナリー・オプションは、ユーザーインターフェースの使いやすさや操作性も選定ポイントのひとつとなります。チャートの動きが遅いとストレスになりかねませんし、約定率はトレードに大きな影響を与えます。そのため、操作性がスムーズかどうか、あらかじめ口コミや評判をチェックしておきましょう。

主要通貨ペアを押さえた業者を選ぶ

バイナリー・オプションは、業者によって各種通貨ペアや株価指数など、銘柄のバリエーションが異なります。取引環境が良くても、銘柄のバリエーションが少なくて思うような取引が出来なければ意味がありません。特に初心者の場合は、主要な通貨ペアを押さえている業者を選んでおけば間違いが少ないです。

投資活動において利益を出す、成功するためにはいかに正確な情報を得るかというのが非常に重要です。残念ながらバイナリー・オプションは書籍も少なく、ネットの情報も株やFXと比べると格段に少ないのがデメリットです。とはいえ、有名どころのバイナリー・オプション業者であれば、公式サイトを中心に新鮮で正確な情報を手に入れることが可能です。。

先行き不透明な日本経済に不安を感じている方も多いと思いますが、投資によって資金を得ていくことが国に頼らず生きていく自己防衛の最終手段と言えます。バイナリー・オプションはとにかく簡単な投資方法です。その分リスクは伴いますが、難しい投資方法を選んでなかなか実行できないよりも、実行できる投資方法を選んで少ない利益からでも確実に利益を出していくことが投資活動の初心者には必要な事と言えます。

そんなバイナリー・オプションではありますが、バイナリー・オプション業者の一つであるBi-Winning(ビーウィニング)は、運営開始からまだ歴史が浅いことや公式サイトの情報があまり充実していないこと、実態がよく分からないことなどからすぐに取引をしたいと感じる方はあまり多くないかもしれません。しかしその一方、新しいバイナリー・オプション業者でのトレードにチャレンジしてみたい、やや冒険をしてみたい、という方にとってはおすすめです。

まずは実績のある業者でバイナリー・オプションを始めたいという場合には、他のバイナリー・オプション業者を選ぶのが比較的安全です。ただしBi-Winning(ビーウィニング)は日本語に対応しているところや、アフィリエイトを強化している点を見ると、今後日本市場に深く入り込んでくる可能性もあるため、動向が気になる方はチェックしておくと良いでしょう。

関連記事こちらの記事も人気です。